« 斉藤由貴さんについて | トップページ | hydeさんについて »

斉藤慶子さんについて

斉藤慶子

斉藤 慶子(さいとう けいこ、1961年(昭和36年)7月14日- )は日本の女優、タレントである。所属事務所はアップフロントエージェンシー。

略歴

宮崎県小林市出身。宮崎県立小林高等学校卒業、熊本大学教育学部中退。大学在学中の1982年、日本航空の「JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれて、芸能界入りした。なお、この際に日本航空350便墜落事故が起きた為キャンペーン活動の一部を自粛せざるを得なくなるという不運に見舞われている。芸能界入り以前にも熊本の百貨店鶴屋百貨店のCMにも出演していた。同大学出身の女優宮崎美子が人気を博していた直後であったため、「宮崎美子2世」とも呼ばれていた。1994年、『東雲楼 女の乱』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。 1997年に結婚、2000年に女児を出産、2008年に離婚。現在も女優業・タレントとして活動中であり、たまにTVのワイドショー番組にコメンテーターとして出演している。また最近では2007年、彼女の出身地である宮崎県にて、東国原英夫

8887

(元タレント・そのまんま東)が知事選で初当選した際、彼女自身も東国原県知事に対して、祝福のコメントを述べる姿がTV等で大きく報道されていた。BSテレビの人気番組だった「クイズダービー」でもその宮崎美子の後に、7代目2枠レギュラー解答者を約1年半(1983年10月?1985年3月)務めた。しかし、同番組での正解率は宮崎ほど高くはなく、井森美幸と同様に出演年齢が22?23歳と若いことも影響してか、2割7分4厘(平均2勝6敗ペース)と北野大(2割7分3厘)と同様に可もなく不可もなくといった成績だったが、歴代ワースト2位(大橋巨泉時代は1位)の24連敗という記録を残している(史上ワースト1位は井森の27連敗)。さらに、4枠レギュラーには竹下景子が座っていた為、司会の大橋巨泉が「けいこちゃん」「けいこさん」とだけ呼んだ時には、斉藤と竹下のどちらを呼んでいるのかが分かりにくく、当時としては非常に紛らわしかった。巨泉も当初は「けいこちゃん(さん)」は竹下景子だけで十分と、斉藤慶子の登用を拒んでいた。結果的には単に「けいこちゃん(さん)」が竹下で、混同しやすいときは「さいとうけいこちゃん(さん)」「たけしたけいこちゃん(さん)」と巨泉が使い分けていた。なお斉藤のクイズダービー降板後は、元新体操選手で1984年のロス五輪8位入賞を果たした山崎浩子が2枠レギュラーを務めることとなる。又斉藤と山崎の二人は、1990年3月大橋巨泉がこの日限りで司会勇退となった際に、出場者の黄色チームとして久々にクイズダービーに出演、最終問題で竹下景子に全額(16,000点)賭けた後竹下が正解したので、見事賞金10万円(144,000点)を獲得している。

848

出演

ドラマ

おまかせください オレの女房どの(1983年、フジテレビ)
水戸黄門第15部 第14話「めざす敵は仁術医者・浜田」(1985年、TBS・C.A.L) - 桂木忍役
私鉄沿線97分署(1985年?1986年、テレビ朝日・国際放映) - 仁科順子 役
月曜ドラマランド「結婚ゲーム」(1985年、1986年、フジテレビ) - 愛子先生 役
太陽にほえろ! 第708話「撃て! 愛を」(1986年、日本テレビ)
パパはニュースキャスター 第12話「泣かないでパパ」(1987年、TBS)
若大将天下ご免! 第19話「三々九度は夜討ちの合図!」(1987年、テレビ朝日) - 菊 役
六本木ダンディーおみやさん(1987年、朝日放送) - 三枝涼子巡査 役
火曜サスペンス劇場(NTV系)
「嘘を重ねて」(1989年2月) - 主演
「疑惑の墓標」(1989年7月25日放送) - 主演
「松本清張スペシャル・事故」(2002年、松竹) - 山西美保 役
世にも奇妙な物語 『だれかに似た人』(1990年、フジテレビ)
名奉行 遠山の金さん 第4シリーズ(1991年 - 1992年、テレビ朝日) - お紺 役
大空港'92
親愛なる者へ(1992年、フジテレビ) - 後藤弥生 役
十年愛(1992年、TBS) - 吉野文 役
細うで繁盛記(1992年、フジテレビ) - 正子 役
僕が彼女に、借金をした理由。(1994年、TBS) - 山野辺道子 役
君に伝えたい(1994年、MBS/TBS系)
100億の男(1995年、フジテレビ)
NHK大河ドラマ「秀吉」(1996年、NHK) - 吉乃 役
月曜ドラマスペシャル (TBS)
「西村京太郎サスペンス・十津川警部シリーズ 丹後殺人迷路」(1997年) - 南条ミキ 役
「弁護士・迫まり子の遺言作成ファイル」(1999年 - 2003年) - 迫まり子 役
天うらら(1998年、NHK) - 大滝美砂 役
海まで5分(1998年、TBS) - 海野淳子 役
仮面の女(1998年、TBS) - 峰重奈保子 役
虹のかなた(2004年、TBS、特別出演) - 小川久美子 役
連続テレビ小説「わかば」(2004年、NHK) - 村上幸恵 役
特急田中3号(2007年、TBS) - 田中静江 役

Kkk

映画

いとしのラハイナ(1983年、映画初出演)
バカヤロー! 私、怒ってます 第三話「運転する身になれ!」(1988年)
病院へ行こう(1990年)
さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座(1990年)
東雲楼 女の乱(1994年)… 第7回(1994年)日刊スポーツ映画大賞助演女優賞受賞
800 TWO LAP RUNNERS(1994年)
仔犬ダンの物語(2002年)

バラエティ

『クイズダービー』(TBSテレビ)
『クイズ!!ひらめきパスワード』(毎日テレビ)
『クイズところ変れば!?』(テレビ東京) 山口良一と共に司会
『ろみひー』(中京テレビ)
『スタジオパークからこんにちは』(2004年9月27日、NHK総合)
『おーい、ニッポン 私の・好きな・宮崎県』(2008年2月10日、NHK BS2) 原田夏希と出演
『Qさま!』 女の戦いSP(2007年10月1日、テレビ朝日)
『徹子の部屋』(テレビ朝日)
『笑っていいとも!テレフォンショッキング』(フジテレビ)
『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ)
『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ)

著書

『産みたい』 (エッセイ)

斉藤慶子さんの御紹介ページです!

http://ameblo.jp/keiko-saito/

http://www.up-front-agency.co.jp/artist/saito/

|

« 斉藤由貴さんについて | トップページ | hydeさんについて »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤慶子さんについて:

» 白い春 [白い春]
ドラマ「白い春」は、阿部寛さんが元犯罪者の父親役という新境地で挑んでいるハートフルドラマです。 白い春という阿部ちゃん扮する佐倉春男には訪れるのか… 派手では無いけれど、白い春が毎週気になってしまいます。 [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 07時51分

« 斉藤由貴さんについて | トップページ | hydeさんについて »