« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年7月

Special project

有り日のマイケルを偲ぶ企画致します、Michael Jacksonさん御家族デザインによる携帯
電話を販売致します!価格は3万~10万円位を予定しています。詳細は下記会社まで
お願い致します!(例価格3万円の機種の場合Michael Jacksonさん御家族取り分2000円、
プロダクション社長様取り分500円です!購買者取りまとめ料500円。最低購買者50万人でお願
い致します!)

若し宜しければ企画料として携帯1台につき100円頂きたいのですが宜しいでしょうか?

NTTグループが仲介業者として企画に参加します。

It is and I will sell the cellular phone by the family design that doesn't do
Michael Jackson that will be the project it that recalls Michael on the day.
The price schedules about 30,000-100,000 yen. I hope details even as for the
following company. (It is a family share 2000 yen, and production president
share 500 yen that doesn't do Michael Jackson for the model of the example
price 30,000 yen.  500 yen of the fee ..take away the purchaser and bring
it together.. . I hope in 500,000 lowest purchasers. )

Is it good though it wants to get 100 yen of one carrying as a project fee if it is good?

NTT group participates in the project as a broker.

It is an artist designated firm.

http://panasonic.co.jp/

Madonnaさんデザインのよる携帯電話を販売致します!価格は3万~10万円位を予定して
います。詳細は下記会社までお願い致します!(例価格3万円の機種の場合Madonnaさん取
り分2000円、プロダクション社長様取り分500円です!購買者取りまとめ料500円。最低購買者
50万人でお願い致します!)

若し宜しければ企画料として携帯1台につき100円頂きたいのですが宜しいでしょうか?

NTTグループが仲介業者として企画に参加します。

I will sell the cellular phone by which  Mrs.Madonna design is done. The price
schedules about 30,000-100,000 yen. I hope details even as for the following
company. (It is  Mrs.Madonna share 2000 yen, and production president share 500
yen of the model of the example price 30,000 yen.  500 yen of the fee ..take
away the purchaser and bring it together.. . I hope in 500,000 lowest purchasers. )

Is it good though it wants to get 100 yen of one carrying as a project fee if it is good?

NTT group participates in the project as a broker.

It is an artist designated firm.

http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm

Bon Joviさんデザインのよる携帯電話を販売致します!価格は3万~10万円位を予定して
います。詳細は下記会社までお願い致します!(例価格3万円の機種の場合Bon Joviさん取
り分2000円、プロダクション社長様取り分500円です!購買者取りまとめ料500円。最低購買者
50万人でお願い致します!)

若し宜しければ企画料として携帯1台につき100円頂きたいのですが宜しいでしょうか?

NTTグループが仲介業者として企画に参加します。

I will sell the cellular phone by which Mr. Bon Jovi design is done. The price
schedules about 30,000-100,000 yen. I hope details even as for the following
company. (It is Mr. Bon Jovi share 2000 yen, and production president share
500 yen of the model of the example price 30,000 yen.  500 yen of the fee ..
take away the purchaser and bring it together.. . I hope in 500,000 lowest purchasers. )

Is it good though it wants to get 100 yen of one carrying as a project fee if it is good?

NTT group participates in the project as a broker.

It is an artist designated firm.

http://www.mitsubishielectric.co.jp/

Queenさんデザインのよる携帯電話を販売致します!価格は3万~10万円位を予定して
います。詳細は下記会社までお願い致します!(例価格3万円の機種の場合Queenさん取
り分2000円、プロダクション社長様取り分500円です!購買者取りまとめ料500円。最低購買者
50万人でお願い致します!)

若し宜しければ企画料として携帯1台につき100円頂きたいのですが宜しいでしょうか?

NTTグループが仲介業者として企画に参加します。

I will sell the cellular phone by which Mr. Queen design is done. The price
schedules about 30,000-100,000 yen. I hope details even as for the following
company. (It is Mr. Queen share 2000 yen, and production president share 500
yen of the model of the example price 30,000 yen.  500 yen of the fee ..take
away the purchaser and bring it together.. . I hope in 500,000 lowest purchasers. )

Is it good though it wants to get 100 yen of one carrying as a project fee if it is good?

NTT group participates in the project as a broker.

It is an artist designated firm.

http://jp.fujitsu.com/

Special project

NO1とNO2の商品を御購入されますとMichael Jacksonさん及び御家族デザインのジュエリー携帯ストラップ(価格は5万~200万円相当,例200万円の価格配分はMichael Jacksonさん及び御家族取り分50万円プロダクション社長様5万円ファン様取りまとめ料5万円)又は香水(価格は3万~30万円相当)又は靴(価格は3万~50万円相当)を購入する事の出来る権限を獲得出来ます!是非Michael Jacksonさんファンの方は御参加下さい。(全てMichael Jacks
onさん及び御家族様完全承認品です!御安心下さい!)

When the commodity of NO1 and NO2 is bought, Mr. Michael Jackson and the jewelry cell phone strap of the family design (50,000-2,000,000 yen corresponding and the price distribution of the example two million yen are 50,000 ..price.. yen of ..summary.. fee ..Mr. Michael Jackson and removing fan production president of family share 500,000 yen 50,000 yen externals..).   The authority that the perfume (The price corresponds for 30,000-300,000 yen) or shoes (The price corresponds for 30,000-500,000 yen) can be bought can be acquired. Please participate in Mr. Michael Jackson fan by all means. (All are Mr. Michael Jacks on and the family complete approval goods.  Please relieve. )

NO1とNO2の商品を御購入されますとMadonnaさんデザインのジュエリー携帯ストラップ(価格は5万~200万円相当,例200万円の価格配分はMadonnaさん取り分50万円プロダクション社長様5万円ファン様取りまとめ料5万円)又は香水(価格は3万~30万円相当)又は靴(価格は3万~50万円相当)を購入する事の出来る権限を獲得出来ます!是非Madonnaさんファンの方は御参加下さい。(全てMadonnaさん完全承認品です!御安心下さい!)

When the commodity of NO1 and NO2 is bought, the jewelry cell phone strap of Mrs. Madonna design (The price is 50,000 yen of the fee ..remove fan production president of Mrs. Madonna share 500,000 yen 50,000 yen externals by 50,000-2,000,000 yen corresponding and the price distribution of the example two million yen and bring it together..).   The authority that the perfume (The price corresponds for 30,000-300,000 yen) or shoes (The price corresponds for 30,000-500,000 yen) can be bought can be acquired. Please participate in Mr. Madonna fan by all means. (All are Mrs. Madonna complete approval goods.  Please relieve. )

NO1とNO2の商品を御購入されますとBon Joviさんデザインのジュエリー携帯ストラップ(価格は5万~200万円相当,例200万円の価格配分はBon Joviさん取り分50万円プロダクション社長様5万円ファン様取りまとめ料5万円)又は香水(価格は3万~30万円相当)又は靴(価格は3万~50万円相当)を購入する事の出来る権限を獲得出来ます!是非Bon Joviさんファンの方は御参加下さい。(全てBon Joviさん完全承認品です!御安心下さい!)

When the commodity of NO1 and NO2 is bought, the jewelry cell phone strap of Mr. Bon Jovi design (The price is 50,000 yen of the fee ..remove fan production president of Mr. Bon Jovi share 500,000 yen 50,000 yen externals by 50,000-2,000,000 yen corresponding and the price distribution of the example two million yen and bring it together..).   The authority that the perfume (The price corresponds for 30,000-300,000 yen) or shoes (The price corresponds for 30,000-500,000 yen) can be bought can be acquired. Please participate in Mr. Bon Jovi fan by all means. (All are Mr. Bon Jovi complete approval goods.  Please relieve. )

NO1とNO2の商品を御購入されますとQueenさんデザインのジュエリー携帯ストラップ(価格は5万~200万円相当,例200万円の価格配分はQueenさん取り分50万円プロダクション社長様5万円ファン様取りまとめ料5万円)又は香水(価格は3万~30万円相当)又は靴(価格は3万~50万円相当)を購入する事の出来る権限を獲得出来ます!是非Queenさんファンの方は御参加下さい。(全てQueenさん完全承認品です!御安
心下さい!)

When the commodity of NO1 and NO2 is bought, the authority that the jewelry cell phone strap of Mr. Queen design (The price is 50,000 yen of the fee ..remove fan production president of Mr. Queen share 500,000 yen 50,000 yen externals by 50,000-2,000,000 yen corresponding and the price distribution of the example two million yen and bring it together..) or the perfume (The price corresponds for 30,000-300,000 yen) or shoes (The price corresponds for 30,000-500,000 yen) can be bought can be acquired. Please participate in Mr. Queen fan by all means. (All are Mr. Queen complete approval goods.  Please relieve. )

NO1

この商品のどちらかを購入して下さい!(どうか貴方様に幸運が訪れますように!)価格は1万円です!
Please buy either of these commodities. (Please luck must visit you. )price is 10,000 yen.

図1、Img726

図2

Sa23_2

http://www9.ocn.ne.jp/~angeli/index.html

angelina11111@helen.ocn.ne.jp

http://www.ave-maria.jp/index.htm

support@ave-maria.jp

NO2

最後にこの商品をご購入下さい!日本ではこのマーク(万)はとても縁起が良いとされています。(どうか貴方様に幸運が訪れますように!)価格は2000円です!Please buy this commodity at the end. This mark is assumed that the history is very good in Japan.(万) (Please luck must visit you. )price is 10,000 yen.

図3

Img_04

http://bbps.jp/laser/

laser@bbps.jp

NO1又はNO2とNO3の商品を御購入されますとQueenさんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダー(価格は2000円~3000円相当,例2000円の価格配分はQueenさん取り分1000円プロダクション社長様500円ファン様取りまとめ料500円)又(全てQueenさん様完全承認品です!御安心下さい!)最低購買者100万人でお願い致します!(他の特権としてBon Joviさん、Madonnaさん、Michael Jacksonさんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダーも同時に購入出来ます!)

When the commodity of NO1 or NO2 and NO3 is bought, I hope in one million lowest
purchasers the cell phone strap or the key ring (The price is 500 yen of the fee
..remove fan production president of Mr. Queen share 1000 yen 500 yen externals
by 2000 yen-3000 yen corresponding and the price distribution of the example 2000
yen and bring it together..)(All are Queen complete approval goods.  Please
relieve) of Mr. Queen design. (Mr. Bon Jovi, Mr. Madonna, and the cell phone
strap or the key ring of Mr. Michael Jackson design can be bought at the same
time as other privileges. )

NO1又はNO2とNO3の商品を御購入されますとBon Joviさんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダーを購入する権限が与えられます!(価格は2000円~3000円相当,例2000円の価格配分はBon Joviさん取り分1000円プロダクション社長様500円ファン様取りまとめ料500円)又(全てBon Joviさん様完全承認品です!御安心下さい!)最低購買者100万人でお願い致します!(他の特権としてQueenさん、Madonnaさん、Michael Jacksonさんデザインの携帯ストラ
ップ又はキーホルダーも同時に購入出来ます!)

When the commodity of NO1 or NO2 and NO3 is bought, the authority to buy the cell
phone strap or the key ring of Mr. Bon Jovi design is given. (The price is 500
yen of the fee ..remove fan production president of Mr. Bon Jovi share 1000 yen
500 yen externals by 2000 yen-3000 yen corresponding and the price distribution
of the example 2000 yen and bring it together... )I hope in one million lowest
purchasers moreover (All are Bon Jovi complete approval goods.  Please relieve).
(Mr. Queen, Mr. Madonna, and the cell phone strap or the key ring of Mr. Michael
Jackson design can be bought at the same time as other privileges. )

NO1又はNO2とNO3の商品を御購入されますとミセスMadonnaさんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダーを購入する権限が与えられます!(価格は2000円~3000円相当,例2000円の価格配分はミセスMadonnaさん取り分1000円プロダクション社長様500円ファン様取りまとめ料500円)又(全てミセスMadonnaさん様完全承認品です!御安心下さい!)最低購買者100万人でお願い致します!(他の特権としてQueenさん、Bon Joviさん、Michael Jackson
さんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダーも同時に購入出来ます!)

When the commodity of NO1 or NO2 and NO3 is bought, the authority to buy the cell
phone strap or the key ring of Mrs. Madonna design is given. (The price is 500
yen of the fee ..remove fan production president of Mrs. Madonna share 1000 yen
500 yen externals by 2000 yen-3000 yen corresponding and the price distribution
of the example 2000 yen and bring it together... )I hope in one million lowest
purchasers moreover (All are ..Mrs. Madonna.. complete approval goods.  Please
relieve). (Mr. Queen, Mr. Bon Jovi, and the cell phone strap or the key ring of
Mr. Michael Jackson design can be bought at the same time as other privileges. )

NO1又はNO2とNO3の商品を御購入されますとMichael Jacksonさんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダーを購入する権限が与えられます!(価格は2000円~3000円相当,例2000円の価格配分はMichael Jacksonさん取り分1000円プロダクション社長様500円ファン様取りまとめ料500円)又(全てMichael Jacksonさん様完全承認品です!御安心下さい!)最低購買者100万人でお願い致します!(他の特権としてQueenさん、Bon Joviさん、Madonnaさんデザインの携帯ストラップ又はキーホルダーも同時に購入出来ます!)

When the commodity of NO1 or NO2 and NO3 is bought, the authority to buy the cell
phone strap or the key ring of Mr. Michael Jackson design is given. (The price
is 500 yen of the fee ..remove fan production president of Mr. Michael Jackson
share 1000 yen 500 yen externals by 2000 yen-3000 yen corresponding and the price
distribution of the example 2000 yen and bring it together... )I hope in one
million lowest purchasers moreover (All are Michael Jackson complete approval
goods.  Please relieve). (Mr. Queen, Mr. Bon Jovi, and the cell phone strap or
the key ring of Mr. Madonna design can be bought at the same time as other
privileges. )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売ジャイアンツについて

読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍)は、日本のプロ野球球団で、セントラル・リーグの球団のひとつ。日本に現存する中で最も歴史の長いプロ野球球団である。親会社は読売新聞グループ本社。運営法人の商号は「株式会社読売巨人軍」である。

114618687_1

球団の歴史

誕生
1931年、読売新聞社社長の正力松太郎が中心となってアメリカメジャーリーグ選抜軍を日本に招待し、全日本軍や六大学を中心とした強豪大学チームとの試合を行い興行は成功を収めた。これを受けて正力は再度のメジャーリーグ選抜軍の招待、特に前回かなわなかったベーブ・ルースの招聘を目論んだ[1]が、そこに1つの問題が発生した。1932年に文部省(当時)が発令した野球統制訓令である。当時の日本は大学野球全盛であったがこの統制令によってメジャーリーグ選抜を招聘したとしても大学チームを対戦相手とすることはできなくなった。

市岡忠男、浅沼誉夫、三宅大輔、鈴木惣太郎の4人は、その対策として職業野球チームを結成することを正力に働きかける。その結果1934年6月9日、日本工業倶楽部で「職業野球団発起人会」が開かれ6月11日には創立事務所が設けられた。平行して選手獲得も行われプロ契約第1号選手として6月6日付で三原脩、第2号選手として6月15日付で苅田久徳を獲得する[3]などチームが形作られていった。この時日米野球の期間中のみ契約するという選手と日米野球後に発足する職業野球団とも契約するという選手とがあった[4]。

「読売巨人軍発祥の地」の碑、谷津バラ園入口脇、習志野市1934年10月15日、千葉県の谷津海岸に新設された谷津球場に30名[5]の選手が集まりチームは結成され11月2日、横浜にメジャーリーグ選抜軍が来日し全日本軍と全国で親善試合興行を行った。試合は全日本軍の15戦全敗(他に対全東京が1試合、日米混合が2試合[6])で試合内容も圧倒的だったものの、ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらを擁した全米軍は読売新聞の報道もあって大きな注目を集めた。この時の1試合が草薙球場にある沢村栄治像とベーブ・ルース像の元となる、沢村が1失点完投した試合である。12月26日に全日本軍の選手を中心にした選手19名で株式会社大日本東京野球倶楽部(だいにっぽんとうきょうやきゅうくらぶ)が結成された。

1935年1月14日から2月3日まで草薙球場で練習を重ね、2月14日第1次アメリカ遠征に出発する。この時「大日本東京野球倶楽部」ではチーム名として長すぎる事からアメリカで一般的であったチームのニックネームをつけることが提案され、チーム名を「東京ジャイアンツ」とした。そして帰国後、1936年に東京巨人軍(とうきょうきょじんぐん)へ正式改称する。これが巨人軍の始まりである。この第1次遠征ではマイナーリーグクラスのチームを相手に128日間で109試合を行い、田部武雄が105盗塁を記録するなど善戦し、対戦成績は75勝33敗1分であった。7月16日に帰国し9月6日からは国内各地を転戦する。これが翌年以降の職業野球団の相次ぐ結成の契機となった。結成当初の対外試合も参照のこと。

1936年2月14日、第2次アメリカ遠征に出発。直前の2月9日から「巨人軍渡米送別試合兼金鯱軍結成記念試合」として名古屋金鯱軍と3試合を行う。これが現在のプロ野球組織に属する球団同士が行った初めての試合である。アメリカでは1次と同じくマイナーリーグクラスのチームを相手に10州を巡回して89日間で76試合を行い、対戦成績は42勝33敗1分であった。

戦前期
1936年には正力の働きかけもあって国内には巨人も含めて7チームの職業野球団が結成され、「日本職業野球連盟」も結成されていた。春には日本国内で初の職業野球リーグが開始されたが、巨人は上記のアメリカ遠征のため春季大会を欠場し夏季大会から参加。この夏季大会で計2勝5敗と惨敗を喫し、9月5日より群馬県館林市の茂林寺・分福球場で緊急キャンプを張った。この時の猛練習は「茂林寺の千本ノック」という名で知られる。1936年の秋季大会は6回の小規模リーグ戦の勝ち点制で開催され5回目のリーグ戦までリードしていたが6回目のリーグ戦で大阪タイガースに並ばれる。洲崎球場で3戦制の優勝決定戦を行い、2勝1敗でタイガースを下し公式戦初優勝球団に輝いた。1937年9月11日には後楽園球場が開場、以来実質的な本拠地として使用する。1939年には2度のマニラ遠征を行った。これ以降、戦前は11シーズンで8度の優勝を果たし、3度のノーヒットノーランを達成した沢村、42勝をあげたヴィクトル・スタルヒン、2度のノーヒットノーランを達成した中尾碩志、連続無失点記録62回、シーズン防御率0.73(日本記録)を記録した藤本英雄、職業野球契約選手第一号であった三原脩、日本プロ野球史上初の2桁本塁打や三冠王(1965年にプロ野球実行委員会で認定)を記録した中島治康らを擁して第1次黄金時代を築いた。この間プロ野球においても太平洋戦争による影響は避けがたく、召集によって中心選手の離脱も相次いだほか、1940年9月13日にはユニフォームのマークが「G」から「巨」に改められるなど巨人にもその影響は及んだ。遂には1944年11月10日に野球試合不可能として会社は存続するものの営業が中止され、球団は解散となった。11月13日には国の指導により日本野球連盟が改称していた日本野球報国会がプロ野球の一時休止声明を発表し戦前のプロ野球は終わった。

なお、1937年と1938年には2リーグ制導入以後スタートした今日の日本シリーズに相当する年間総合優勝決定戦(7戦4勝制)が行われ、この時は春と秋のリーグ戦がおのおの独立したシーズンと見なされているので、1937年春と1938年秋のリーグ優勝は通算のリーグ優勝として回数にカウントされている。ただし2年とも年間総合優勝決定戦で大阪タイガースに敗れたため日本一は逃している。

戦後期
1946年のリーグ戦再開より参加。1947年には読売新聞社が経営に当たる事となり[7]、球団名を東京読売巨人軍に改称、ニックネームを読売ジャイアンツとする。南海ホークスの台頭や、戦後の混乱で戦力確保への苦慮があり1947年に球団史上初めて勝率5割を切るなど再開から3シーズン続けて優勝を逃すが、監督・三原脩や「赤バット」の川上哲治、千葉茂、青田昇をはじめとする第1次黄金時代の選手が戦地から帰国しチームに復帰、また1948年オフには南海の別所毅彦を獲得するなどして徐々に戦力が充実。1リーグ最後の1949年には戦後初優勝を飾った。1947年6月23日に黒沢俊夫が死去、戦死した沢村とともにその背番号は日本プロ野球界初の永久欠番となった。

2リーグ分立
詳細は「プロ野球再編問題 (1949年)」を参照

1949年シーズンオフ、読売新聞社のライバルである毎日新聞が設立した毎日オリオンズのプロ野球参入に、のちにセントラル・リーグを結成するチームが反対。このことがきっかけとなり、読売ジャイアンツ・阪神タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズからなるセントラル・リーグ(セ・リーグ)と、阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・毎日オリオンズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスからなるパシフィック・リーグ(パ・リーグ)が分立することになった。

水原監督時代
1950年に復帰した水原茂を監督に据えて、リーグ分立1年目の同年こそ優勝を逃すものの、翌1951年からは同年に獲得した与那嶺要の活躍もあってリーグ3連覇、日本シリーズでは1リーグ時代からの宿敵南海を3年連続で降し日本シリーズ3連覇を達成。第2次黄金時代を築き上げた。1952年8月8日、広島11回戦の勝利で日本プロ野球史上初の公式戦通算1000勝を達成。1000勝時点の通算成績は1000勝518敗38分、勝率.659。1953年には初めての海外キャンプをサンタマリアで行う、この年は開幕から一度も2位に転落することなく優勝、シーズンを通しての1位独走優勝は球団史上唯一の記録である。

1954年は杉下茂擁する中日ドラゴンズに優勝を奪われ2位となるが、1955年にはリーグ優勝。日本シリーズでは南海ホークスとの対戦となり、1勝3敗からの3連勝して逆転日本一を達成する。この頃から第2期黄金時代を支えた千葉茂、川上哲治らに衰えが目立ち始め、水原は新旧交代をしなければならなくなった。

翌1956年もリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは水原と入れ替わりに巨人を退団した三原脩監督率いる西鉄ライオンズとの対決となる。以後3年連続して日本シリーズで対決となり、両者の戦いは「巌流島の決戦」とマスコミに喧伝された。いずれもライオンズに軍配が上がり、特に1958年の日本シリーズでは、第1戦から3連勝するも、第4戦から稲尾和久の力投などで4連敗を喫する。1959年もリーグ優勝は果たすが、日本シリーズでは南海ホークスの杉浦の力投の前にストレートの4連敗を喫する。

そして1960年は、三原が当時6年連続で最下位だった大洋ホエールズ監督に就任し、再び「巌流島の対決」と呼ばれる。大洋は三原の手腕によって巨人と優勝争いを演じ、ついに巨人を破ってリーグ優勝し、巨人は2位に終わった。シーズン終了後水原監督は勇退した。この間、1958年に長嶋茂雄、1959年に王貞治がともに大きな期待を背負って入団。長嶋は1年目から本塁打・打点の二冠、打率2位と活躍した。

109728109_1

天覧試合
「天覧試合」も参照

1959年6月25日の阪神11回戦はプロ野球史上初めての天覧試合となった。この試合で王・長嶋がはじめて二人ともホームランを打ち(ONアベック弾第1号)長嶋のこの日2本目となるサヨナラホームランで勝利を収めた。

川上監督時代
1961年、川上哲治がヘッドコーチから昇格して監督に就任する。就任1年目ながら打率と本塁打の二冠を獲得した長嶋を中心に2位中日と1ゲーム差でリーグ優勝、日本シリーズでも南海を破って6年ぶりに日本一を達成。しかし1962年にはこの年から一本足打法を始めた王が本塁打王と打点王を獲得したが、長嶋の低迷と投手の駒不足もあって混戦のセ・リーグで勝率.515ながら4位、2リーグ分裂後初めてのBクラスに終わる。1963年には長嶋の復活と前年は2名に留まった二桁勝利投手を5名出すなど投手陣が安定してリーグ優勝、日本シリーズではそれまで勝つことのできなかった西鉄を初めて破り日本一になる。

1963年には王と長嶋で打撃三部門だけでなく打点と本塁打の2位までをも占め、1964年は王がシーズン記録となる55本塁打を記録するものの、3位に終わる。この頃から巨人の3・4番に固定された(両名の打順は流動的だった)王と長嶋はON砲と呼ばれ、実力・人気ともに特別な存在となっていた。また牧野茂、荒川博ら他球団出身のコーチが招かれ、1965年には金田正一が国鉄から10年選手制度を利用して移籍するなど1965年からの日本シリーズ9連覇へと続く素地が作られていく。

9年連続日本一
詳細は「V9 (読売ジャイアンツ)」を参照

1965年から1973年までは日本シリーズ9連覇を果たす。この時期は、一般的にV9(ブイナイン)と呼ばれる。この記録に次ぐ日本シリーズ連覇は巨人(1951年から)・西鉄(1956年から)・阪急(1975年から)・西武(1986年からと1990年から)の3連覇であり、他球団の追随を許さない大記録となっている。

1965年7月25日、中日11回戦の勝利で公式戦通算2000勝を達成、勝利投手は宮田征典、勝ち越した後の8.9回をリリーフしての勝利でありこの年に巨人首脳陣が時代に先駆けて行った投手分業制に従事した中であげた1勝だった。これ以来、宮田は8時半の男として一躍注目を集めることとなる。

この間、巨人はカラーテレビ普及による露出増加も相まって絶大な人気を博し、俗に当時の子供が好きなものを表した「巨人、大鵬、卵焼き」は流行語となった。また、同時期に連載が開始した漫画『巨人の星』も人気を集め、プロ野球選手、特に巨人軍の選手という職業は当時の子供たちの憧れの職業となった。

V9の間、最優秀選手を王は5回、長嶋は3回受賞している。また、川上監督や牧野ヘッドコーチのもとでロサンゼルス・ドジャースの戦術(スモールボール)を先進的に取り入れ、緻密な野球が実践されたのも効果的であった。王と長嶋以外にも、金田正一・城之内邦雄・堀内恒夫・高橋一三、渡辺秀武などの投手や、森昌彦捕手、土井正三・黒江透修内野手、柴田勲・末次利光・高田繁外野手など質の高い選手がそろっていた。

V9時代後半は長嶋など主力選手の高齢化と若手の台頭不足があり、前半よりも苦戦することが多くなった。そして1974年、中日に20年ぶりのリーグ優勝を許し、V10を逸す。この年を最後に川上監督が勇退、同時に長嶋・黒江・森も現役を引退した。OBの広岡達朗曰く、「V9時代途中あたりから、歯の浮くようなおべんちゃらを言うだけで、指導者の職責を果たしているといえるコーチがいなくなっていった。この頃から、選手を育てる、という方針はなくなりつつあった」とある。この後、巨人が連覇を果たす機会は少なくなっていく。

E5b7a8e4babae381aee6989fefbc94_2

第1次長嶋監督時代

1975年、前年に引退した長嶋茂雄が監督に就任。「クリーン・ベースボール」のキャッチフレーズを挙げたが自身の穴を埋められず、開幕6試合目で最下位に転落するとそのまま浮上することが出来ず、球団史上初の最下位を経験。全球団に負け越した上に9月には11連敗という球団史上最悪の連敗を喫し、10月15日には広島の胴上げを本拠地・後楽園で許した。その年のオフに日本ハムから張本勲、太平洋から加藤初をトレードで補強、翌1976年には前年の最下位から一転してリーグ優勝を果たす(同一監督での最下位となった翌年の優勝は史上初)。しかし、日本シリーズでは上田利治監督率いる阪急ブレーブスに3勝4敗で敗れる。1977年は王貞治が通算本塁打数の世界新記録を樹立。チームも独走状態で2年連続でリーグ優勝を果たすが、日本シリーズでは阪急に1勝4敗で敗れた。

1978年は広岡達朗率いるヤクルトと優勝争いを繰り広げる。8月末に2位のヤクルトに4・5ゲーム差をつけ優勝は堅いと見られていたが、9月以降成績が急降下して、ヤクルトの前に屈した。このときの戦いぶりから長嶋茂雄に対して監督としての資質に、次第に疑問が投げかけられてゆくようになる。

そして1978年オフ、当時法政大学の江川卓の獲得を巡って、いわゆる江川事件が起きる。最終的には1979年3月に、江川がいったん阪神タイガースに入団し、その直後に小林繁と交換トレードをする事で決着がつく。だが、この江川事件はマスコミの総攻撃を受けることになった。

1979年は5月まで首位に立ったものの、6月以降は成績が次第に降下していき、Bクラス5位に終わる。一方で中畑清が3塁のレギュラーを獲得するなど若手の台頭も若干見られるようになる。同年オフに、青田昇がヘッドコーチに就任し、伊東での秋季キャンプでは松本(匡)、中畑、江川、西本聖、角三男らを猛練習で特訓した。後に「伊東キャンプ」として語られていく。

1980年は開幕早々ペナントレースから脱落し、長嶋に対する批判はこれまでにないほど高まっていった。シーズン後半から若手を起用して5割Aクラスを確保した。しかしながら、2リーグ分立後では球団史上初となる3年連続V逸であり、10月21日長嶋はチームの不振の責任を取って「男のケジメ」という言葉を残し辞任する。当日スポーツニッポンが「長島解任」とスクープ報道したように、読売新聞の幹部により事実上の解任だった。この動きに対してファンは激怒し、読売新聞・報知新聞(スポーツ報知)の購読打ち切りを行うファンが続出した。[8]。

王も現役を引退、巨人一筋22年の現役生活にピリオドを打った。

TVアニメ「新巨人の星」の舞台になっている。

藤田・王監督時代

第1次藤田監督時代
1981年、藤田元司が監督に就任。藤田元司監督、王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチによる「トロイカ体制」が誕生。江川卓、西本聖、定岡正二、加藤初ら先発4本柱で投手王国を形成し(江川20勝・西本18勝・定岡11勝・加藤12勝)、4年ぶりのリーグ制覇、日本シリーズで8年ぶりの日本一を達成する。なお、この年、江川は史上5人目の投手5冠王(最優秀防御率、最多勝、最多勝率、最多奪三振、最多完封)、西本は沢村賞、角三男が最優秀救援投手を獲得するなど、投手タイトル独占を達成、藤田監督の投手中心の守りの野球の成果が十分に発揮された。打者もルーキーの原辰徳が新人王を獲得、篠塚利夫が3割5分7厘の高打率をマークして阪神・藤田平と首位打者争いをするなど若手の台頭が目立った。

1982年にも0.5ゲーム差の2位となっている。

1983年にも、松本匡史が盗塁王(このときの盗塁76はセリーグ記録)、原辰徳が打点王(103打点)を獲得するなどしてリーグ優勝するが、日本シリーズでは西武との激闘の末、3勝4敗で敗れる。このときの日本シリーズは、サヨナラ勝ちが3度あり、日本シリーズ屈指の名勝負と言われている[9]。なお、テレビのプロ野球中継で現在までで最も視聴率が高かったのは第一次藤田監督時代(平均視聴率25.5%)だった[10]。

王監督時代
翌1984年から1988年までの5年間は王貞治が監督として指揮をとるが、1987年に1度優勝したのみで、同年の日本シリーズは1983年のリベンジ再びと期待されたが西武に2勝4敗で敗退。1988年からは本拠地を後楽園球場から東京ドームへ移転するが、吉村禎章やウォーレン・クロマティのリタイアが響いて2位に転落、優勝した中日に12ゲーム差をつけられる。王監督はこの年限りで引責辞任。

第2次藤田監督時代
1989年、藤田元司が監督に復帰。斎藤雅樹(20勝・防御率1.62)、桑田真澄(17勝・防御率2.60)、槇原寛己(12勝・防御率1.79)と三本柱を中心に投手王国を形成し、チームは2位の広島に9ゲーム差をつけリーグ優勝を達成する。、1989年の日本シリーズでは近鉄に3連敗を喫した後、4連勝し逆転で17回目の日本一に輝く。第3戦、近鉄の加藤哲郎が「シーズン中より楽に投げられました」と述べた主旨のヒーローインタビューとその後にインタビュアーの「(その年のパ・リーグ最下位の)ロッテよりも(迫力がなかった)?」との質問に、加藤が「そうですね」と答えたことから「巨人はロッテよりも弱い」と報道され、原・駒田ら巨人の選手たちはこの大逆転についてこの報道が奮起となったと述べている。

1990年、2年連続20勝した斎藤を筆頭に桑田・宮本和知(各14勝)、木田優夫(12勝)、香田勲男(11勝)と5人が二桁勝利を挙げ、完投数が70(130試合中)という先発投手中心のチームでペナントをリードし、吉村のプロ野球史上初となるサヨナラ優勝決定ホームランにより史上最速で2位広島とのゲーム差が22という圧倒的な強さで2年連続のリーグ優勝を果たす。しかし、雪辱を期して望んだ西武相手の日本シリーズでは、一転して先発投手陣が崩壊、攻守共に精彩を欠き0勝4敗で惨敗し、雪辱は成らなかった。

1991年は、投手陣の不調と打撃不振が響き、1979年以来12年ぶりのBクラス(4位)。シーズン終了後、近藤ヘッドコーチ・松原打撃コーチが、不振の責任を取る形で退団した。

1992年は序盤の不調が響き、5月には最下位に転落するが、大久保博元とロイド・モスビーの加入、石毛博史がリリーフエースとして頭角を現したこと等により、前半戦が終了する頃には首位に躍り出た。しかし、8月に入ると急激に失速し、終盤のヤクルト・阪神・広島との接戦の結果、最終的に2位となるも2年連続のV逸が決定。この年限りで藤田監督は勇退。後任には「監督浪人」中であった長嶋茂雄が13年ぶりに復帰。

第2次長嶋監督時代
1993年、長嶋監督が復帰、背番号は現役時代自らが付けていた「3」を2つ掛け合わせた「33」。同年のドラフト会議で注目されていた松井秀喜の交渉権を阪神・中日・ダイエーとの競合の末獲得。この松井がこの後、1990年代から2000年代前期にかけて、チームの顔としても、打撃の中心としても、精神的支柱としても重要な役割を果たした。また、現役大リーガーのジェシー・バーフィールドやヤクルトから長嶋一茂を獲得して3年ぶりのリーグ優勝を期待されたが、打撃陣の不振から3位に終わった。オフに、この年から導入されたフリーエージェント (FA) 制度によりFA宣言をした中日の落合博満を獲得する。ポジションが重複し、出場機会を奪われる事に危機感を持った駒田徳広が同様にFA宣言を行って横浜へ移籍する。その横浜からは自由契約になった屋鋪要を獲得した。

1994年、前半は投打ともに他のチームを圧倒したが、終盤最大10ゲーム差をつけていた2位中日に追いつかれ、シーズン最終戦(10月8日の対中日戦(ナゴヤ球場)、いわゆる「10.8決戦」)が優勝決定戦となった。史上初の同率チーム同士による最終試合での首位決戦という優勝決定戦は日本全国の注目を集め、各マスコミでも大きく報道。長嶋監督は「国民的行事」と称した。その試合を槙原寛己、斎藤雅樹、桑田真澄の当時のエース「三本柱」の継投で、リーグ優勝を達成。1994年の日本シリーズでは、4勝2敗で西武を破り18回目の日本一に輝く。

Main2009victorybg

1995年は近鉄の阿波野秀幸を香田勲男との交換トレードで獲得。また広島の川口和久、ヤクルトの広澤克実をFAで獲得、また同じヤクルトを自由契約となったジャック・ハウエル、ミネソタ・ツインズのシェーン・マックを獲得したものの3位に終わった。逆転優勝を目指して長嶋監督が言った言葉「メークドラマ」は選手の奮起を促した。同年の最終戦で原が現役を引退。

1996年、シーズン中に補強したマリオ・ブリトーや松井の活躍等で、リーグ史上最大の11.5ゲーム差をはね返してリーグ優勝を成し遂げた。前年の雪辱を果たしたことから、「メークドラマ」とはこの年の大逆転を指すことが多い。1996年の日本シリーズではオリックスに3連敗から1勝した時点で「メークドラマ再び」と期待されたが、第5戦に敗れた。

1997年に西武から清原和博がFA権を行使して入団。松井とともに、ON(王・長嶋)以来の強打者コンビ「MK砲」として期待された。この際、清原に押し出されるように落合が「長嶋監督を悩ませることはできない」と異例の会見を開いて日本ハムに移籍。ロッテを自由契約となったエリック・ヒルマンを獲得したが、ヒルマンを含め主力選手に故障者が続出し夏場まで最下位に沈むなど大苦戦。最終的には4位でシーズンを終了。同年オフにはドラフト1順目で高橋由伸が入団。

1998年は前半は横浜や中日との首位争いを繰り広げるが、前半戦の勝ち頭趙成珉がオールスターゲームで右肘を故障。さらにバルビーノ・ガルベスの危険球退場でチームから離脱するなどアクシデントが響き3位に終わる。同年オフにはドラフトで上原浩治、二岡智宏が入団。

1999年、村田真一や広澤の離脱、後半戦は清原の故障によるシーズン離脱などもあったが、20勝を上げた上原や途中獲得したドミンゴ・マルティネスの活躍もあり2位となった。シーズンオフ、広澤が自由契約となり阪神に移籍。

2000年は、FA宣言をしていたダイエーの工藤公康と広島の江藤智、さらに阪神のダレル・メイを獲得。長嶋監督は、江藤に背番号33を譲り自らが現役時代に付けていた背番号3を25年ぶりに復活させた。松井が4番として定着、5番にマルティネス・清原、6番に高橋を擁した打線はシーズンで投打ともに他を圧倒して2位中日に8ゲーム差をつけてリーグ優勝。9月24日の優勝決定戦では、0-4で迎えた9回裏に江藤の満塁本塁打で同点に追いつき、直後に二岡がサヨナラ本塁打を放ち優勝を決めた。日本シリーズの相手は、長嶋と共にV9時代の主軸を担った王貞治が1995年から率いるダイエーで、「ON監督対決」として全国的に大いに盛り上がった。シリーズは、序盤こそ2連敗からのスタートだったが、その後一気に4連勝し本拠地東京ドームで19回目の日本一を達成した。

2001年は正捕手候補として阿部慎之助が入団。シーズン終盤までヤクルトと優勝を争ったが2位に終わる。同年限りで長嶋監督は勇退し、終身名誉監督に就任した。それと同時に槙原寛己、斎藤雅樹両投手そして村田真一捕手が引退した。監督の後任は、原ヘッドコーチ。

第1次原監督時代
2002年、原辰徳監督が就任。原監督と鹿取義隆ヘッドコーチは投手陣を立て直し、1年目でセ・リーグの全球団から勝ち越してのリーグ優勝を果たす。また、日本シリーズでも西武を相手に球団史上初の4連勝で20回目の日本一に輝いた。シーズンオフに松井秀喜がFA権を行使してニューヨーク・ヤンキースへ移籍。

2003年、松井に代わる大砲としてヤクルトからロベルト・ペタジーニを獲得。原監督は守備位置の問題を解決できず、鹿取コーチは一任されていた投手陣を整備できず3位に終わった。シーズン終盤には9連敗を喫するなど、優勝した阪神に15.5ゲーム差をつけられた。そして9月26日、原監督は責任を取り辞任した。辞任をするにあたってのセレモニーも行われなかった。[11]辞任に関して、人気のある原監督と渡邉恒雄オーナーとの確執がマスメディアに報じられ、それに失望した巨人ファンが離れる要因となり、この混乱が原因で川相昌弘がコーチ就任要請を辞退して中日に移籍した。

堀内監督時代
2004年からはV9時代のエース堀内恒夫が監督に就任。生え抜きの高橋由伸らに加え、前年までで近鉄との契約が終わったタフィ・ローズ、ダイエーから膝の靭帯を断裂した後出場のなかった小久保裕紀を獲得した。かねてより所属する清原和博、ペタジーニ、江藤智などのさまざまな球団で活躍した4番打者が1チームに顔をそろえるという超重量打線となった。長嶋終身名誉監督に「史上最強打線」と名付けられた打線は、事実この年に年間259本塁打のプロ野球新記録(それまでのプロ野球最高記録は1980年の近鉄の239本、セ・リーグ最高記録は1985年の阪神の219本であった)を樹立。しかし、防御率の低下により成績は前年と同じ3位だった。近鉄・オリックスの合併問題に端を発したプロ野球再編問題では、球団スカウトが行った明治大学・一場靖弘投手への不正な金銭授受の責任を取り渡邉恒雄がオーナー職を辞任した。

2005年、ポジション争いをやめさせ、打順を固定する事により1年を戦う打線として「不動明王打線」と名付けたが、高橋由伸、二岡智宏らが軒並み故障。この年から始まった「セ・パ交流戦」では4位(セ・リーグでは阪神に次いで2位)と好調だったものの、8年ぶりにBクラスの5位に終わった。また、原監督辞任騒動から巨人人気が一気に下降した影響により、観客動員数の減少やテレビ視聴率の低下が起こった。そのため日本テレビでも巨人戦中継の延長が中止されたりその他の放送局でも延長時間の短縮・中止や深夜枠での録画・ダイジェスト版放送に差し替えが起きた。この低迷によって2005年シーズン中からストーブリーグを見越した活動が表面化し、成績不振と怪我の重なったローズや清原が8月頃からチーム編成からはずれ、また初の他球団出身監督として阪神の星野仙一シニアディレクターの名前があがった。星野招聘の報道が表面化すると球団出身者のみが監督となってきた伝統を崩すことに一部OBやファンが反発。星野は9月10日に会見を開き、阪神に残留することを表明した。10月5日、堀内監督は成績不振の責任を取って任期を1年残し退任し、翌年からの新監督として原辰徳が2年ぶりに復帰することを正式に発表した。

第2次原監督時代
第1次では同じ時期に巨人で現役として活躍した選手が中心であったコーチ陣容を組んだ原監督だが、第2次では彼らに加えて他球団での豊富な経験のある人材を求めた。ヘッドコーチに近藤昭仁、守備走塁コーチに篠塚和典が復帰。投手コーチに尾花高夫を招聘、また1994年から2002年まで打撃コーチを務め、2003年より広島に戻っていた打撃コーチ・内田順三が復帰した。選手補強も積極的に行った。投手陣ではオリックスを自由契約となったジェレミー・パウエル、FA宣言した豊田清(西武)、野口茂樹(中日)を獲得した。野手ではロッテの李承燁を獲得。金銭トレードで過去ゴールデングラブ賞を4度受賞した小坂誠(同)を獲得した。一方で前年シーズン途中に既に構想から外れていた清原、ローズを自由契約で、豊田の人的補償で江藤を放出した。

2006年はチーム方針として2005年のワールドシリーズを制したシカゴ・ホワイトソックスに習い「スモール・ベースボール」を掲げた。開幕当初は首位を独走していたが、5月に始まったセ・パ交流戦の途中で主力選手に負傷者が続出したことで失速することとなった。これに対して西武を自由契約となり米国挑戦したものの契約を結べず帰国していた小関竜也を入団テストで、広島の木村拓也を交換トレードで、前年阪神を解雇されたもののメキシカンリーグで好成績を収めていたジョージ・アリアスを来日させそれぞれ獲得するなど建て直しを図ったが、6 - 7月には8連敗、10連敗、9連敗と立て続けに大型連敗を喫し、一時は最下位にまで転落した。最終的にチーム防御率は1点以上の改善があったものの野手陣の不調で4位に終わり、いずれも球団史上初の4年連続完全V逸と2年連続Bクラスとなった。

Img00106727071

この結果を重く見た球団はさらなる改革に着手した。首脳陣ではまず走塁面の強化に西武黄金期に三塁コーチャーとして活躍した伊原春樹を野手総合コーチとして招聘。篠塚守備走塁コーチを打撃コーチへ配置転換、伊勢孝夫スコアラーを打撃コーチ補佐として現場復帰させた。なお近藤ヘッドコーチが退任し、総括ディレクターに就任、それに伴って開幕直前に伊原がヘッドコーチを兼任することとなった。選手では仁志敏久を交換トレードで横浜に放出、小久保がFAでソフトバンクに移籍したが、ソフトバンクを戦力外となったベテランの大道典嘉を無償トレードで、オリックスの谷佳知を交換トレードで、日本ハムの小笠原道大をFAでそれぞれ獲得したほか、残留を前提としたFA交渉を打ち切られた横浜の門倉健も加入する。一方門倉の加入に伴って補償選手として工藤を放出することとなり、逆にソフトバンクから小久保の補償選手として吉武真太郎を獲得した。

2007年5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5000勝を達成した。また2軍も5月29日のヤクルト戦でイースタンリーグ史上初の通算2000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由伸を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデットヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負けを喫し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となってしまった。このため恒例の銀座での優勝パレードも中止となった(巨人はこれまでリーグ優勝しても日本一になれなかった場合は優勝パレードを行ってこなかったが、日本シリーズ不出場による優勝パレード中止はこれが初である)。また、2軍も9月21日のヤクルト戦に勝利しイースタンリーグ優勝を飾ったが、9月29日に行われたファーム日本選手権では中日に2-7で敗れ、こちらも日本一はならなかった。

球団は前年に続き日本シリーズ終了後すぐ改革に着手。期待不足に終わったGGとジェレミー・パウエル、ファンからの人気も高かったデーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテを自由契約になった藤田宗一投手、横浜を自由契約となったマーク・クルーン投手、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガー投手およびアレックス・ラミレスを獲得した。

2008年はオープン戦から主力選手の故障、大きく台頭した坂本勇人を除いた若手の伸び悩み等でなかなか満足な試合運びを出来ず、黒星を重ねていった。ペナントレース開幕直後もチームはオープン戦の不調を引きずり、開幕戦となる3月28日のヤクルト戦(神宮球場)から4月2日の中日戦(東京ドーム)まで、球団ワースト記録となる開幕5連敗を喫した。開幕戦で4番打者を務めた李承燁、昨年のクローザーから先発に復帰した上原浩治が共に不調で二軍降格するなど戦力が揃わず開幕ダッシュに失敗した。だが、交流戦あたりから調子を上げはじめ、若手の積極的な起用策が功を奏し、後半戦も順調に勝ち星を重ね、7連勝中の9月19日から首位阪神に3連勝、最終的に球団32年ぶりの12連勝を記録するなど猛追し、同率で迎えた10月8日の最終直接対決で勝利し単独首位に立ち、10日に接戦の末にセ・リーグ記録となる最大13ゲーム差[12]からの逆転優勝を果たした。11.5ゲーム差を逆転し「メークドラマ」と呼ばれた1996年の優勝時以上の大差を逆転したことから、マスコミ等は、「メークレジェンド」と呼んだ。

クライマックスシリーズでは、第二ステージで中日ドラゴンズと対戦、アドバンテージの1勝を含む3勝1敗1分で勝ち抜けし、2002年以来のプロ野球日本選手権シリーズへの出場を決めるが、3勝4敗で西武ライオンズに敗れ日本一奪回は果たせなかった

http://www.giants.jp/top.html

http://hochi.yomiuri.co.jp/contents/baseball/npb/players/central/giants/

もし宜しければ読売ジャイアンツDVD年鑑 season '05-'06ダビング物で宜しければ販売
致します!価格は2000円です。( 5000人一組でお願い致します。)価格内訳500円読売新聞
社会長、社長様、球団オーナー様取り分、1000円万屋取り分(DVD制作費含む)、500円読売ジャイアンツ応援団長様取り分です。

http://www.yomiuri.co.jp/

長嶋さんの読売新聞発行記念テレカ格安でお分け致します!詳細はメール
にてお願い致します。

http://www.giants.jp/top.html

http://giantsouendan.com/

http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

韓国伊大氏神社について

韓国伊大氏神社

『延喜式』神名帳をひらくと、そこには興味をそそられる神社名がずい分とみられる。そして、それらのなかには、いまだに検討が不十分のため実体が明らかでないものや、さらに考察が必要と思われる神社もみられる。  ここでとりあげようとしている韓国伊大(太)氏神社もそうした神社のひとつに他ならない。  韓国伊大氏神社は、その名称のユニークさに加えて、分布にも特異性をみせている。まず、その呼称であるが、一般的には「カラクニイタテ」神社とよばれる。そして、その分布はというと、神名帳にみえる六社はすべて出雲国に鎮座している。しかも、その内分けをみると、出雲国の九郡中、意宇郡と出雲郡とに三社ずつ分布がみられる。つまり、韓国伊大氏神社は、出雲国にのみ姿をみせる神社であり、しかも、出雲国のなかでも、国衛が置かれた東部の意宇郡と杵築大社(出雲大社)が鎮座している西部の出雲郡のみにみられるというように分布にいちじるしいかたよりをみせている。 さらに、韓国伊大氏神社は、その由来についても不明瞭な点が多い。一般的には、スサノオ神の御子神である五十猛神と関連させてとらえ、この神を祀る神社といわれている。こうした見解は、天保十四年(1843)に千家俊信によって唱えられたものであり、『日本書紀』のスサノオ神の出雲降りについて記した一書をふまえたものである。すなわち、スサノオ神が、韓国(新羅)を経由して出雲へ降るさいに同行した神が御子神の五十猛神であり、このことを前提として、千家俊信は、「伊太氏は、氏は気とかよひて五十猛と同じ。忌部正通が神代口訣に、肥前国西南沖五十猛島」、又貝原好古が考に、筑前国御笠都筑紫神社は五十猛神といへり」と述べており、さらに、韓国伊大氏神社および五十猛神に関連あるものとして、「又帳に、紀伊国名草郡伊達神社名神大あり。是と同神なるべし。又同郡に伊太祁曽神社名神大月次相甞新甞あり。又大隅国囎唹郡韓国宇豆峯神社あり。是韓国てふ言を冠らせたる例也。又仁多郡伊我多気神社も此神を拝祭れり」として類例を提示している。すなわち、千家俊信によれば、伊大(太)氏は五十猛が転託したものであり、韓国とあるのは五十猛神がスサノオ神に伴われて朝鮮半島を経由して日本へ渡ってきたことによるということになる。こうした千家俊信の見解はつとに江戸時代末期にのべられたものであるが以後、さほど疑問をさしはさまれることなく受け継がれ、今日ではほとんど定説といってもよいほどの位置を占めるにいたっている。

韓国宇豆峯神社

 もっとも、こうした説に対してまったく異議がとなえられなかったわけではない。たとえば、志賀剛氏は、千家俊信の説にとらわれない独白の見解を展開されている。志賀氏は、イタテはイタチの変化したものであり、さらにイタチはもともとユタテであったと考えられた。すなわち、ユタテ→イタチ→イタテと変わったというのである。そして、そもそものユタテは「湯立」であり、ここからユタテの神というのは湯を立てる神であると解釈された。したがって、イタテの神とは湯立神に他ならないということであり、さらに、イタテに「韓国」が冠されているのは、遠来の神には新鮮な霊カがあるとする古代の信仰からきたものであろうとされた。  また、こうした志賀説を批判して自説を展開したものとして石塚俊氏の見解をあげることもできる。石塚氏はまず、播磨国飾磨郡の射楯兵主神社を引き合いに出され、ここに祭られている射楯神と兵主神のうち、射楯神は『播磨国風土記』の因達里に記載がみられる「伊太氏之神」であるとされた。そして、因達里の説話が、神功皇后が韓国平定をおこなったさいにその御船の上に鎮座したのが伊太氏之神である、という内容であることに注目して、「韓国」を頭に冠しないイタテ神の場合にもすでに韓国との関係がみられると指摘された。その上で、「由来、漢土・漢土の神を迎え祀る例は多く、そもそも『古事記』に「韓神」「曽富理神」と、明瞭な韓神の名がある」とのべられ、こうした韓神・曽富理神を「帰化人によって招来された「今来の神」であった」と把握れている。これらの考察を基に石塚氏は、出雲国の韓国伊大氏神社も今来の神の信仰と無関係ではないとして、「韓国」は文字通り韓国そのもののことをさし、「これを冠する伊太氏の神は、だから、あたかもかの八幡神が八鹿の幡によって降臨ましましたというがごとくに、もしかしたら文字通り「射立」であり、矢になって降臨ましました神ではなかったろうか」と考えられた。石塚氏の見解は、先の志賀氏が伊大氏神に冠せられた「韓国」を遠来の神に新鮮な霊力ありとした古代の信仰からくるとされたことをさらに一歩進められて、渡来人によって招来された今来の神の信仰と関係があるとされた点において志賀説を批判的に継承したものといえよう。ただ、志賀氏が提唱されたイタテが本来、ユタテ(湯立)であるとする見解に対しては、石塚氏は疑問を発せられている。志賀氏の湯立説の根拠のひとつは、ユタテ→イタチ→イタテという音の変化にあるが、もうひとつ『延書式』の神名帳にみられる伊達神社の多くが泉井に依存する立地になっているということも壷要な根拠になっている。この泉井に依存する立地条件に伊達神社が鎮座しているという点については、石塚氏も批判しているようにひとえに伊達神社のみに限ってよいものかどうか問題があると考えられる。むしろ、神社と清らかな泉井との関係は一般的ととらえる方が自然ではなかろうか。また、音の変化についても、ユタテ→イタチ→イタチと変わる可能性はもちろん否定することはできないかもしれないが、その一方では、そのように変化する必然性ということを考えるならば、それほど強いものがあるともいえないのではなかろうか。こうした点を考え合わせると、志賀説は興味深い見解ではあるがにわかに肯定することはできないように思われる。また、石塚説の場合についても、今来の神とされる韓神・曽富理神を例に引かれ、ここから韓国伊大氏神社も今来の神の信仰と関係があるとすることは論理に飛躍があると思われる。伊

966aca079147cfeb7a894740

大氏神が韓国と関係のある神ということと、韓神や曽富理)神と同じ性格をもっているということは別次元で考えなければならないことであろう。石塚説はこの点でなお問題を残していると考えられる。  以上、通説的な見解とそれに対する異説とをとりあげてみた。通説的な理解は、韓国伊大氏神社の「イタチ」と五十猛神の「イタケル」とが音の点で類似していること、そして、記紀神話のなかにおいて五十猛神と朝鮮との間に関係がみられることが主要な根拠となっていると思われる。しかしながら、これらの根拠を再度みなおすならば、さほど確たるものとはいいがたいように思える。すなわち、音の類似性についていうならば、主観的な判断が多く含まれており、このことを主要な根拠とするのは客観性に欠けているといえよう。また、神話にみられる交流についても、これをそのまま主たる根拠とするのは問題があろう。したがって、通説的な見解といわれるものではあるが、その実態を追求すると意外にも根拠が弱い不確かなものといえる。また、その通説的な見解に対して出された志賀氏、石塚氏の両説についてもやはり問題が残されており、すなおに従いがたいように思われる。 こうした点をふまえて、かつてわたくしも考えをのべたことがある。しかし、紙数の都合などもあってふれ足りなかったところもあった。また、小文に対して思いがけずも上田正昭氏がとりあげて下さり、その問題点についても指摘して下された。そこで本稿においては、上田氏が指摘された問題点に留意して再度、韓国伊大氏神社についてその創建時期および創建の背景を中心に考えてみることにしたい。

二 旧稿の要旨と問題点

 まずはじめに、かつてのべたことを整理し、それについての問題点を抽出することにする。旧稿においては、韓国伊大氏神社と五十猛神とを関係づけてとらえる通説的理解を論拠に乏しいものとしてしりぞけ、『出雲国風土記』と『延書式』神名帳を手がかりとして検討を加えた。『延書式』は知られるように延長五年(927)に成立したものであり、これによって少なくとも10世紀前半の段階における神社の様相を把捉することが可能と考えられる。また、『出雲国風土記』は天平五年(733)に出雲国において勘造されたものであり、ここには郡ごとに神社がまとめて記載されている。さらに、その神社の記載は神祇官帳に登録されているものとそうでないものとに区別されている。これらから明らかなように、出雲国においては、『出雲国風土記』と『延喜式』神名帳を比較的に用いることによって、8世紀前半と10世紀前半の両時期における神社の様相を追求することが可能である。

 そこで、韓国伊大氏社の分布を具体的にみるならば、『延書式』神名帳の出雲国意宇郡の条に、
 ①玉作湯神社  同社坐韓国伊太氏神社
 ②揖夜神社   同社坐韓国伊大氏神社
 ③佐久多神社  同社坐韓国伊大氏神社
の三社がみられ、また同じく出雲郡条にも、
 ④阿須伎神社  同社神韓国伊太氏神社
 ⑤出雲神社   同社神韓国伊大氏神社
 ⑥曽枳能夜神社 同社神韓国伊大氏奉神社

 というように三社の存在を確認することができる。これらの合わせて六社の韓国伊大太氏神社を通覧して、まず目につくことは、これらの神社の表記が「大」を用いる場合と「太」を使用する場合とがある、ということである。本稿では、『新訂増補国史大系』の『延喜式』の表記によったが、こうした表記の相違は写本の過程において生じたものと考えられる。また、出憲の曽枳能夜神社の関連でみられる韓国伊大氏奉神社の「奉」については衍字とみなしてさしっかえないであろう。同じく出雲郡の阿須伎神社と関連してみられる同社神韓国伊太氏神社についても社名の頭に神の字が冠せられているが、これも神名などの上に神をつける例があるので、さほど特別視することはないと思われる。

------------------------
 第一表 韓国伊大氏神社の分布
 『出雲国風土記』  『延喜式』神名帳
  〔意宇郡〕
 ①玉作湯社→   →玉作湯神社
  由宇社→  ? →同社坐韓国伊太氏神社
 ②伊布夜社→   →揖夜神社
  伊布夜社→   →同社坐韓国伊大氏神社
 ③佐久多社→   →佐久多神社
  佐久多社→ ? →同社坐韓国伊大氏神社

  〔出雲郡〕
 ④阿受枳社→   →阿須伎神社
  阿受枳社→   →同社神韓国伊太氏神社
 ⑤出雲社→    →出雲神社
  御魂社→    →同社韓国伊大氏神社
 ⑥曽伎乃夜社→  →曽枳能夜神社
  曽伎乃夜社→  →同社韓国伊大氏奉神社
----------------------------

 このように分布がみられる韓国伊大氏神社であるが、またこれらの神社は、『出雲国風土記』の段階においても、それぞれに相当する神社を比定もしくは推定することが可能である。第一表は、秋本吉郎氏の説によって、『出雲国風土記』に記載されている神社と『廷書式』の神名帳にみられる韓国伊大氏神社とを対応させたものである。この表から明らかなように、『出雲国風土記』には、韓国伊大氏神社と称する神社は一社も存在していない。つまり、『出雲国風土記』が作成された天平五年(733)の段階では、韓国伊大氏神社という名称の神社はいまだ成立していなかったと考えれる。それが、時を経て延長五年(927)に成立した『延喜式』には、六社の韓国伊大氏神社の姿がみられるのである。このことから、韓国伊大氏神社は8世紀の前半から10世紀の前半の間に創建された神社と規定することができよう。つまり、『出雲国風土記』の段階では、まったく異なった名称であった神社が、そののち韓国伊大氏神社という社名に変化したということができる。 こうした成立期に関する問題は、韓国伊大氏神社の性格を考える上で重要な点であると思われるが、従来、この神社について論及されるさいには社名の読みに考察のウェイトがおかれ、成立期に関してはほとんど注意がはらわれていないようにみうけられる。社名の読みについての検討が重要であることは十分に理解できるが、いままでのような読みにばかり重点をおいたアプローチだけでは限界があることも明らかである。韓国伊大氏神社の原像を追求するさいには、社名の面からの考察ばかりではなく、それに加えてこの神社の成立時期への配慮もまた必要と考えられる。 これらのことをふまえて旧稿では、創建期の状況という視点を導入して韓国伊大氏神社をみてみた。そのさい、すでに指摘したように、創建の時期については、『出雲国風土記』が成立した天平五年(733)から『延書式』が完成した延長五年(927)の間と考えられること、また、韓国伊大氏神社の「韓国」については、やはり文字通り韓国、すなわち朝鮮半島と考えるのが妥当であるということの二つの点を前提として検討を加えた。この二つの点を考慮して、8世紀前半から10世紀前半までの間を朝鮮半島との関係を視野にいれてとらえるならば、そこに対新羅関係の悪化という外交情勢が浮かびあがってくる。新羅との関係を概観すると、8世紀から9世紀にかけて、その関係は恒常的に悪化の様相をみせている。こうした状況に対して、日本側もさまざまな対応をとっているが、それらの中でも『日本三代実録』貞観九年(867)五月二六日条にみえる記事はとりわけ興味ぶかい。

 造八幅四天王像五鋪。各一鋪下伯耆。出雲。石見。隱岐。長門等國。下知國司曰。彼國地在西極。堺近新羅。警之謀。當異他國。宜歸命尊像。勤誠修法。調伏賊心。消却變。仍須點擇地勢高敞瞼瞰賊境之道場。若素无道塲。新擇善地。建立仁祠。安置尊像。請國分寺及部内練行精進僧四口。各當像前依勝王經四天王護國品。晝轉經卷。夜誦神咒。春秋二時別一七日。清淨堅固。依法薫修。

 これがその内容であり、記事自体は四王寺の建立を命じたものである。この四王寺建立の目的はいうまでもなく新羅への備えという点にある。そして、この記事のなかで建立を命じられた国々のひとつに出雲国が入っていることはみのがせない。これら四王寺建立を命じられた諸国のうち、新羅にもっとも近接しているのは隠岐国となろうが、隠岐は日本海に浮かぶ島であり、国家側の意識からいえば、むしろ、出雲国が新羅と墳を接している国とみなされていたのではあるまいか。 こうした対新羅関係の悪化という時期が、おりしも韓国伊大氏神社の創建推定期と重なるということは決して偶然とはいえないと思われる。むしろ、こうしたことを考慮するならば、この「韓国」という語句を頭に冠する韓国伊大氏神社の由来が、これらの状況と無関係ではないと考える方がより自然ではなかろうか。つまり、韓国伊大氏神社は、対新羅関係の悪化という事態のなかで、国家によって新羅と境界を接していると認識されていたであろうと考えられる出雲国に創建された神社である、と把握することが可能である。 それでは、具体的に韓国伊大氏神社とはどのような神社であったのかというと、「韓国」は文字通り韓国であり、新羅のことを指しているとしてよいであろう。とするならば、「伊大氏」の解釈が問題になってこよう。この点については、『延喜式』の神名帳のなかに播磨国飾磨郡のものとして、射楯兵主神社がみられることが参考となろう。この射楯兵主神社は、『延喜式』神名帳において、二座の扱いとなっていることから、射楯神と兵主神とを祭っていると考えられる。この射楯神については、『播磨国風土記』の飾磨郡因達里の条に、「伊太代之神」として姿をみることができる。「伊太代之神」は、神功皇后が韓国平定のため渡海しようとしたさいに船前に鎮座したとされる神である。これらのことをふまえると、「伊大氏」「伊太代」は、「射楯」と考えることができ、韓国、すなわち新羅に対する防備を象徴していると把握することが可能である。つまり、韓国伊大氏神社は、新羅から出雲国を、ひいては日本を守るために建立された神社ということができる。そして、このことは、四王寺を建立することによって仏教的に国家を鎮護すると共に、韓国伊大氏神社を創建して神祇的にも国家を守護しようとしたものに他ならないと考えられる。いいかえるならば、新羅からの脅威に対して、国家は仏教的な面からと神祇的な面からとの双方の面からの安全対策をおこなったわけであり、その神祇的な面からの対策が出雲国における韓国伊大氏神社の創建ということになる。 このようにとらえるならば、韓国伊大氏神社の創建期に関しても、四天王寺の建立が命じられた貞観九年(867)のあたりが考えられてしかるべきであろう。すなわち、韓国伊大氏神社の創建については明確に時期を限定することは困難ではあるが、9世紀後半をその時期として設定してよいのではあるまいか。 以上が、旧稿の要旨であるが、これに対して、先にのべたように上田正昭氏がとりあげられ、三点にわたって問点を出された。 上田氏があげられた第一の問題点は、対新羅関係の悪化という点である。すなわち、関係の悪化という点についてみるならば、貞観九年(867)のあたりの時期のみではなく、さらに以前から悪化がみられ、8世紀のなかばにはすでに「征韓」論や、「征韓」の軍事計画が具体化しており、9世紀後半よりも深刻であった、というのである。したがって、韓国伊大氏神社の創建についても、対新羅関係の悪化という点を強調するのであれば、8世紀の日羅関係をどう把握するのかが問題となるということである。たしかに、8世紀の対新羅関係の悪化については、しばしば指摘されるところであり、天平五年(733)に成立した『出雲国風土記』の性格においても、こうした対新羅関係の悪化を背景とした軍防的要素がみられるという指摘もみられる。したがって、8世紀以後の日羅関係については、再度、検討する必要があると思われる。 第二の問題点として上田氏が指摘されたのは、「同社坐」とか「同社」・「同社神」とかとして『延喜式』神名帳にみられる韓国伊大氏神社を四王寺の建立と同類視することはできない、という点である。すなわち、「同社」の意味は、相殿神あるいは境内社的なものを指すのであって主神としての社ではない、とするのが上田氏の理解であり、韓国伊大氏神は「客神」の社としての要素が強いというのである。したがって、質的な意味で四王寺と同レベルで扱うことはできないというわけである。『延喜式』の神名帳にみえる韓国伊大氏神社は、たしかに、同社坐韓国伊太氏神社・同社坐韓国伊大氏神社・同社坐韓国伊大氏神社(以上、意宇郡)、同社神韓国伊太氏神社・同社韓国伊大氏神社・同社韓国伊大氏神社(以上、出雲郡)というように、神社名のはじめに、「同社坐」・「同社」・「同社神」といったいい 方がついており、このことをどのようにとらえるかは、ひとつの問題点といえるであろう。 上田氏の第三の指摘は、「伊大氏」という社名についての問題点である。この「伊大氏」を「射楯」とする場合、そこに防備の意味もあったであろうが、それを新羅に対する防備と理解することができるかどうかは疑問とされている。上田氏は、播磨国の射楯兵主神社の「射楯」は渡来系の兵主神の神格にちなむ「射楯」であって兵主神の武徳によっての「射楯」であるとされている。さらに、″まれぴと″の神の祭祀には、今来の神の霊威の感得が前提になった場合が多い、とのべられ、韓国伊大氏神とその社のまつりは、出雲在地の人びとにとっての「客神」であり、その「客神」を奉じる渡来系の人びととの垂層のなかでの「同社の神」であった、と指摘されている。  これら三点にわたる上田氏の指摘は韓国伊大氏神社を考える上でいずれも重要な視点であるといえる。以下、節をあらためて、これらについて考えてみることにしたい。

三 8世紀および9世紀の日本と新羅

 ここでは、上田氏が指摘された対新羅関係の悪化は720年代からみられる、という点を考慮して、8世紀および9世紀の日羅関係について検討することにする。次の頁にあげたのは、720年以降の8世紀・9世紀間の日羅関係の略年表である。この略年表からも理解できるように、8世紀から9世紀にかけて日羅関係は緊張状態の連続といえる。こうした緊張の2世紀ではあるが、8世紀と9世紀の状況をひとつひとつみていくと、そこに質的な相違をみい出すことができるように思われる。それは何かというと、8世紀の場合、緊張のなかにもとにかくまだ国家間の交流が中心になっているのに対して、9世紀になると、海賊をはじめとする私的な交渉が目立つようになるということである。また、新羅の動向に対する日本側の政策に関しても8世紀と9世紀とでは相違があるように思われる。

 8世紀・9世紀の日羅関係
----------------------------------
養老五年(721)  新羅遣朝使、太上天皇の死のため筑紫から帰還
  六年(722)  遣新羅使を任ず
           新羅、日本の賊の侵入に備え毛伐都城を築く
  七年(723)  新羅使来朝
神亀一年(724)  遣新羅使を任ず
  二年(725)  遣新羅便帰国
  三年(726)  新羅使来朝
天平三年(731)  日本の兵船、新羅の東辺を襲う
  四年(732)  遣新羅使を任ず
           新羅使来朝
  六年(734)  新羅便、太宰府に来朝
  七年(735)  新羅の国号を王城国と改称したことを理由に新羅使を追却
  八年(736)  遣新羅使を任ず
           新羅、遣新羅使を受けつけず
  九年(737)  新羅の失礼に対して官人に意見を求める
           伊勢神宮・大神神社・筑紫の住吉社および八幡社・香椎廟に新薙無礼の状を奉幣・奏上

Inuyasha_3_640_3

  十年(738)  新羅使を大事府から追却
 十二年(740)  遺新羅使を任ず
 十四年(742)  新羅使、大事府に来朝、新都久爾宮の未完成を理由に入京させず
 十五年(742)  新羅便、失礼により追却
天平勝宝四年(752)遣新羅便を任ず
           新羅便、大事府に来朝
    五年(753)唐朝における朝賀で遣唐使と新羅使が席次を争い、遣唐使が上席を占める
           遣羅使を任ず              遣新羅使、無礼により新羅王引見せず
天平宝字三年(759)征新羅のため太宰府に行軍式を造らせる              香椎廟に征新確の状を奏上
           新羅より帰化の情願者を放還
           征新確のため船500艘の営造を命ず(北陸道89艘・山陰道145艘・山陽道161艘・南海道105艘〉
    四年(760)帰化新羅人131人を武蔵国へ移す
           新羅使来朝、身分の軽さを理由に追却
天平宝字五年(761)征新羅のため美濃・武蔵両国の少年に新羅語を習わせる
    六年(762)征新羅のため香椎廟に奉幣
    七年(763)新羅便来朝
神護景雲三年(769)新羅使、対馬に来朝
宝亀  五年(774)新羅便、太宰府に来朝、問答ののち追却
           新羅人の漂着は追却させる
    十年(779)遣新羅使を任ず
           新羅使来朝の由を問う
   十一年(780)新羅使、万物を献ず
延暦  六年(787)日本王、新羅に万波息笛を求める
   十八年(799)遣新羅使を任ず
           遣新羅便を停止
   二一年(802)新羅の均貞を日本の質としようとするが均貞は拒否
延暦 二二年(803)新羅、日本と交聘
   二三年(804)日本国使、新羅に黄金300両を献上
大同  一年(806)日本国使、新羅朝元殿で引見
    二年(807)筑前国金光明寺に四天王像をもどす
    三年(808)日本国使、新確に来泊
    四年(809)大野城鼓峯で四天王法を修す
弘仁  二年(811)新羅人、大字府に漂着
    三年(812)新羅の海賊船、対馬に漂着
           新羅人の清漢波ら漂着
           新確人の劉清らを追却
    四年(813)新羅人、肥前国小値賀島に来着し島民を殺傷
    五年(814)新羅の王子来朝の時は、隣好の志があっても追却すべしとする
           新羅の商人、長門に漂着
           新羅人、博多津に漂着
    七年(816)新羅人の清右珍ら180人帰化
    八年(817)新羅人43人帰化
           新羅人143人帰化
   十一年(820)新羅人、献物
   十三年(822)新羅人40人帰化
天長  一年(824)新羅人、能登に漂着し琴などを献上
           新確人54人を陸奥に安置し口分田を与える
    八年(831)新羅人の交関文を検領
    十年(833)新羅人を左京に貫付
承和  一年(834)新羅人、太宰府に漂着、百姓が妓らを襲う
    二年(835)新羅の商人、壱岐に来着、島民に要害を警備させる
承和  三年(836)遣唐使船が斬羅に漂着したため新羅に使節を派遣
    七年(840)新羅人の張宝高、万物を献ず、太宰府より追却
    八年(841)新羅人の張宝高、使者を太宰府に派遣するが追却
    九年(842)新羅人の商人の李少貞ら筑紫に漂者、食料を与えて追却
           太宰大弐藤原衛、新羅人の来朝禁止など4条起請を上奏
   十二年(845)太宰府、新羅人の来者を報着を報告
嘉祥  一年(848)能登国、新羅使の王文矩らの来着を報告
    二年(849)対馬の史生を廃し弩師を置く
斉衡  三年(856)新羅人30人、太宰府に来着、食料を与えて追却
貞観  五牛(863)新確の沙門3人、博多津に来着、唐船に乗せて追却
           新羅人、因幡国に来着
    六年(864)前年に石見国へ漂着した新羅人を追却
           日本国使、新羅に至る
    八年(866)肥前国大領、新羅の対馬襲撃を太宰府に奏上
           新羅兵に備え能登・因幡・伯者・出雲・石見・隠岐・長門の7国と太宰府に命じて諸神に奉幣して鎮護の殊効を祈らせると共に兵の試練を命じる
    九年(867)新羅調伏のため伯香・出雲・石見・隠岐・長門の5国に四天王像を安置させる
           豊前国宇佐八幡宮および北陸道諸国に仏像をわかつ
   十一年(869)隠岐国の史生を廃し弩師を置く
           新羅の海賊、豊前国の絹綿を椋奪する
           新羅の海賊の豊前団の貢調使襲撃の件で太宰府を戒める
           長門団に弩師を置く
           新鹿の侵椋に備え太宰府に諸国の浮囚を徴発す
   十二年(870)卜部乙屎麻呂、新羅の対馬襲撃計画を報告、これによって因幡・伯者・出雲・石見・隠岐らの団に警備を命じる
           太宰府管内の新羅人を陸奥国へ移す
           出雲団の史生を1人廃し弩師を置く
           太宰府より新羅人7人が逃亡
貞観 十五年(873)武蔵国の新羅人が逃亡
           長門国の四王院の沙弥数勝・教林を得度させる
           対馬に漂着し鴻臚館に禁固していた新羅人を放還
   十六年(874)新羅人、対馬に漂着
元慶  二年(878)日本国使、新羅に至る
    三年(879)武蔵国の新羅人が逃亡
    四年(880)隠岐国の兵庫が振動、因幡・伯者・出雲・隠岐の諸国に警備を命じる
    六年(882)日本国使、新羅に黄金明珠を進上
仁和  一年(885)肥後国天草軍に来着した新羅使を追却
           北陸道諸国・長門図・大宰府に警備を命じる
----------------------------------

 まず、8世紀についてであるが、天平宝字三年(759)の場合のように、新羅征討を実際に計画した事例もないわけではないが、一般的にはこうした具体的な軍事行動はほとんどみられない。日本側の対応としては、新羅使を拒否して追い返すことと香椎廟などの神社に新羅の無礼を至することがあげられる。それに対して、9世紀になると、北陸道・山陰道・西海道の諸国に対して実際に警備を命じることが多くなる。また、具体的に弩師を設置して軍備を強化しようとする例もみられるようになる。精神的な面での対応にも変化がみられる。それは、四天王信仰による新羅調伏の動きがでてくることである。大同二年(807)の筑前国の金光明寺に四天王像をもどした例などはそのはじめであり、大同四年(809)には大野城鼓峯で四王法を修している。こうした新羅調伏のために四天王信仰を用いようとした典型が、貞観九年(867)の伯菅・出雲・石見・隠岐・長門の五カ国に命じた四王寺建立といえよう。 9世紀段階における日本側の対応は、より現実的であり、8世紀段階と比べると切実味があるように思われる。その背景には、弘仁四年(813)の場合のように、来着した新羅人によって肥前国の小値賀島の島民が殺傷されるといった実害が起きているという事情が考えられる。そして、貞観期には、新羅による対馬襲撃といった事態にまでおよぶのである。対馬のみではなく、新羅の海賊が豊前国の網綿を奪うという事件が起きたのもこの時期である。つまり、8世紀と9世紀の対新羅関係を比較すると、具体的な被害が現実に起きているという点において9世紀の方がさし追った状況にあるといえよう。当然のことながら、国家としても、8世紀とは異なったより現実的な対応が必要となってこよう。それが、軍備や警周の強化であり、四王寺建立に代表される四天王信仰による新羅調伏であるといえる。 このような動向のなかで見落してはならないのが神祇面からの国家の対応である。8世紀にみられた香椎廟や伊勢神宮への新羅無礼の報告や奉幣が9世紀にはどのようになったのかという点は問題であろう。みたように、9世紀には四天王信仰という仏教的な面がとかく前面に押し出され、神祇的な面は後退しているようにみえるからである。こうした傾向のなかで、興味深い史料が、『日本三代実録』 にみられる。それは、伯曹・出雲・石見・隠岐・長門の五カ国に対して四王寺建立が命じられた貞観九年(867)五月二六日のほぽ半年前にあたる貞観八年一一月一七日条である。

 勅曰。廼者恠異頻見。求之蓍龜。新羅賊兵常窺間隙。變之發唯縁斯事。夫攘未兆。遏賊將來。唯是神明之冥助。豈云人力之所爲。宜令能登。因幡。伯耆。出雲。石見。隱岐。長門。大宰等國府。班幣於邑境諸神。以鎭護之殊効。又如聞。所差健兒。統領選士等。苟預人流。曾無才器。徒称爪牙之。不異蟷之衛。况復可教之民。何禦非常之敵。亦夫十歩之中必有芳草。百城之内寧乏精兵。宜令同國府等勤加試練必得其人。

 これがその全文である。内容はというと、最近、恠異がしきりとあらわれるとあり、これはひとえに新羅の賊兵が常に間隙をうかがっていることによる、といっている。そして、新羅の賊を防ぐのは神明の冥助しかないとして、能登・因幡・伯菅・出雲・石見・琴長門の諸国と太宰府に命じて「邑境の諸神」に奉幣して鎮護の殊効を祈らせている。また、それと同時に、兵士たちの怠慢ぶりを指摘して試練を加えることを命じている。 『日本三代実録』にみえるこの貞観八年二月十七桑は、同年に肥前国の大領が新羅の対馬襲撃を太宰府に奏上したことを意識したものであると考えられるが、さらに、翌年の五月二六日条の四王寺建立の件と一連のものととらえてよいと思われる。つまり、新羅の対馬襲撃という状況に対して、まず、同年の十一月の段階で軍律の強化と神祇による鎮護を祈らせ、翌年の五月の段階で仏教による新羅調伏を祈らせたということである。このようにして、実際の軍隊のひきしめと神仏による精神面における防備とをおこない、新羅への対策の万全を期したものと考えられる。 このようにとらえて大過ないならば、四天王寺建立の命と前年の諸社への班幣とは、仏教的ということと神祇的といいうことの相違はあるものの次元的には同じものと認識することができよう。四天王寺建立を命じられた五ヵ国は、諸社奉幣を命じられた七ヵ国にすべて含まれるということも、質的に両社はほぼ同一であることを物語っていよう。このようにとらえ、しかも、韓国伊大氏社の創建が仏教面での四王寺建立と対応するものというふうに考えるならば、貞観八年二月一七日の「邑境の諸神」へ奉幣して鎮護を祈れという命が、出雲国の韓国伊大氏社の創建の引き金となったと推測することは時期的にもさほど不合理とはいえないであろう。したがって、韓国伊大氏神社の創建を四王寺の建立とほぼ同時期と想定することについては一応の妥当性はあると考えられる。

四 「同社坐」・「同社神」についての問題

 次に、韓国伊大氏神社につけられている同社坐・同社神・同社について考えてみることにする。いま、あらためて『延喜式』にみられる韓国伊大氏神社の表記に注目するならば、出雲国の意宇郡として、
   ①同社坐韓国伊太氏神社
   ②同社坐韓国伊大氏神社
   ③同社坐韓国伊大氏神社
とあり、出雲郡として、
   ④同社神韓国伊太氏神社
   ⑤同社韓国伊大氏神社
   ⑥同社韓国伊大氏神社

とみえる。つまり、これらの韓国伊大氏神社には、必ずその頭に同社坐もしくは同社(神)がついているということになる。このうち、同社と同社神とはすでにふれたように同様の意味としてよいと思われる。したがって問題なのは、同社坐と同社との関係についてということになる。この点についてのべるならば、従来、さほど厳密に意識されてこなかったように思われる。この間題に関しては、意宇郡の三社がみな同社坐で、出雲郡の三社がともに同社であることから、『出雲国風土記』の編纂時において各郡の間に表記の統一が不徹底であったという意見がでるかもしれないが、出雲郡には、同社と同社坐の双方の表記があるので、そう簡単にいい切ることもできない。その点では、同社坐と同社との相違に注意を向けられた石塚尊俊氏の指摘は重要である。しかし、いまだに両者の相違については問題が多く残されているといえよう。  このように同社坐と同社との関係については、簡単にのべることのできない問題であるが、まず、同社坐に関しては、相殿神と考えてよいと思われる。たとえば、『延喜式』神名帳の出雲国意宇郡をみると、

 ①玉作湯氏神社
 ①同社坐韓国伊太氏神社

 ②揖夜神社
 ②同社坐韓国伊大氏神社

 ③佐久多神社
 ③同社坐伊大氏神社

という関係がみられる。ここにみられる①の韓国伊太氏神社は、玉作湯神社の相殿神と思われる。つまり、韓国伊太氏神社としての独自の社殿をもってはおらず、玉作湯神社に共に祭られているという形態をとっていたと思われる。しかし、この場合、玉作湯神社の祭神である櫛明玉神に対して従配もしくは合祀されているというのではなく、韓国伊太氏神社という二社の扱いをされていたということである。こうしたことが、『延喜式』の同社坐となったのではなかろうか。②、③の場合も①と同じ事情と考えられる。

 これに対して、同社の場合はどうであろうか。『延喜式』神名帳の出雲郡をみると、

 ④阿須伎神社
 ①同社韓国伊太氏神社

 ⑤出雲神社
 ②同社韓国伊大氏神社

 ⑥曽枳能夜神社
 ⑥同社伊大氏神社

という関係がみられる。この場合は、韓国伊大氏神社は境内社として存在していたのではないかと思われる。たとえば、④についてみると、韓国伊太氏神社は阿須伎神社の境内地に祭られていたということになる。しかし、阿須伎神社とは別に、独自の社殿を形成していたと思われる。このような存在形態が、同社とされた韓国伊大氏神社の実像ではなかったかと推測される。

揖夜神社本殿、手前は同社坐韓国伊太氏神社

 以上のようにとらえるならば、同社坐韓国伊大氏神社は独自の社殿をもっていないという点において、また、同社韓国伊大氏神社は他神の境内地に鎮座しているという点において共に完全に独立して存在している神社とはいえない。このことは、一見すると仏教的な面で新羅調伏のために建立された四王寺と質的に同類とみることはできないように思われる。しかし、ここで、再度、四王寺の建立を命じた『日本三代実録』の貞観九年五月二六日条をとりあげてみたい。

 造八幅四天王像五鋪。各一鋪下伯耆。出雲。石見。隱岐。長門等國。下知國司曰。彼國地在西極。堺近新羅。警之謀。當異他國。宜歸命尊像。勤誠修法。調伏賊心。消却變。仍須點擇地勢高敞瞼瞰賊境之道場。若素无道塲。新擇善地。建立仁祠。安置尊像。請國分寺及部内練行精進僧四口。各當像前依勝王經四天王護國品。晝轉經卷。夜誦神咒。春秋二時別一七日。清淨堅固。依法薫修。

 これが該当条である。これによると、八幅の四天王像を五鋪つくり、それぞれ一鋪ずつを伯耆・出雲・石見・隠岐・長門の五カ国に安置することを命じている。そして、国司に対して、「彼国地は西の極に在りて、境は新羅に近く、警備の謀、他国と異なるべし」として「宣しく尊像に帰命し、勤誠にして法を修し、賊心を調伏し、災変を消却すべし」とさとしている。さらに、「地勢高廠にして賊境を瞼瞰する」ところにある道場、すなわち寺院を探すようにと指示している。そして、もしそのような寺院がない場合には、新たにふさわしい場所をえらび「仁祠」を建立して四天王像を安置せよとのべ、そこに「国分寺及び部内の練行精進の僧四口を請じ、各々の像の前に最勝王経、四天王護国品に依りて、昼は経巻を転じ、夜は神呪を誦へ、春秋の二時には別に一七日、清浄堅国にして法に依りて薫修すべし」と命じている。これが四王寺の建立ということになるのであるが、ここで、その設置の基準というか状態について注目してほしい。国家は、まず、地形的に高くなっていて見晴らしがよく、賊境を見おろすことができるような寺院を選べといっている。そして、そうした条件にあてはまるような寺院がないときには、新たにそうした条件をみたすようなところに仁祠を建立して四天王像を安置せよといっているのである。つまり、四王寺ははじめから新しく建立することを前提にしたものではない。ということである。適当な寺院がある場合には、そこに四天王像を安置し、四王寺とするわけであり、そうした寺院のないときにはじめて、新たに四王寺を建立することになるのである。その場合にも「仁祠」とあることから推測できるように、それほど大きな寺院ではなく、比較的、小規模なものであつたであろうと思われる。 このようにみるならば、同社坐もしくは同社という条件がついた韓国伊大氏神社と四王寺とは規模的にもほぽ同質ということができ、両者は対応しているといってよいのではあるまいか。つまり、韓国伊大氏神社への扱いがいやに低いようにみうけられるが、四王寺についても建立の命をよくみていくならば、韓国伊大氏神社と同様な措置がとられていることに気がつく。こうしたことの理由としては、ひとつには経済的な要因もあげられようが、それよりも状況的にさしせまっており、新しく建立する時間が惜しいといった事情があると考えられる。

五 「伊大氏」の意味について

 最後に、伊大氏神の「伊大氏」に注目してその神の性格について考えてみたい。そもそも、韓国伊大氏神社に祭られている神を伊大氏神としたのは、播磨国の飾磨郡の式内社として射楯兵主神社(二座)があることによる。つまり、韓国は文字通り朝鮮半島、すなわち当時の新羅のことであり、「伊大氏」は「射楯」と考えるわけである。このようにとらえるならば、韓国伊大氏神社の伊大氏神の性格を規定する上で、播磨国の射楯兵主神社の射楯神の性格は重要である。そこで、『播磨国風土記』の飾磨郡因達里の条をみるならば、

 因達里土中々 右称因達者 息長帯比売命 欲平二韓国 渡坐之時 御々船前 伊太代>之神 在於此処 故因神名 以為里名
とある。因達里の地名由来は、息長帯比売命、すなわち神功皇后が韓国(新羅を平定するために朝鮮半島へ渡ったとき、船前に立って導いた伊太代神がこの地に鎮座しているからであるという。神名がもとになって里名ができたとしている。

20068717228609

中臣印達神社

 ここにみえる伊太代神が射楯兵主神社の射楯神である。因達里の条の伊太代神、すなわち射楯神は、朝鮮半島へ向かう神功皇后の軍船を誘導する航海神としての性格をみせているが、単なる航海神というのではなくて軍船を守護する武神・軍神としての性格もあり、むしろこちらの方が濃厚と考えられる。『播磨国風土記』にみられる伊太代神は音を漢字に移したものであるが、射楯神という表記からはこの武神・軍神としての要素がよく読みとれるであろう。射楯神の「楯」はいうまでもなく敵が射った矢を防ぐための兵器であり、敵から自らを守るためのものである。したがって、射楯神の表記である「射楯」からは、敵から自らを守護するという意味を読みとることができ、『播磨国風土記』の因達里の条にみられる伊太代神の伝承を象徴しているといえるであろう。

射楯兵主神社

 射楯神にはこのように、神功伝承との関係がみられるが、このことは同時に、射楯神と韓国との関係性についてもいうことができよう。このようにのべると、『播磨国風土記』の伝承も『記紀』の影響を受けたもので、創作されたものではなかろうかという疑問がでてくるかもしれない。たしかに神功伝承は、『記紀』の編纂者によってまとめあげられたものであろうが、このことがただちに『播磨国風土記』のこの伝承も『記紀』の影響下にあるとはいえないと考えられる。というのは、『播磨国風土記』の成立は、和鋼六年(713)の『風土記』の撰進の命が出されて程なくの時期と推測されており、『日本書紀』の完成以前と考えられるからである。『播磨国風土記』の伝承と『記紀』の伝承との関係を早急にのべることはつつしまなければならないであろうが、『記紀』にみられる神功伝承が形成されるさいに、『播磨国風土記』にみられる伝承が史料として使われたということも考えてよいであろう。 『播磨国風土記』の因達里の条で注目したいもうひとつの点は、ここにみられる伊太代神(射楯神)が、通説として説かれている五十猛神との関係についてまったくふれていないということである。もし、通説のごとくであれば、因達里の条は神功伝承よりもスサノオ伝承がみられるのではなかろうか。しかし、因達里の条はみたように、スサノオ伝承についてはまったくふれるところがない。このことは、とりもなおさず「イタチ」と五十猛神との関係は考えられないということになるであろう。 以上のように、『播磨国風土記』の因達里の条の検討から伊太代神には、韓国(新羅との関係性がみられた。しかもそれは軍事的関係であり、伊太代神は軍船の前に立って軍勢を韓国(新羅)から守るという役割を果たしている。こうした関係は、貞観期の日本と新羅との関係にも通じるところがあるように思われる。もっとも貞観期の場合は、日本が新羅を攻めるというのではなく、新羅の海賊などがしばしば日本を襲うということであり、いわば神功伝承とは攻守ところをかえているといえる。しかしながら、新羅から日本を守護するという存在が必要な点においては同じであり、貞観期に韓国伊大氏神社が創建される必然性は十分にあると考えられる。そして、伊大氏神を射楯神と把握することも、以上の点から納得することができるであろう。

結 語

 従来、さほど検討されることもなく、通説化していた韓国伊大氏神社についてあらためて検討を加えてみた。上田正昭氏からいただいたご教示に導かれて、かつてのべた拙論を再度みつめなおすことができた。結果的には、韓国伊大氏神社は、射楯神を祭る神社であり、四王寺の建立とほぽ同時期の貞観期に建立されたものであり、当時の対新羅関係の悪化という背景のなかで日本を新羅から守るという目的で建立されたという、かつての自説を補強することになった。上田氏のご教示に深く感謝申しあげると共に、未熟ゆえにいただいたご教示を十分にふまえていないのではないかという恐れもあるがいまはひとまず擱筆することにする。

 注

 (1) 千家俊信『出雲国式社考』 (岩政信比古校定『神祀全書』五所収
 書名     スサノオ神の表記法        スサノオ神の降りた場所    備考
古事記      (速)須佐之男命     出雲国の肥の河上の烏髪の地
日本書紀本文    素戔鳴尊        出雲国の簸の川上
日本書紀第一の一書 素戔鳴尊        出雲国の簸の川上
日本書紀第二の一書 素戔鳴尊        安芸国の可愛の川上
日本書紀第三の一書 素戔鳴尊        場所については明記していない
日本書紀第四の一書 素戔鳴尊        新羅を経て出雲国の簸の川上の鳥上の峰 五十猛命をひきいて新羅に渡る
日本書紀第五の一書 素戔鳴尊        韓郷から紀伊国を経て熊成峯 五十猛命・大屋津姫・抓津姫が登場

(2) スサノオ神の出雲降りについての『記紀』 の記述をまとめると上のような表になる。この表から明らかなように、スサノオ神と朝鮮半島との関係がみられ、五十猛神が姿をみせるのは、『日本書紀』の第四の一書と第五の一書である。たとえば、第四の一書には、「素戔鳴尊所行無状。故諸神科以千座置戸而遂逐之。是時。素戔鳴尊帥其子五十猛神。降到於新羅國。居曾尸茂梨之處。乃興言曰。此地吾不欲居。遂以埴土作舟乘之東渡。到出雲國簸川上所在鳥上之峯。時彼處有呑人大蛇。素戔鳴尊乃以天蝿斫之劔斬彼大蛇。時斬蛇尾而刃缺。即擘而視之。尾中有一神劔。素戔鳴尊曰。此不可以吾私用也。乃遺五世孫天之葺根神上奉於天。此今所謂草薙劔矣。初五十猛神天降之時。多將樹種而下。然不殖韓地盡以持歸。遂始自筑紫。凡大八洲國之内莫不播殖而成青山焉。所以稱五十猛命爲有功之神。即紀伊國所坐大神是也。」

と記されている。これによると、スサノオ神の御子神である五十猛神は、スサノオ神にひきいられて天降りし、新羅国の曽尸茂梨に到ったことになっている。このとき五十猛神は多くの樹種をもっていたが韓地には植えずに大八洲国に渡り、筑紫から始めて国中に青山を成したので有功の神とされ、紀伊国の大神として鏡座しているとされている。また、第五の一書をみると、「素戔鳴尊曰。韓郷之嶋。是有金銀。若使吾兒所御之國。不有浮寶者。未是佳也。乃拔鬚髯散之。即成杉。又拔散胸毛。是成桧。尻毛是成[木皮]眉毛是成 樟。已而定其當用。乃稱之曰。杉及[木豫]此兩樹者。可以爲浮寶。桧可以爲瑞宮之材。[木皮]以爲顯見蒼生奥津棄戸將臥之具。夫須[口敢]十木種皆播生。于時素戔鳴尊之子。號曰五十猛命。妹大屋津姫命。次採津姫命。凡此三神亦能分布木種。即奉渡於紀伊國也。然後素戔鳴尊居熊成峯。而遂入於根國者矣。』棄戸。此云須多杯。[木皮]此云磨紀。」

Inuyasha_3_640_4

とある。これによると、スサノオ神が韓郷の島は金銀が豊富であるといい、さらに吾が児の支配する国に船がないのはよろしくないといって自らの身体の毛を抜いて木々にかえたとある。この時、スサノオ神の御子神である五十猛命、大屋津姫命、抓津姫命の三神もまた、木種を蒔いたとされる。そして、この三神は紀伊国へ渡ったことになっている。このように、『日本書紀』の第四・第五の一書にはスサノオ神の天降りにさいして、朝鮮や御子神の五十猛神のことが記されている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

諏訪大社について

諏訪大社

諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社。信濃国一宮で名神大社。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社の本社である。その起源は定かではなく、国内にある最も古い神社の一つとされている。

概要

平安時代 - 江戸時代を通じて上社では諏訪氏が、下社では金刺氏が大祝を務めた。末社は2万5000社に及び神社本庁別表神社として宗教法人諏訪神社によって運営されている。通称、「諏訪さま」、「諏訪大明神」等とも呼ばれる。延喜式において古代においては神社の中の最高位である名神大社とされていた。1871年(明治4年)に国幣中社、1896年(明治29年)に官幣中社となり、1916年(大正5年)に官幣大社となって、1948年(昭和23年)に諏訪大社の号が用いられるようになった。現在、氏子・崇敬者の総人口は日本国内に10万人~50万人、国外に数百人いるといわれている。

Kant1680

諏訪湖の南側に上社(かみしゃ)本宮・前宮の2宮、北側に下社(しもしゃ)春宮・秋宮の2宮があり、計4つの宮から成る。社殿の四隅に御柱(おんばしら)と呼ぶ木の柱が立っているほか社殿の配置にも独特の形を備えている。

別名を南宮とも言い、諏訪大社、南宮大社、敢国神社の3社は何らかの関係がある様で、諏訪大社を本山、南宮大社を中の宮、敢国神社を稚(おさな)き児の宮と呼ぶという。

『梁塵秘抄』に「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」と謡われている通り、軍神としても崇拝された。また、中世に狩猟神事を執り行っていたことから、狩猟、漁業の守護祈願でも知られる。[1]

祭神

上社

建御名方命(たけみなかたのみこと)
八坂刀売命(やさかとめのみこと)
下社 上社の2柱の他に
御兄八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
本来の祭神は出雲系の建御名方ではなくミシャグチ神、蛇神ソソウ神、狩猟の神チカト神、石木の神モレヤ神などの諏訪地方の土着の神々であるとされる。なお、上記の神々は現在は神性が習合・混同されているため全てミシャグチか建御名方として扱われる事が多く、区別されることは非常に稀である。神事や祭祀は今尚その殆どが土着信仰に関わるものであるとされる。

記紀神話が伝えるところでは、天照大神の孫、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨に先立ち、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が、出雲を支配していた大国主命に国譲り、つまり出雲王朝の支配権を譲渡するように迫ったという。これに対して、大国主の長男である建御名方命が、国譲りに反対し、武甕槌命と相撲をしたが負けてしまった。そこで建御名方命は諏訪まで逃れ、その地で王国を築いたという。諏訪大社の起源は、この神話にあるといわれている。

Inuyasha_13_640

というのも、この神話が天皇家を中心とする律令制国家の成立の過程で、政治的な理由のために、後から作り上げられたものであるとする説がほぼ確定しているためである。本来は古来から信仰されていた土着の神(国津神)であり、その縄文時代以来の土着信仰は、御柱祭などの諏訪神社の祭祀行事全般に名残を残している。

この御柱であるが、それ以前のミシャグチ信仰の石柱との関連性があるという説が有力である。神長官守矢によると御柱はミシャグチを降ろす依り代であるとの事。また富士見町の御射山(みさやま)や松本市の三才山(みさやま)などの地名は、このミシャグチ信仰が地名として残ったものとも言われている。

尚、八幡や住吉など他の信仰にも見られるように個々の祭神が意識される事は少なく、纏めて「諏訪大明神」として扱われる事が殆どで他に「お諏訪様」、「諏訪大神」などと呼ばれている。

社格

延喜式神名帳 名神大 南方刀美神社(みなかたとみのかみのやしろ)
信濃国一の宮
国幣中社(明治4年)
官幣中社(明治29年)
官幣大社(大正5年)
神社本庁別表神社

社殿・宮

上社

前宮(まえみや):長野県茅野市宮川
本宮:長野県諏訪市中洲宮山
下社
春宮(はるみや):長野県諏訪郡下諏訪町下ノ原
秋宮(あきみや):長野県諏訪郡下諏訪町武居

前宮

諏訪明神の信仰の原点といわれる。宮のみあるが、現在神体は祭られていない。御頭祭(後述)において、十間廊が使用される。

前宮 幣拝殿

本宮

御神体は守屋山。諏訪造とよばれる幣拝殿の左右に片拝殿が並ぶ独自配置であり、参道から見ると本道がそっぽ(横)に向いているため、「大きく願いごとをしなければ聞いてくれない」と言われている。

A44781bf2165250c18d81f6e

本宮 幣拝殿

春宮

毎年2月~7月に神体が祭られている。参道の途中にある太皷橋は、別名を下馬橋といわれ、室町時代の造りであり、身分に拘わらず馬から下りて渡らなければならないとされた。境内の造りは秋宮によく似ている。

春宮 鳥居

春宮 幣拝殿

春宮 結びの杉

春宮 下馬橋

秋宮

毎年8月~翌1月に神体が祭られている。よって、初詣は秋宮で行われる。中仙道の宿場町である下諏訪に鎮座、温泉の湧出地で、境内にも御神湯がある。正面には「根入りの杉」、奧に神楽殿、幣拝殿、左右片拝殿が並ぶ。

神事

諏訪大社式年造営御柱大祭

詳細は「御柱祭」を参照

寅年と申年に、樅を山中から切り出し、各社殿の四方に建てて神木とする祭。諏訪大社の最も重要な祭りである。

御神渡

詳細は「諏訪湖#御神渡」を参照

御神渡(おみわたり)とは、男の神がいる上社から、女の神がいる下社へ行く際に通ったとされる湖面の氷の盛り上がり現象。同様の現象は摩周湖等でも起きる。2003-04年のシーズンも現象が確認され、御柱の盛り上がりを高めた。なお、御神渡りの神事は、諏訪市の縣社八剱神社の宮司によって執り行われる。

蛙狩神事

蛙狩神事とは、元日の朝に上社本宮で行われる神事である。付近の川で冬眠している蛙を捕らえ、生贄として神前に供える。

御頭祭

御頭祭とは、4月15日に上社で行われるお祭りのことである。別名「酉の祭り」「大御立座神事(おおみたてまししんじ)」「大立増之御頭」と言われている。 現在では、鹿や猪の頭の剥製が使われているが、江戸時代に菅江真澄の残した資料に、白い兎が松の棒で串刺しにされたものや鹿や猪の焼き皮と海草が串に刺さって飾られていたり、鹿の「脳和え」「生鹿」「生兎」「切兎」「兎煎る」鹿の五臓などが供され、中世になると鹿の体全体が供され、それを禽獣の高盛呼んだといういわゆる生贄に関しての内容が残っている。また御頭祭に関して、諏訪大社七不思議の一つとして、耳裂鹿というものがある。これは前にも述べた生贄の鹿の中で、必ず耳が大きく裂けた鹿がいるというものであるという。

5587

御舟祭

御舟祭(おふねまつり)とは、下社の例大祭で8月1日に開催される。神体を舟(柴舟)に乗せて春宮から秋宮へ遷座する祭。舟は南北朝時代に書かれた『諏訪大明神絵詞』には「鉾山」と書いてあり、江戸時代から「御舟」と呼ばれるようになったらしい。舟の上には翁、媼とみられる人形が乗せられる。 なお、2月1日に開催される遷座祭は、秋宮から春宮への遷座であるが、あまり大きく行われない。諏訪地域は海から遠く、なぜ舟が出てくるのか不明である。「海の近くにいた神様が諏訪へ逃れた」という説や「健御名方神が妃神とともに諏訪の湖に舟を浮かべ周辺の作物の出来不出来を判じた」という説などがある。

御射山祭

御射山祭(みさやまさい)とは、上社の狩猟神事。中世には年四回八ヶ岳の裾野で巻き狩り祭を行い、御射山祭はその中で最も長く五日間続いた。青萱の穂で仮屋を葺き、神職その他が参籠の上祭典を行なうことから「穂屋祭り」の名称もある。鎌倉時代に幕府の命で御射山祭の費用を信濃の豪族に交代負担することが決められ、参加する成年期の武士(と馬)はこの祭で獲物を射止めることで一人前の武士、成馬として認められたという。またこの祭の起こりとして南北朝時代の神道集『諏訪大明神秋山祭のこと』では「平安時代初期、坂上田村麻呂が蝦夷征討のため信濃まで来た際、諏訪明神が一人の騎馬武者に化身して軍を先導し、蝦夷の首領悪事の高丸を射落としたので田村将軍がとどめを刺すことが出来た。将軍がこの神恩に報いるため悪事の高丸を討ち取った日を狩猟神事の日と定め、御射山祭の始めとなった。この縁日(旧暦7月27日)になると討ち取られた高丸の怨霊が嵐を起こすといわれる」という伝説を伝えている。現在はこの祭はずっと小規模になっている。

文化財

重要文化財

諏訪大社上社 6棟(本宮幣殿、本宮拝殿、本宮左右片拝殿、本宮脇片拝殿、本宮四脚門)
諏訪大社下社 7棟(春宮幣拝殿、春宮左右片拝殿、秋宮幣拝殿、秋宮左右片拝殿、秋宮神楽殿)
太刀 無銘 - 1960年盗難
太刀 銘忠吉 - 1960年盗難
銅印 印文「賣神祝印」
その他
算額(上社) 明治12年(1879年)2月 伊藤定太門人奉納
算額(下社) 慶応4年(1886年)9月 伊藤定太清澄門人奉納

http://park14.wakwak.com/~systemheart/suwataisya/

http://yujiwatanabe.hp.infoseek.co.jp/h-suwa.htm

ナギ様とざんげ様のお隣にいらした青葉 つぐみ様はやはりここがお似合いですね!(途中イメージを変更しと事お許し下さい!)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

出雲大社について

出雲大社

出雲大社(いずもおおやしろ、いずもたいしゃ)は島根県出雲市にある神社である。式内社(名神大)、出雲国一宮で、旧社格は官幣大社。近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。 古来より「国中第一之霊神」として称えられ、その本殿は「天下無双之大廈」と評された。縁結びの神様としても知られ、神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まり神議が行われる(神在祭 旧暦10月11日~17日)。正式名称は「いずもおおやしろ」であるが、一般には「いずもたいしゃ」と読まれる。

由緒

日本神話によれば、大国主神が天津神に国譲りを行う際、その代償として、天孫が住むのと同じくらい大きな宮殿を建ててほしいと求め、造営されたのが出雲大社の始まりであるという。古代より杵築大社と呼ばれていたが、明治4年(1871年)に出雲大社と改称した。延喜式神名帳には「出雲国出雲郡 杵築大社」と記載され、名神大社に列している。神階は貞観9年(867年)に正二位まで昇った。江戸時代には社領五千石を有していた。明治4年に官幣大社に列格し、大正時代に勅祭社となった。現在は神社本庁の別表神社となっている。

Kanz1680

創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。 現在の宮司は84代国造千家尊祐で國學院大學を卒業後太宰府天満宮を経て出雲大社禰宜→権宮司と昇格し平成14年(2002年)宮司に就任し翌年神社本庁より神職身分特級を拝受している。 また、宮司の正服の紋様は神社本庁の定める黒綾文輪なし裏同色平絹ではなく黒綾にご神紋である二重亀甲剣花角の文様を練り込んだものであり他に類を見ない。 現在も、天皇家の者といえども本殿内までは入れないしきたりを守り続けている。

創建伝承

出雲大社の創建については、日本神話などにその伝承が語られている。以下はその主なものである。

大国主神は国譲りに応じる条件として「我が住処を、皇孫の住処の様に太く深い柱で、千木が空高くまで届く立派な宮を造っていただければ、そこに隠れておりましょう」と述べ、これに従って出雲の「多芸志(たぎし)の浜」に「天之御舎(あめのみあらか)」を造った。(『古事記』)
高皇産霊尊は国譲りに応じた大己貴神に対して、「汝の住処となる「天日隅宮(あめのひすみのみや)」を、千尋もある縄を使い、柱を高く太く、板を厚く広くして造り、天穂日命をに祀らせよう」と述べた。(『日本書紀』)
所造天下大神(=大国主神)の宮を奉る為、皇神らが集って宮を築いた。(『出雲国風土記』出雲郡杵築郷)
神魂命が「天日栖宮(あめのひすみのみや)」を高天原の宮の尺度をもって、所造天下大神の宮として造れ」と述べた。(『出雲国風土記』楯縫郡)
垂仁天皇の皇子本牟智和気(ほむちわけ)は生まれながらに唖であったが、占いによってそれは出雲の大神の祟りであることが分かり、曙立王と菟上王を連れて出雲に遣わして大神を拝ませると、本牟智和気はしゃべれるようになった。奏上をうけた天皇は大変喜び、菟上王を再び出雲に遣わして、「神宮」を造らせた。(『古事記』)
斉明天皇5年、出雲国造に命じて「神之宮」を修造させた。(『日本書紀』)[1]
伝承の内容や大社の呼び名は様々であるが、共通して言えることは、天津神(または天皇)の命によって、国津神である大国主神の宮が建てられたということであり、その創建が単なる在地の信仰によるものではなく、古代における国家的な事業として行われたものであることがうかがえる。

また、出雲大社の社伝においては、垂仁天皇の時が第1回、斉明天皇の時が第2回の造営とされている。

祭神の変化

出雲大社の祭神は大国主大神であるが、17世紀以前は祭神が素戔嗚尊[2]であった。それを示す記録が複数存在する。14世紀に「当社大明神は天照大御神之弟、素戔嗚尊也。八又の大蛇を割き、凶徒を射ち国域の太平を築く。」と杵築大社(出雲大社)の由来が記され、寛文6年(1666年)毛利綱広が寄進した銅鳥居に刻まれた銘文には「素戔嗚尊者雲陽大社神也」とある。

さらには、鎌倉時代から神仏習合の影響で天台宗の鰐淵寺と関係が深まり、別当寺も兼ねた鰐淵寺の僧侶が経所で大般若経転読を行い、社殿では読経もした[3]。また、江戸時代初期には社僧が寺社奉行と杵築大社(出雲大社)の運営管理に関する交渉を実施していた。しかしながら、杵築大社(出雲大社)内は仏堂や仏塔が立ち並んで神事が衰微したため、17世紀の寛文年間の遷宮時に出雲国造家が神仏分離・廃仏毀釈を主張して寺社奉行に認められ、寛文4年から寛文5年にかけて仏堂や仏塔は移築・撤去され、経蔵は破却された[3]。併せて祭神は素戔嗚尊から大国主大神に改められた。

施設

本殿

現在の本殿は延享元年(1744年)に作られた。高さは8丈(およそ24m)で、これも神社としては破格の大きさであるが、かつての本殿は現在よりもはるかに高く、中古には16丈(48m)、上古には32丈(およそ96m)であったと伝えられる。その伝承より想定される形は大変不思議なもので、空に向かって延びた何本もの柱の上に社が建つというものであった。この想定は東大寺大仏殿(当時の伝承によれば十五丈・45m)や平安京大極殿より巨大であったとされる。これは平安時代に源為憲によって作られた「口遊」で数え歌に歌われている(雲太、和二、京三=出雲太郎、大和次郎、京三郎[4])ことを元にしている。16丈の建築物が古代において建造可能であったのかに疑問を呈する意見もあるが、実際に何度も倒壊したという記録があり、当時の技術レベルを超えて建築された可能性は否定出来ない。上古32丈についても、山の頂上に建てられ、その山の高さであると考えれば、不自然では無いという意見もある。平成12年(2000年)、地下祭礼準備室の建設にともなう事前調査に際し、境内からは勾玉などの他、巨大な柱(1本約1.4mの柱を3本束ねたもの)が発掘された。古代社殿の柱ではと注目を集めたが、中世の遺構で現在とほぼ同大平面であり、柱の分析や出土品からも宝治2年(1248年)造営の本殿である可能性が高まった。

122978976341016129105_29

荒垣内摂社

大神大后神社(御向社) -- 式内名神大社(同社坐大神大后神社)。大国主の正后・須勢理毘賣命を祀る。
伊能知比賣神社(天前社) -- 式内社(同社坐伊能知比賣神社)。大国主が亡くなったときに蘇生を行った蚶貝比賣命・蛤貝比賣命を祀る。
神魂御子神社(筑紫社) -- 式内社(同社坐神魂御子神社)。大国主の妻・多紀理毘賣命を祀る。
素鵞社 -- 式内社(出雲神社)。父(または祖先)の素戔鳴尊を祀る。
氏社(天穂日命)
氏社(宮向宿彌)
門神社(宇治神・久多美神)  
釜社(宇迦之魂神)
十九社(東西に2つ) -- 八百萬神を祀る。神在祭の際、神々の宿舎となる。

荒垣外摂末社

神魂伊能知奴志神社(命主社) -- 式内社(同社神魂伊能知奴志神社)。神産巣日神を祀る。
阿須伎神社(阿式社) -- 式内社。子の阿遲須伎高日子根命を祀る。
大穴持御子玉江神社(乙見社) -- 式内社(同社大穴持御子玉江神社)。子の下照比賣命を祀る。
大穴持御子神社(三歳社) -- 式内社(同社神大穴持御子神社)。子の事代主神・御年神・高比賣命を祀る。
上宮(素戔鳴尊・八百萬神) -- 神在祭の際、神々の会議所となる。
出雲井社(岐神)
大穴持伊那西波岐神社 -- 式内社(同社大穴持伊那西波伎神社)。国譲りの際に事代主のもとに使者として向かった稻背脛命(いなせはぎのみこと)を主祭神とし、白兔神を配祀する。
因佐神社(建御雷神)
湊社(櫛八玉神)
下宮(天照大御神)
大歳社(大歳神)
祓社(祓戸四柱神)

その他

神楽殿の南側には高さ47mの国旗掲揚台があり、日本国内で最大の日章旗(日本の国旗)が掲げられている。国旗の大きさは畳75枚分、重さは約50kgに達する。通常は朝掲揚され夕方に奉降されるが悪天候時にはこれを行わない場合がある。
神楽殿の東側には唱歌「一月一日」の歌碑が建っている(同唱歌を作詞した千家尊福は出雲大社第80代出雲国造である)。

文化財 [編集]

建造物

国宝

「出雲大社本殿(附 内殿、棟札)」 - 1900年(明治33年)4月7日重要文化財(当時の国宝)に指定。1952年(昭和27年)3月29日国宝に指定。
重要文化財
「出雲大社」 - 2004年(平成16年)7月6日指定。重要文化財「出雲大社」として、以下の社殿21棟および鳥居1基が一括指定されている。
楼門
神饌所(2棟)
玉垣
摂社大神大后(おおかみおおきさき)神社本殿
摂社神魂御子(かみむすびみこ)神社本殿
摂社神魂伊能知比売(かみむすびいのちひめ)神社本殿
摂社門神社本殿(2棟)
八足門(やつあしもん) - 蛙股の「瑞獣」や流麗な「流水文」などの彫刻は『左甚五郎』の作と伝えられる。
観祭楼及び廻廊
西廻廊
瑞垣
摂社素鵞(そが)社本殿
摂社氏社本殿(2棟)
末社釜社本殿
末社十九社本殿(2棟)
宝庫
会所
銅鳥居 - 出雲国造家と同じく、天穂日命を祖とする 長州藩第3代藩主 毛利綱広(大江氏)の寄進(寛文6年、1666年)。

美術工芸品

国宝

「秋野鹿蒔絵手箱」
重要文化財
赤糸威肩白鎧 兜 大袖付
太刀 銘光忠(附 糸巻太刀拵)
紙本墨書後醍醐天皇王道再興綸旨(元弘三年三月十四日 )
紙本墨書後醍醐天皇宸翰宝剣代綸旨(三月十七日)
紙本墨書宝治二年遷宮儀式注進状(建長元年六月)
硬玉勾玉
銅戈

無形文化財

選択無形民俗文化財「出雲の火鑚習俗」

出雲国造家

出雲大社の祭祀者である出雲国造家は、南北朝時代に「千家」と「北島」の二家に分裂し、その祭事は両家が二分して行っていたが、現在は千家家が執り行っている。

またそれぞれ大国主大神を主祭神とする宗教団体として、千家家が出雲大社教、北島家が出雲教を主宰している。

祭事

1月
元旦 - 大饌祭(大御饌祭)
3日 - 福迎祭
5日 - 説教始祭
旧暦元旦 - 福神祭
旧暦1月28日 - 杓子祭
2月17日 - 祈穀祭
4月1日 - 教祖祭
5月
14日 - 例祭(大祭礼) 勅使参向 この祭りにのみ神職は正服を着装し奉仕する
15日 - 例祭(大祭礼) 二之祭
16日 - 例祭(大祭礼) 三之祭
6月1日 - 凉殿祭(真菰神事)
8月
5日 - 爪剥祭
6-9日 - 出雲大社教大祭
14日 - 神幸祭(身逃神事)
旧暦10月
10日 - 神迎祭
11日?17日 - 神在祭(御忌祭)
11月23日 - 献穀祭・古伝新嘗祭
12月
15日 - 謝恩祭・勧農祭
20日 - 御煤払
23日 - 天長節祭
31日 - 大祓・除夜祭

また、出雲大社の最大の特徴として日供祭が挙げられる。日供祭は通常どの神社でも朝と夕に神様に食事を差し上げる祭りをやるのだが、出雲大社では毎日宮司が自らこれを行う建前である。大概の神社では当番で一人にて奉仕するものであるが出雲大社ではあくまでも大国主命のお祭りは天穂日命が行うという神代よりの掟に従い宮司が7、8人の神職を従えて奉仕するのが基本であるが、実際にはしばしば代理の神職により奉仕される。

122978968338016222779_kanjifilename

交通

最寄駅:一畑電車大社線・出雲大社前駅
JR出雲市駅から一畑バスで25分(運賃は大人510円)※便によっては28分かかる便もあり。
一畑電車電鉄出雲市駅から出雲大社前駅まで25分(運賃は大人480円)※川跡駅で乗換

周辺情報

日御碕
日御碕神社 : 出雲大社の祭神 「大国さま」の 「祖神さま(おやがみさま)」にあたる 「素戔鳴尊」や「天照大神」を祭る。 日御碕神社・社家の「小野家」は、戦前は出雲大社の千家・北島両家や、石見一ノ宮の物部神社・社家の「金子家」と並び、全国14社家の社家華族(男爵)の一つに列する格式を有していた。
出雲日御碕燈台 : 日御碕の突端に立ち、日本一の灯塔の高さを誇る石造灯台。
島根県道29号大社日御碕線 : 出雲大社(出雲市大社町)と日御碕を結ぶ海沿いの道。 冬は、海が時化る(しける)と「潮被り」の道となり、安全に「冬の日本海」を体感できる コースとなっている。 晴れると、出雲神話の舞台である、稲佐の浜や三瓶山が見渡せる。
経島(ふみしま):「経島ウミネコ繁殖地」は、国の天然記念物。日御碕神社のすぐ裏手にあり、冬季は、「ニャー、ニャー」というウミネコたちの鳴声や、鄙びた風情の漁港に、冬の日本海の風情を体感できるスポットとなっている。
稲佐の浜
大社駅
鰐淵寺
真名井社家通り : 大社東隣、北島家国造館前の社家居宅が立ち並ぶ通り。趣があり、下記の古代出雲歴史博物館への近道でもある。
島根県立古代出雲歴史博物館 : 出雲大社の東隣にあり、中央ロビーには、2000年に出雲大社境内から出土した、古代・中世高層神殿 巨大柱 『 宇豆柱 』(鎌倉前期)や、大社東方200mにある、命主社背後の古代祭祀遺跡(真名井遺跡)から出土した銅戈・勾玉(重要文化財)も展示されている。

関連項目

出雲国造
出雲国
古代出雲
出雲大神宮 - 丹波国一宮で「元出雲」を称した
出雲大社境内遺跡
出雲大社松山分祠
出雲大社大阪分祠
神社建築
国宝一覧
島根県立古代出雲歴史博物館
中国自然歩道
日本放送協会 - NHK総合・NHK教育のジャンクション映像で「君が代」共に掲揚されている日章旗はここにある国旗掲揚台で撮影されたものである。
江角マキコ - 職員のアルバイトをしていた
出雲大社教
出雲教
出雲駅伝 - 同大社はスタート地点になる

http://www.izumooyashiro.or.jp/

http://www.izumo-kankou.gr.jp/

出雲のお国御姉妹元気にされているのでしょうか?(正面から見て一番右の方はまた後で説明致します。)やはりお姉様は御伊勢新宮がお似合いですね!ざんげ様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »