« フレッシュプリキュア!について | トップページ | 機動戦士ガンダムSEEDについて »

ラクス・クラインさんについて

プロフィール

矢印右はSEED DESTINY時のデータ。

人種:コーディネイター(二世代目)
生年月日:C.E.55年2月5日
星座:水瓶座
血液型:B型
年齢:16歳→18歳
身長:158cm→160cm
体重:53kg→46kg
髪色:桃
瞳:水色
髪飾り:2枚の三日月を合わせたようなピン留め

4bc5002429955426d507420a

出身:プラント アプリリウス市

プラント最高評議会議長シーゲル・クラインの一人娘であり、また、美しい声を持つ歌姫としてプラント国民の間では絶大な人気を博している。その影響力もあってか、本人の意思とは別にユニウスセブン追悼慰霊団の代表を務めるなど公的行事にも度々参加していた。プラント国防委員長パトリック・ザラの息子アスラン・ザラの元婚約者でもあるが、これは両者の意思ではなくプラントの婚姻統制と両者の親同士の政治的配慮によるものと思われる。アスランからプレゼントされたハロを今でも大切にしており、特に最初にもらったピンク色のハロがお気に入りのようである(ラクスはそのハロの事を『ピンクちゃん』と呼んでいる)。平和を訴える歌姫としての側面を持つ一方で積極的に武力行使という手段を選択する場面も複数ある。福田己津央は、『DESTINY』放映終了後のインタビューで 「人類を救うためしなければならないと思ったことを実行して世界を丸く収めようとしたデュランダルを討ったキラ、ラクス側は若干正義から外れている」「デュランダルを悪役のように描いたのは演出上の問題であって自分自身はデュランダルを悪だと思っていない」「アスランはDESTINY終盤ラクス達と行動を共にしたが、彼女らの行いが本当に正しいかどうか常に疑念を抱いていた」といった、キラ、ラクス側が必ずしも絶対的な正義と呼べる存在ではないという旨の発言を行っている。

名前はラテン語で湖を意味するlacus(英語のlake)。

衣装

劇中、OP、ED含め、陣羽織のような和風の衣装、体の線が見えるほどの薄いドレスなどを着用している。
SEED

深刻な状況で発現状態になっているシーンがある。発現そのものの描写は劇中ではなく、関連ゲームで見られる。

1103659726_7e45770a37_b 

経歴

機動戦士ガンダムSEED

自由条約黄道同盟ZAFTの広告塔として歌やメッセージをプラント国民に送っていたが、彼女自身は「ZAFT(のメンバー)ではありませんわ」とのことである。ユニウスセブン追悼式典の準備のため視察に赴いていたところ地球連合軍に遭遇し、諍いから逃れる為緊急避難ポッドで脱出するも、物資補給のためユニウスセブンに寄っていたアークエンジェルに回収されキラ・ヤマトと出会う。その後ザフト軍との戦闘の最中、アークエンジェルの危機に人質として利用されるが、人質という手段に不満を抱いたキラによって連れ出され、ザフト軍のアスラン・ザラに引き渡される。その後、アスランとの死闘の末に重傷を負ったキラをマルキオ導師から託され、プラントの自邸に匿いながらキラに対して看護などを行なう。ザフト軍のオペレーション・スピットブレイク始動後、地球に戻ることを決意したキラにフリーダムを授けるが、その様子を監視カメラに捉えられてしまい、プラント最高評議会議長パトリック・ザラにより国家反逆の罪で指名手配犯にされる。クライン派の協力によって国民に反戦メッセージを送りつつ逃亡生活を続けるが、その途中父親シーゲル・クラインの訃報を受け取る。また、アスランと再会した際には真相を問い質してくる彼に対して逆に何を信じて戦うのかと反問、アスランのザフト離反の契機をなした。その後アンドリュー・バルトフェルド、マーチン・ダコスタらクライン派と共に高速戦艦エターナルを奪取、父と訣別したアスランを救出しプラントを脱出する。ヤキン・ドゥーエ防衛軍に追撃され窮地に陥ったところをフリーダムを駆るキラに救われそのままアークエンジェル、クサナギと合流、プラントでも連合でもない第三勢力としてキラやアスランたちと共に戦争終結のため尽力した。この時、結成された部隊に正式名称は存在しないが、俗称として三隻同盟という名称が存在する。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

停戦後はオーブ近海の島にあるマルキオ、キラ・ヤマトや孤児らと共に隠棲生活を送っていた。家事や子供の相手などの描写がある。やがてザフトの新鋭兵器を伴ったコーディネイターの暗殺部隊に襲撃される。更に自らの名を騙りつつプラントのために働くミーア・キャンベルの存在もあり、ギルバート・デュランダルへの疑念を持つに至る。キラやアンドリュー・バルトフェルド、マリュー・ラミアスらとともにアークエンジェルを拠点とし、スカンジナビア王国の保護を受けながら潜伏活動を開始した。カガリ・ユラ・アスハを連れ去った後説得して協力をとりつける、ザフトと連合軍の戦闘への武力介入、などを行い、プラントにも連合にも与しないで平和実現を目指した。プラントの情勢やデュランダルの真意を知るため宇宙へ上がった後は、前大戦後から秘匿していた高速戦艦エターナルを拠点とし、

377c27ddb841bfd48c10290a

「ファクトリー」「ターミナル」といったクライン派関連組織の協力の元、MSストライクフリーダムなど、オペレーション・フューリーからメサイア攻防戦に至るまで、クライン派の戦力の中核をなすMSの開発を指揮した。やがてデュランダルが新しい世界秩序を構築しようとしていると考えるに至る。オペレーション・フューリーによって戦場となったオーブに降下し、オーブを支援した。ザフト撤退後、世界に向けた放送でラクスを演じるミーアは偽者で、自分が真のラクス・クラインであること、デュランダルとジブリールの考えに賛同していない事を表明する。議長の思惑を阻止することを目指し、再び宇宙に上がり、ミーアと邂逅、彼女の死に直面し涙した。デュランダルがアルザッヘル基地に向けてレクイエムを使用した事によりデュランダルと戦う事を決意、エターナルに乗艦しオーブ、ザフト・クライン派による連合艦隊に協力し終戦までその指揮を執った。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS 〜選ばれた未来〜

オーブの慰霊碑前でキラ・ヤマトとシン・アスカの会話を横で見守る。メサイア陥落後オーブ、プラント両国間の仲介をし、停戦協議合意後プラント最高評議会の招聘を受けてプラントに戻り、イザーク・ジュールらと共に最高評議会議長らしき服装で(映像中では役職は明確に示されてはいない)プラント最高評議会に臨む。

備考

同作の音楽を担当した佐橋俊彦は、「交響組曲 機動戦士ガンダムSEED」で映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫をイメージした人物と語っている。 作中では、ラクスはキラの恋人であるが、アニメでラクスを演じた声優の田中理恵は、自分はキラよりもアスランの方が好きだと語っていたが、キラと恋人関係になってからはキラの方が好きと語っている。またラクスとミーアどちらが好きかという質問に対してミーアが好きと答えた。 SEEDにて、アスランとの婚約は破棄されたはずだが、実は支持率低下を恐れたパトリックによって公式な公表、手続きはされていなかった(口頭のみ)らしく、DESTINYでも2人は表向きは婚約者のままである様で、少なくともプラントの国民はそう認識していた。 小説版『SEED DESTINY』では、前作の活躍から「救国の歌姫」という英雄像が実際のラクス本人の姿から一人歩きしてしまっているされ、、ラクスのそのことの認識も描かれた。 アニメ雑誌の人気投票ではヒロインとして人気でもあるが、悪役としてキラと共に上位にランクインした事もある。

1301042054_63d2cb3a53_o 

各種ゲームにおける差異

ゲーム作品に登場するラクス・クラインはその作品独自の設定付けが非常に多い。これは角川小説版や漫画『ジ・エッジ』、『コミックボンボン』版やファンディスクなどのメディアミックス作品でも見られる現象である。

第3次スーパーロボット大戦α

戦争に心痛めるプラントの歌姫。アニメの設定のみが用いられており、ジャンク屋・クライン派などとの協力関係といった部分はこのゲームでは省略されている。また、エターナル、フリーダムの強奪はバルトフェルド他ごくわずかの仲間と共に起こした行動とされている。 アニメでは存在しなかった、「SEED」能力の発動カットインシーンが見られる。 「歌の力で戦争を止める」という点で、『マクロス7』の熱気バサラ・ミレーヌ・ジーナスらに敬意を覚えており、バサラの影響で戦争を終わらせるために戦う事を決めたと語るシーンがある。また、『超時空要塞マクロス』のリン・ミンメイの姿を見て「自分の進む道を見つけた」とも発言するシーンがある。

スーパーロボット大戦J

天真爛漫な性格がより強調されており、味方と合流した際にはナデシコの名前を「可愛らしい」と評し、ミスマル・ユリカとも意気投合している。 スーパーロボット大戦W 今回は火星の後継者に付け狙われており、第二部後半で、フレイ・アルスターを守るために、ラウ・ル・クルーゼの攻撃からエターナルで庇い、その際の混乱で火星の後継者に誘拐されてしまう。演算ユニットに接続されたミスマル・ユリカを安定させるためにその歌を利用されそうになり、当初は拒否していたもののテレサ・テスタロッサ(以下テッサ)の勧めで最終的には歌う事になる。テッサの狙いはラクスの歌で火星の後継者達の戦意を揺さぶり、彼らの部隊の一部を投降させる事であり、それに成功する。その後、ノイ・ヴェルターに合流してエターナルで戦う。
スーパーロボット大戦Z ブレイク・ザ・ワールド後から登場。デュランダルに暗殺されかけたことでアークエンジェルのクルーとして多元世界を巡っている。その道中で∀ガンダムのキエル・ハイムに扮したディアナ・ソレルと出会っている。その後は原作通りに宇宙に上がり、エターナルの艦長となり連邦に引き渡されそうなディアナを救出しようとした。物語中盤まではアニメと相違ないが、中盤以降は他者との交流を通じることで、武力介入による自身の行動を反省し、新たな道を模索するというアニメと大幅に異なる展開となっている。 また、デスティニー・プランに対してはアニメと異なり、遺伝子で全てが決まれば人が夢や希望が持てなくなる世界になると明確に言葉に表し否定した。

0739be25d095767035a80f18 

スーパーロボット大戦K

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II

インフィニットジャスティスでの降下時に着ていたスーツでMSパイロットとして登場する。覚醒時にはキラ、アスラン、カガリ、シン同様「SEED」発動のカットインシーンが存在する。

ガンダム無双2

エターナル搭乗時の陣羽織姿のまま、MSパイロットとして参戦。ハイパーSP攻撃発動時のカットインは、キラ、アスラン、シンと同じく「SEED」発動状態のものとなっている。ゲーム自体がパロディー作品であるため、このゲームにおけるラクスは、「他者に言葉で平和を説きつつ同時に、従わない者は問答無用で武力制圧する」「プレイヤーへのご褒美と称し、敵味方問わず攻撃を加える」「自分に疑いを持ったキラを粛清する」「無断出撃をランバ・ラルにおねだりする」「プレイヤーへの作戦参加要請に対する返答の選択肢がラクス様…である」など、強烈なギャグキャラである。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E.

C.E.73-Extraステージからエターナルに乗艦し戦闘に参加する。その結末は物語の進行によって大きく変化する。ただ、ラクス視点から見るとシナリオのほとんどがバッドエンドというシビアなものとなっている。
Extra3c「歌姫達の声」 自分が本物と名乗るが叶わず。ミーアの護衛任務中のミネルバ隊の艦長タリア・グラディスの判断ではなくFAITHシン・アスカの判断により戦闘を仕掛けられ乗艦を撃破され死亡した。シン・アスカとの戦闘ではキラ・ヤマトの仇を討とうとする。 Extra4a「蘇える光」 最終局面において、ジブリール亡き後のロゴス残党と、月面プトレマイオス基地に向けてネオジェネシスを撃とうとするデュランダル率いるザフトの争いを止めるために、オーブ軍と連合し、戦場に乱入する。しかし、乗艦を撃破されてしまい死亡した。

Extra4b「重なる明日」

ほぼアニメのストーリー通りに行動し、ミネルバと何度も交戦する。最終的に連合・ザフト両軍を止めるためオーブ軍と連合し、戦場に乱入する。このシナリオでは乗艦を撃破されても死亡せず、撤退する。ジブリール艦を撃沈した場合のみ、オーブと共に両軍を調停する。

Rakusu11

|

« フレッシュプリキュア!について | トップページ | 機動戦士ガンダムSEEDについて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラクス・クラインさんについて:

« フレッシュプリキュア!について | トップページ | 機動戦士ガンダムSEEDについて »