« 『君に届け』について | トップページ | ラクス・クラインさんについて »

フレッシュプリキュア!について

あらすじ

数多くあるパラレルワールドの一つである管理国家ラビリンス。そこは国民の全てが国によって管理された夢も希望もない世界である。その総統メビウスは、全てのパラレルワールドの征服を目論み、それを達成するために必要な無限メモリー「インフィニティ」を手に入れるべく配下の幹部を四つ葉町へと送り込んだ。

A_1024x768_2 
ラビリンスと同じく、パラレルワールドの一つである妖精たちの住まう国・スウィーツ王国の長老はいち早くメビウスの目論見を察知する。メビウスの目論見を阻止するため、長老は伝説の戦士プリキュアに全てを託すことにした。長老がプリキュアの森で祈りを捧げ、プリキュアへと変身する力を与える妖精「ピックルン」の封印を解くと、目覚めた4体のピックルンはプリキュアを探し求め、次元を越えて四つ葉町へと飛び立っていく。四つ葉町へと飛び立ったピックルンは元気いっぱいの女の子・桃園ラブと、その幼なじみである蒼乃美希、山吹祈里の携帯電話に乗り移り、彼女たちにプリキュアへと変身する力を与えた。ラブたちは伝説の戦士プリキュアとしてラビリンスの野望を打ち砕くために、そしてみんなの笑顔を守るためにラビリンスと戦いを繰り広げる。

登場人物

クローバー

ラブが中心となっているダンスユニット。それぞれプリキュアに変身できる能力を持つ。当初は3人であったが後にせつなが加入する。せつな以外の名前、及びプリキュアの戦士名の由来は果物。

桃園 ラブ(ももぞの ラブ) / キュアピーチ

声 - 沖佳苗

Precure1

本作品の主人公。公立四つ葉中学校の2年生。ピッグテール風の髪型が特徴。美希・祈里とは小さい頃からの幼なじみで、4人の中では中心的存在である。自分のことよりも他人のことで熱くなれる、人懐っこく天真爛漫で元気いっぱいな女の子。思い込んだら一直線なタチで、裏表のない純粋な性格。一方で、その純粋さのために傷つくと深く落ち込みやすく、また人と喧嘩になると意地を張ってしまう一面もある。特に大輔とは喧嘩友達であるが、彼を意識して顔を赤らめる場面もある。勉強やスポーツは得意でないが、踊ることが何よりも好きで、ダンスユニット“トリニティ”の大ファン。特にそのリーダーであるミユキには強い憧れを抱いている。忙しい母親に代わって小さい頃から家事を手伝っていたため、料理は得意である。にんじんが苦手。口癖は「幸せゲットだよ!」。

蒼乃 美希(あおの みき) / キュアベリー

声 - 喜多村英梨

Precure6

ラブと祈里の幼なじみ。芸能学校である私立鳥越学園中等部の2年生。ラブたち4人の中で一番身長が高い。ラブからは普段「美希たん」と呼ばれる。 母譲りの端麗な容姿を持ち、世界に名を轟かせるファッションモデルになることが夢で、現在も読者モデルとして活躍しており、才覚を見せつつある。ダンスはシェイプアップを目的として始めた。勝気な性格にてかなりの自信家で、あらゆる物事を完璧にこなせるようにするための努力は怠らず、一方で自分の弱みを見せることを嫌う。用心深さの持ち主でもあり、せつなが素性を隠してラブに近づこうとしていた頃には彼女に疑いの目を向けることもあった。両親は離婚しているため母親と二人暮らしであるが、弟の和希とは別居してからも仲がよく、互いに会って遊ぶことも多い。幼い頃のトラウマからタコが苦手だった。口癖は「あたし完璧!」。

山吹 祈里(やまぶき いのり) / キュアパイン

声 - 中川亜紀子

Precure7

ラブと美希の幼なじみ。ミッションスクールである私立白詰草女子学院中等部の2年生。ラブたちからは「ブッキー」というニックネームで呼ばれている。4人の中では一番背が低い。親に似ておっとりとした性格ののんびり屋で、少々引っ込み思案なところがある。そういった自分を変えようと思いラブたちの結成したダンスユニットに参加した。勉強は得意だが、天然気質の若干ズレた感性を持つ。動物が大好きで、将来の夢は獣医になり実家の動物病院を継ぐこと。ただし、幼い頃のトラウマからフェレットだけは大の苦手で、フェレットに似ているタルトには近づくことも出来なかったが、のちに克服し、タルトとも自然に接することが出来るようになった。自身のピックルンであるキルンを介すことで動物の言葉を理解することが出来る。また裁縫が得意で、クローバーのメンバーが練習時に着用しているジャージは彼女が作ったもの。口癖は「私、信じてる!」。

   

東 せつな(ひがし せつな) / キュアパッション

声 - 小松由佳

Precure8_2

ラビリンスの幹部であったイースが、死を迎えたことでアカルンの力によりプリキュアとして生まれ変わった姿。ラブの家に居候として住まわせてもらっており、ラブと同じ学校に通っている。桃園夫妻からは「せっちゃん」と呼ばれる。 当初はイースとしての過去の罪を悔い、プリキュアとして戦うことを拒んでいたが、ラブ達と共に過ごすことで幸せという存在に気づき、次第に笑顔も見せるようになる。それに伴い、瞳にハイライトが付き、物腰も女性的なものに変化すると同時に皆の幸せや笑顔等を守るためプリキュアとして戦うことを決意する。 生真面目で優しく、健気で聡明な性格だが、物事を伝えるのは不器用である。しばしイースであった過去に苦しめられていたが、後に決別を果たす。しかし裏切り者という負い目から仲間達がいなくなることを恐れている。ラブ達の世界について詳しくないため好奇心旺盛であるが物覚えが速く、数学やスポーツ等もそつなくこなせる。視力もかなり良く、遠くのものを正確に見ることが出来る。しかしピーマンだけは苦手。口癖は「精一杯、がんばるわ」。

イース

声 - 小松由佳

総統メビウスに仕えるラビリンスの幹部の一人。

一見するとクールだが、実際は強気で周囲に媚びない性格であり、プリキュア達に対して敵愾心を燃やしていた。メビウスへの忠誠心も固く、彼の為ならば自分の命さえも惜しまない。素性を隠し、占い師の「東せつな」としてラブたちにも近づいていたが、ラブたちと触れ合ううちに徐々に心境に変化を抱いていた。ラブからは親友の証として四つ葉のクローバーのペンダントをプレゼントされた。彼女が生み出すナケワメーケのダイヤは赤。 メビウスによって、元々規定されていた寿命を短くされ、最後はプリキュア達に自分の正体を明かしてキュアピーチとの一対一の対決に挑む。その死闘の折、ラブを無意識に羨望していたことに気付き、彼女と和解したが、直後に寿命が尽きて死を迎えた。

スウィーツ王国

妖精たちが住まう、ラブたちの世界とは別の次元に存在するパラレルワールド。従来のシリーズと異なり、敵からの侵略を受けていない。国のいたる所にお菓子がちりばめられており、住民たちは京都弁や大阪弁を混ぜたような感じの関西弁で話す。挨拶も「もうかりまっか」「ぼちぼちでんな」等々、関西以外から見た、カリカチュアされた関西風挨拶を交わしている。現在はワッフル国王(声 - 堀本等)、マドレーヌ女王(声 - 熊谷ニーナ)が国を治めている。名前の由来は菓子。

Precure3_2

シフォン

声 - こおろぎさとみ

タルトとともにスウィーツ王国からやってきた女の子の赤ちゃん。様々な超能力を持っており、額のマークを光らせることでプリキュアたちを覚醒・パワーアップへ導いたり、自らも瞬間移動したりすることが出来る。最初は幼かったため言葉を話すことは出来なかったが、成長するにつれ簡単な人語も喋れるようになった。普段の生活では「キュア」または「プリップー」の2種類の言葉で自身を表現することが多い。普段はラブの部屋にあるぬいぐるみということになっている。悪戯好きで、しばしばトラブルを起こし、ラブ達を困らせる。後に、自力で立ち、覚束無いながらも歩ける様になった。その正体は無限メモリー「インフィニティ」であり、長老が地上に落下した流れ星の中からクローバーボックスと共に発見し密かに育て、プリキュアに預けられる。
インフィニティ

声 - こおろぎさとみ

無限のメモリー。FUKOのゲージが満タンになったことで34話にて覚醒する。メビウスが全パラレルワールドを管理するために求めているアイテムである。 この状態になるとシフォンとしての意識は消え、片言で「ワガナハインフィニティ、ムゲンノメモリーナリ(我が名はインフィニティ、無限のメモリーなり)」という言葉を繰り返し、無感情に目的無くあらゆる世界を漂う様になる。クローバーボックスの子守唄を聞かせることで元のシフォンに戻る。

タルト

声 - 松野太紀

プリキュアを探すために、シフォンと共にラブたちの世界へやってきたスウィーツ王国の妖精。フェレットの様な姿をしている。シフォンの世話役の様な立場だが、様々なトラブルを巻き起こすシフォンには手を焼いており、結構な苦労性でもある。プリキュアへの想いは真剣であり、一時期は4人目のプリキュアを探し出すために一人奔走していた。普段はラブが飼っているペットのフェレットということになっている。
スウィーツ王国の105番目の王子であり、正式な名前もあるらしいが、長すぎて自分でも覚えられていない。一時は役目を終えたためスウィーツ王国に帰る予定だったが、新たな使命を言い渡されラブ達の世界に戻った。スウィーツ王国にアズキーナ(声 - 一色まゆ)という許嫁がいる。

ティラミス

声 - 緒方賢一

妖精の国・スウィーツ王国の長老。世界の危機に応じて、タルトとシフォンに伝説の戦士・プリキュアを探してくるよう命じる。後にクローバーボックスをタルトに托している。自分の姿を特定の人物だけに見せるという力を持つ。

管理国家ラビリンス

総統メビウスによって統治されている、ラブたちの世界とは別の次元に存在するパラレルワールド。国民は番号を振られ、生活は勿論のこと、仕事や結婚、寿命といったあらゆる物事を国に管理されている。ラビリンスの幹部はインフィニティを手に入れるために不幸のゲージを貯めることを目的としており、幹部たちはナケワメーケと呼ばれる怪物を生み出し人々を襲わせている。FUKOが溜まってからはインフィニティとなったシフォン強奪に目的が変わった。普段は四つ葉町の郊外の屋敷に占い師として生活している。ラビリンスの幹部たちは従来のシリーズとは異なり、あくまでも別世界の「人間」である。ラブたちの世界に紛れ込む際は一般人としての姿になるが、戦いの際には「スイッチ・オーバー!」の掛け声とともに本来の姿へと戻り、一般人へ変装する際にこの掛け声を使ったこともある。また、サウラーを除き名乗りをあげるシーンが時折挿入される。変身を含め特殊な力を使う際は手を擦り合わせることを必要とする。また、幹部達は本国の国民達とは違って、ラブ達の世界ではある程度自由な行動が許されている。今までのシリーズは、敵幹部は撤退する際は主に瞬間移動能力を使っていたが、本作の幹部はノーザを除き徒歩で拠点まで帰るという設定になっている。名前の由来は方角。

ウエスター / 西 隼人(にし はやと)

声 - 松本保典

総統メビウスに仕える幹部の一人。ラブ達の世界では西 隼人として潜入している。筋肉質で大柄な体格の行動派。ラビリンスの人間でありながら妙に人間臭く、喜怒哀楽の激しい性格。頭を使った作戦を考案するのは苦手で、ラブたちの世界の一般常識についてもかなり疎く、イースからは「要領が悪い」と言われた。そのため出撃回数が多い割にはいまいち結果を出せていない。意外と仲間思いであり、プリキュアとなった後もせつなをイースと呼んでいるが、他の幹部たちからは冷たく扱われている。ラブたちの世界の娯楽や食べ物などを広く好んでいる。彼が生み出すナケワメーケのダイヤは黄。

サウラー / 南 瞬(みなみ しゅん)

声 - 鈴村健一

総統メビウスに仕える幹部の一人。ラブ達の世界では南 瞬として潜入している。冷酷な性格であり、力に任せた作戦を好むウエスターとは対照的に頭脳を使った策略を用いて、人間の心理的な部分をつく作戦を用いる。裏切ったせつなのことも精神的に追い込もうとしている。読書が趣味であり、ラブたちの世界の知識もよく本から得ているなど、他の幹部から「館に篭もっている」と言われる程のインドア派であり、出撃回数は少ない。不快感を示しながらも、角砂糖を大量に入れた紅茶を飲んでいる。彼が生み出すナケワメーケのダイヤは緑。

 

ノーザ / 北 那由他(きた なゆた)

声 - 渡辺美佐

総統メビウスに仕える最高幹部。ラブ達の世界では北 那由他として潜入している。サウラー以上に冷酷で、かつ高飛車な性格。他の幹部が恐れるほどの強大な力を持つため、自分のことを「さん」付けで呼ぶことを強要し、見下している。植物を操る力を持ち、彼女が歩いた道の植物は枯れてしまう。また、唯一特殊な空間を渡ってワープする力を持ち、スイッチオーバーのポーズも他の幹部と多少異なる。ナケワメーケより一段と強力なソレワターセを使役する。

メビウス

声 - 西村知道

管理国家ラビリンス総統。全てのパラレルワールドの征服が目的で、達成に必要な無限メモリー「インフィニティ」を手に入れるべくイース、ウエスター、サウラー、そしてノーザをラブ達の世界へ送り込んだ。部下に対しては表向きには気遣う素振りを見せるも、本性は冷酷非情であり、目的の達成のためには部下を捨て駒にすることも厭わない。

クライン

声 - 樋渡宏嗣

総統メビウスに仕える側近。初老の男。寿命などの管理や幹部の監視などを行う。手紙などで国民の寿命を通知している。

ナケワメーケ

声 - 中野慎太郎

人間界の物体にダイヤ状のシンボルを貼り付けることで生み出される怪物。貼り付ける対象は無機物や犬などの動物が主で、影などにも有効である。日々強化されており、プリキュアたちの通常の必殺技では倒せないほどに進化している。既存のプリキュアが全員揃っていないと倒す事ができない。「ナケワメーケ!」が鳴き声だが、強化されるうち取り付いた物によって鳴き声が変わるようになった。ある程度感情を持ったものもいる。

B_1024x768

ナキサケーベ

声 - 中野慎太郎

メビウスが与えた新たなカードの力によって生み出された怪物。簡単に言えばナケワメーケを格段と強化したもので、既に出現しているナケワメーケに取り付けてパワーアップさせることも出来る。非常に強大な力を誇るが、それとは引き換えにカードの使用者に多大な苦痛を伴わせる諸刃の剣でもある。コミカルな鳴き声のナケワメーケとは違い、呻き声を終始あげている。

ソレワターセ

声 - 中野慎太郎

FUKOの液を注ぐことで成長する実から誕生する怪物。ナケワメーケよりも強大な力を持ち、キュアスティックとパッションハープから放たれる強大な必殺技をも跳ね返す力を持っている。またナケワメーケを吸収することも可能である。主にノーザが使用するが、他の幹部にも支給されている。素体は植物の中に赤い目があるという不気味な姿であり、そのままの状態でもかなり強力な力を有する。

フレッシュプリキュア!の情報はここ!

http://www.asahi.co.jp/precure/

フレッシュプリキュア!のグッズはここで買えます!

http://www.precure-movie.com/

http://www.precure-live.com/

http://www.bandai.co.jp/character/fresh_precure.html

|

« 『君に届け』について | トップページ | ラクス・クラインさんについて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュプリキュア!について:

« 『君に届け』について | トップページ | ラクス・クラインさんについて »