スポーツ

読売ジャイアンツについて

読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍)は、日本のプロ野球球団で、セントラル・リーグの球団のひとつ。日本に現存する中で最も歴史の長いプロ野球球団である。親会社は読売新聞グループ本社。運営法人の商号は「株式会社読売巨人軍」である。

114618687_1

球団の歴史

誕生
1931年、読売新聞社社長の正力松太郎が中心となってアメリカメジャーリーグ選抜軍を日本に招待し、全日本軍や六大学を中心とした強豪大学チームとの試合を行い興行は成功を収めた。これを受けて正力は再度のメジャーリーグ選抜軍の招待、特に前回かなわなかったベーブ・ルースの招聘を目論んだ[1]が、そこに1つの問題が発生した。1932年に文部省(当時)が発令した野球統制訓令である。当時の日本は大学野球全盛であったがこの統制令によってメジャーリーグ選抜を招聘したとしても大学チームを対戦相手とすることはできなくなった。

市岡忠男、浅沼誉夫、三宅大輔、鈴木惣太郎の4人は、その対策として職業野球チームを結成することを正力に働きかける。その結果1934年6月9日、日本工業倶楽部で「職業野球団発起人会」が開かれ6月11日には創立事務所が設けられた。平行して選手獲得も行われプロ契約第1号選手として6月6日付で三原脩、第2号選手として6月15日付で苅田久徳を獲得する[3]などチームが形作られていった。この時日米野球の期間中のみ契約するという選手と日米野球後に発足する職業野球団とも契約するという選手とがあった[4]。

「読売巨人軍発祥の地」の碑、谷津バラ園入口脇、習志野市1934年10月15日、千葉県の谷津海岸に新設された谷津球場に30名[5]の選手が集まりチームは結成され11月2日、横浜にメジャーリーグ選抜軍が来日し全日本軍と全国で親善試合興行を行った。試合は全日本軍の15戦全敗(他に対全東京が1試合、日米混合が2試合[6])で試合内容も圧倒的だったものの、ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらを擁した全米軍は読売新聞の報道もあって大きな注目を集めた。この時の1試合が草薙球場にある沢村栄治像とベーブ・ルース像の元となる、沢村が1失点完投した試合である。12月26日に全日本軍の選手を中心にした選手19名で株式会社大日本東京野球倶楽部(だいにっぽんとうきょうやきゅうくらぶ)が結成された。

1935年1月14日から2月3日まで草薙球場で練習を重ね、2月14日第1次アメリカ遠征に出発する。この時「大日本東京野球倶楽部」ではチーム名として長すぎる事からアメリカで一般的であったチームのニックネームをつけることが提案され、チーム名を「東京ジャイアンツ」とした。そして帰国後、1936年に東京巨人軍(とうきょうきょじんぐん)へ正式改称する。これが巨人軍の始まりである。この第1次遠征ではマイナーリーグクラスのチームを相手に128日間で109試合を行い、田部武雄が105盗塁を記録するなど善戦し、対戦成績は75勝33敗1分であった。7月16日に帰国し9月6日からは国内各地を転戦する。これが翌年以降の職業野球団の相次ぐ結成の契機となった。結成当初の対外試合も参照のこと。

1936年2月14日、第2次アメリカ遠征に出発。直前の2月9日から「巨人軍渡米送別試合兼金鯱軍結成記念試合」として名古屋金鯱軍と3試合を行う。これが現在のプロ野球組織に属する球団同士が行った初めての試合である。アメリカでは1次と同じくマイナーリーグクラスのチームを相手に10州を巡回して89日間で76試合を行い、対戦成績は42勝33敗1分であった。

戦前期
1936年には正力の働きかけもあって国内には巨人も含めて7チームの職業野球団が結成され、「日本職業野球連盟」も結成されていた。春には日本国内で初の職業野球リーグが開始されたが、巨人は上記のアメリカ遠征のため春季大会を欠場し夏季大会から参加。この夏季大会で計2勝5敗と惨敗を喫し、9月5日より群馬県館林市の茂林寺・分福球場で緊急キャンプを張った。この時の猛練習は「茂林寺の千本ノック」という名で知られる。1936年の秋季大会は6回の小規模リーグ戦の勝ち点制で開催され5回目のリーグ戦までリードしていたが6回目のリーグ戦で大阪タイガースに並ばれる。洲崎球場で3戦制の優勝決定戦を行い、2勝1敗でタイガースを下し公式戦初優勝球団に輝いた。1937年9月11日には後楽園球場が開場、以来実質的な本拠地として使用する。1939年には2度のマニラ遠征を行った。これ以降、戦前は11シーズンで8度の優勝を果たし、3度のノーヒットノーランを達成した沢村、42勝をあげたヴィクトル・スタルヒン、2度のノーヒットノーランを達成した中尾碩志、連続無失点記録62回、シーズン防御率0.73(日本記録)を記録した藤本英雄、職業野球契約選手第一号であった三原脩、日本プロ野球史上初の2桁本塁打や三冠王(1965年にプロ野球実行委員会で認定)を記録した中島治康らを擁して第1次黄金時代を築いた。この間プロ野球においても太平洋戦争による影響は避けがたく、召集によって中心選手の離脱も相次いだほか、1940年9月13日にはユニフォームのマークが「G」から「巨」に改められるなど巨人にもその影響は及んだ。遂には1944年11月10日に野球試合不可能として会社は存続するものの営業が中止され、球団は解散となった。11月13日には国の指導により日本野球連盟が改称していた日本野球報国会がプロ野球の一時休止声明を発表し戦前のプロ野球は終わった。

なお、1937年と1938年には2リーグ制導入以後スタートした今日の日本シリーズに相当する年間総合優勝決定戦(7戦4勝制)が行われ、この時は春と秋のリーグ戦がおのおの独立したシーズンと見なされているので、1937年春と1938年秋のリーグ優勝は通算のリーグ優勝として回数にカウントされている。ただし2年とも年間総合優勝決定戦で大阪タイガースに敗れたため日本一は逃している。

戦後期
1946年のリーグ戦再開より参加。1947年には読売新聞社が経営に当たる事となり[7]、球団名を東京読売巨人軍に改称、ニックネームを読売ジャイアンツとする。南海ホークスの台頭や、戦後の混乱で戦力確保への苦慮があり1947年に球団史上初めて勝率5割を切るなど再開から3シーズン続けて優勝を逃すが、監督・三原脩や「赤バット」の川上哲治、千葉茂、青田昇をはじめとする第1次黄金時代の選手が戦地から帰国しチームに復帰、また1948年オフには南海の別所毅彦を獲得するなどして徐々に戦力が充実。1リーグ最後の1949年には戦後初優勝を飾った。1947年6月23日に黒沢俊夫が死去、戦死した沢村とともにその背番号は日本プロ野球界初の永久欠番となった。

2リーグ分立
詳細は「プロ野球再編問題 (1949年)」を参照

1949年シーズンオフ、読売新聞社のライバルである毎日新聞が設立した毎日オリオンズのプロ野球参入に、のちにセントラル・リーグを結成するチームが反対。このことがきっかけとなり、読売ジャイアンツ・阪神タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズからなるセントラル・リーグ(セ・リーグ)と、阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・毎日オリオンズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスからなるパシフィック・リーグ(パ・リーグ)が分立することになった。

水原監督時代
1950年に復帰した水原茂を監督に据えて、リーグ分立1年目の同年こそ優勝を逃すものの、翌1951年からは同年に獲得した与那嶺要の活躍もあってリーグ3連覇、日本シリーズでは1リーグ時代からの宿敵南海を3年連続で降し日本シリーズ3連覇を達成。第2次黄金時代を築き上げた。1952年8月8日、広島11回戦の勝利で日本プロ野球史上初の公式戦通算1000勝を達成。1000勝時点の通算成績は1000勝518敗38分、勝率.659。1953年には初めての海外キャンプをサンタマリアで行う、この年は開幕から一度も2位に転落することなく優勝、シーズンを通しての1位独走優勝は球団史上唯一の記録である。

1954年は杉下茂擁する中日ドラゴンズに優勝を奪われ2位となるが、1955年にはリーグ優勝。日本シリーズでは南海ホークスとの対戦となり、1勝3敗からの3連勝して逆転日本一を達成する。この頃から第2期黄金時代を支えた千葉茂、川上哲治らに衰えが目立ち始め、水原は新旧交代をしなければならなくなった。

翌1956年もリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは水原と入れ替わりに巨人を退団した三原脩監督率いる西鉄ライオンズとの対決となる。以後3年連続して日本シリーズで対決となり、両者の戦いは「巌流島の決戦」とマスコミに喧伝された。いずれもライオンズに軍配が上がり、特に1958年の日本シリーズでは、第1戦から3連勝するも、第4戦から稲尾和久の力投などで4連敗を喫する。1959年もリーグ優勝は果たすが、日本シリーズでは南海ホークスの杉浦の力投の前にストレートの4連敗を喫する。

そして1960年は、三原が当時6年連続で最下位だった大洋ホエールズ監督に就任し、再び「巌流島の対決」と呼ばれる。大洋は三原の手腕によって巨人と優勝争いを演じ、ついに巨人を破ってリーグ優勝し、巨人は2位に終わった。シーズン終了後水原監督は勇退した。この間、1958年に長嶋茂雄、1959年に王貞治がともに大きな期待を背負って入団。長嶋は1年目から本塁打・打点の二冠、打率2位と活躍した。

109728109_1

天覧試合
「天覧試合」も参照

1959年6月25日の阪神11回戦はプロ野球史上初めての天覧試合となった。この試合で王・長嶋がはじめて二人ともホームランを打ち(ONアベック弾第1号)長嶋のこの日2本目となるサヨナラホームランで勝利を収めた。

川上監督時代
1961年、川上哲治がヘッドコーチから昇格して監督に就任する。就任1年目ながら打率と本塁打の二冠を獲得した長嶋を中心に2位中日と1ゲーム差でリーグ優勝、日本シリーズでも南海を破って6年ぶりに日本一を達成。しかし1962年にはこの年から一本足打法を始めた王が本塁打王と打点王を獲得したが、長嶋の低迷と投手の駒不足もあって混戦のセ・リーグで勝率.515ながら4位、2リーグ分裂後初めてのBクラスに終わる。1963年には長嶋の復活と前年は2名に留まった二桁勝利投手を5名出すなど投手陣が安定してリーグ優勝、日本シリーズではそれまで勝つことのできなかった西鉄を初めて破り日本一になる。

1963年には王と長嶋で打撃三部門だけでなく打点と本塁打の2位までをも占め、1964年は王がシーズン記録となる55本塁打を記録するものの、3位に終わる。この頃から巨人の3・4番に固定された(両名の打順は流動的だった)王と長嶋はON砲と呼ばれ、実力・人気ともに特別な存在となっていた。また牧野茂、荒川博ら他球団出身のコーチが招かれ、1965年には金田正一が国鉄から10年選手制度を利用して移籍するなど1965年からの日本シリーズ9連覇へと続く素地が作られていく。

9年連続日本一
詳細は「V9 (読売ジャイアンツ)」を参照

1965年から1973年までは日本シリーズ9連覇を果たす。この時期は、一般的にV9(ブイナイン)と呼ばれる。この記録に次ぐ日本シリーズ連覇は巨人(1951年から)・西鉄(1956年から)・阪急(1975年から)・西武(1986年からと1990年から)の3連覇であり、他球団の追随を許さない大記録となっている。

1965年7月25日、中日11回戦の勝利で公式戦通算2000勝を達成、勝利投手は宮田征典、勝ち越した後の8.9回をリリーフしての勝利でありこの年に巨人首脳陣が時代に先駆けて行った投手分業制に従事した中であげた1勝だった。これ以来、宮田は8時半の男として一躍注目を集めることとなる。

この間、巨人はカラーテレビ普及による露出増加も相まって絶大な人気を博し、俗に当時の子供が好きなものを表した「巨人、大鵬、卵焼き」は流行語となった。また、同時期に連載が開始した漫画『巨人の星』も人気を集め、プロ野球選手、特に巨人軍の選手という職業は当時の子供たちの憧れの職業となった。

V9の間、最優秀選手を王は5回、長嶋は3回受賞している。また、川上監督や牧野ヘッドコーチのもとでロサンゼルス・ドジャースの戦術(スモールボール)を先進的に取り入れ、緻密な野球が実践されたのも効果的であった。王と長嶋以外にも、金田正一・城之内邦雄・堀内恒夫・高橋一三、渡辺秀武などの投手や、森昌彦捕手、土井正三・黒江透修内野手、柴田勲・末次利光・高田繁外野手など質の高い選手がそろっていた。

V9時代後半は長嶋など主力選手の高齢化と若手の台頭不足があり、前半よりも苦戦することが多くなった。そして1974年、中日に20年ぶりのリーグ優勝を許し、V10を逸す。この年を最後に川上監督が勇退、同時に長嶋・黒江・森も現役を引退した。OBの広岡達朗曰く、「V9時代途中あたりから、歯の浮くようなおべんちゃらを言うだけで、指導者の職責を果たしているといえるコーチがいなくなっていった。この頃から、選手を育てる、という方針はなくなりつつあった」とある。この後、巨人が連覇を果たす機会は少なくなっていく。

E5b7a8e4babae381aee6989fefbc94_2

第1次長嶋監督時代

1975年、前年に引退した長嶋茂雄が監督に就任。「クリーン・ベースボール」のキャッチフレーズを挙げたが自身の穴を埋められず、開幕6試合目で最下位に転落するとそのまま浮上することが出来ず、球団史上初の最下位を経験。全球団に負け越した上に9月には11連敗という球団史上最悪の連敗を喫し、10月15日には広島の胴上げを本拠地・後楽園で許した。その年のオフに日本ハムから張本勲、太平洋から加藤初をトレードで補強、翌1976年には前年の最下位から一転してリーグ優勝を果たす(同一監督での最下位となった翌年の優勝は史上初)。しかし、日本シリーズでは上田利治監督率いる阪急ブレーブスに3勝4敗で敗れる。1977年は王貞治が通算本塁打数の世界新記録を樹立。チームも独走状態で2年連続でリーグ優勝を果たすが、日本シリーズでは阪急に1勝4敗で敗れた。

1978年は広岡達朗率いるヤクルトと優勝争いを繰り広げる。8月末に2位のヤクルトに4・5ゲーム差をつけ優勝は堅いと見られていたが、9月以降成績が急降下して、ヤクルトの前に屈した。このときの戦いぶりから長嶋茂雄に対して監督としての資質に、次第に疑問が投げかけられてゆくようになる。

そして1978年オフ、当時法政大学の江川卓の獲得を巡って、いわゆる江川事件が起きる。最終的には1979年3月に、江川がいったん阪神タイガースに入団し、その直後に小林繁と交換トレードをする事で決着がつく。だが、この江川事件はマスコミの総攻撃を受けることになった。

1979年は5月まで首位に立ったものの、6月以降は成績が次第に降下していき、Bクラス5位に終わる。一方で中畑清が3塁のレギュラーを獲得するなど若手の台頭も若干見られるようになる。同年オフに、青田昇がヘッドコーチに就任し、伊東での秋季キャンプでは松本(匡)、中畑、江川、西本聖、角三男らを猛練習で特訓した。後に「伊東キャンプ」として語られていく。

1980年は開幕早々ペナントレースから脱落し、長嶋に対する批判はこれまでにないほど高まっていった。シーズン後半から若手を起用して5割Aクラスを確保した。しかしながら、2リーグ分立後では球団史上初となる3年連続V逸であり、10月21日長嶋はチームの不振の責任を取って「男のケジメ」という言葉を残し辞任する。当日スポーツニッポンが「長島解任」とスクープ報道したように、読売新聞の幹部により事実上の解任だった。この動きに対してファンは激怒し、読売新聞・報知新聞(スポーツ報知)の購読打ち切りを行うファンが続出した。[8]。

王も現役を引退、巨人一筋22年の現役生活にピリオドを打った。

TVアニメ「新巨人の星」の舞台になっている。

藤田・王監督時代

第1次藤田監督時代
1981年、藤田元司が監督に就任。藤田元司監督、王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチによる「トロイカ体制」が誕生。江川卓、西本聖、定岡正二、加藤初ら先発4本柱で投手王国を形成し(江川20勝・西本18勝・定岡11勝・加藤12勝)、4年ぶりのリーグ制覇、日本シリーズで8年ぶりの日本一を達成する。なお、この年、江川は史上5人目の投手5冠王(最優秀防御率、最多勝、最多勝率、最多奪三振、最多完封)、西本は沢村賞、角三男が最優秀救援投手を獲得するなど、投手タイトル独占を達成、藤田監督の投手中心の守りの野球の成果が十分に発揮された。打者もルーキーの原辰徳が新人王を獲得、篠塚利夫が3割5分7厘の高打率をマークして阪神・藤田平と首位打者争いをするなど若手の台頭が目立った。

1982年にも0.5ゲーム差の2位となっている。

1983年にも、松本匡史が盗塁王(このときの盗塁76はセリーグ記録)、原辰徳が打点王(103打点)を獲得するなどしてリーグ優勝するが、日本シリーズでは西武との激闘の末、3勝4敗で敗れる。このときの日本シリーズは、サヨナラ勝ちが3度あり、日本シリーズ屈指の名勝負と言われている[9]。なお、テレビのプロ野球中継で現在までで最も視聴率が高かったのは第一次藤田監督時代(平均視聴率25.5%)だった[10]。

王監督時代
翌1984年から1988年までの5年間は王貞治が監督として指揮をとるが、1987年に1度優勝したのみで、同年の日本シリーズは1983年のリベンジ再びと期待されたが西武に2勝4敗で敗退。1988年からは本拠地を後楽園球場から東京ドームへ移転するが、吉村禎章やウォーレン・クロマティのリタイアが響いて2位に転落、優勝した中日に12ゲーム差をつけられる。王監督はこの年限りで引責辞任。

第2次藤田監督時代
1989年、藤田元司が監督に復帰。斎藤雅樹(20勝・防御率1.62)、桑田真澄(17勝・防御率2.60)、槇原寛己(12勝・防御率1.79)と三本柱を中心に投手王国を形成し、チームは2位の広島に9ゲーム差をつけリーグ優勝を達成する。、1989年の日本シリーズでは近鉄に3連敗を喫した後、4連勝し逆転で17回目の日本一に輝く。第3戦、近鉄の加藤哲郎が「シーズン中より楽に投げられました」と述べた主旨のヒーローインタビューとその後にインタビュアーの「(その年のパ・リーグ最下位の)ロッテよりも(迫力がなかった)?」との質問に、加藤が「そうですね」と答えたことから「巨人はロッテよりも弱い」と報道され、原・駒田ら巨人の選手たちはこの大逆転についてこの報道が奮起となったと述べている。

1990年、2年連続20勝した斎藤を筆頭に桑田・宮本和知(各14勝)、木田優夫(12勝)、香田勲男(11勝)と5人が二桁勝利を挙げ、完投数が70(130試合中)という先発投手中心のチームでペナントをリードし、吉村のプロ野球史上初となるサヨナラ優勝決定ホームランにより史上最速で2位広島とのゲーム差が22という圧倒的な強さで2年連続のリーグ優勝を果たす。しかし、雪辱を期して望んだ西武相手の日本シリーズでは、一転して先発投手陣が崩壊、攻守共に精彩を欠き0勝4敗で惨敗し、雪辱は成らなかった。

1991年は、投手陣の不調と打撃不振が響き、1979年以来12年ぶりのBクラス(4位)。シーズン終了後、近藤ヘッドコーチ・松原打撃コーチが、不振の責任を取る形で退団した。

1992年は序盤の不調が響き、5月には最下位に転落するが、大久保博元とロイド・モスビーの加入、石毛博史がリリーフエースとして頭角を現したこと等により、前半戦が終了する頃には首位に躍り出た。しかし、8月に入ると急激に失速し、終盤のヤクルト・阪神・広島との接戦の結果、最終的に2位となるも2年連続のV逸が決定。この年限りで藤田監督は勇退。後任には「監督浪人」中であった長嶋茂雄が13年ぶりに復帰。

第2次長嶋監督時代
1993年、長嶋監督が復帰、背番号は現役時代自らが付けていた「3」を2つ掛け合わせた「33」。同年のドラフト会議で注目されていた松井秀喜の交渉権を阪神・中日・ダイエーとの競合の末獲得。この松井がこの後、1990年代から2000年代前期にかけて、チームの顔としても、打撃の中心としても、精神的支柱としても重要な役割を果たした。また、現役大リーガーのジェシー・バーフィールドやヤクルトから長嶋一茂を獲得して3年ぶりのリーグ優勝を期待されたが、打撃陣の不振から3位に終わった。オフに、この年から導入されたフリーエージェント (FA) 制度によりFA宣言をした中日の落合博満を獲得する。ポジションが重複し、出場機会を奪われる事に危機感を持った駒田徳広が同様にFA宣言を行って横浜へ移籍する。その横浜からは自由契約になった屋鋪要を獲得した。

1994年、前半は投打ともに他のチームを圧倒したが、終盤最大10ゲーム差をつけていた2位中日に追いつかれ、シーズン最終戦(10月8日の対中日戦(ナゴヤ球場)、いわゆる「10.8決戦」)が優勝決定戦となった。史上初の同率チーム同士による最終試合での首位決戦という優勝決定戦は日本全国の注目を集め、各マスコミでも大きく報道。長嶋監督は「国民的行事」と称した。その試合を槙原寛己、斎藤雅樹、桑田真澄の当時のエース「三本柱」の継投で、リーグ優勝を達成。1994年の日本シリーズでは、4勝2敗で西武を破り18回目の日本一に輝く。

Main2009victorybg

1995年は近鉄の阿波野秀幸を香田勲男との交換トレードで獲得。また広島の川口和久、ヤクルトの広澤克実をFAで獲得、また同じヤクルトを自由契約となったジャック・ハウエル、ミネソタ・ツインズのシェーン・マックを獲得したものの3位に終わった。逆転優勝を目指して長嶋監督が言った言葉「メークドラマ」は選手の奮起を促した。同年の最終戦で原が現役を引退。

1996年、シーズン中に補強したマリオ・ブリトーや松井の活躍等で、リーグ史上最大の11.5ゲーム差をはね返してリーグ優勝を成し遂げた。前年の雪辱を果たしたことから、「メークドラマ」とはこの年の大逆転を指すことが多い。1996年の日本シリーズではオリックスに3連敗から1勝した時点で「メークドラマ再び」と期待されたが、第5戦に敗れた。

1997年に西武から清原和博がFA権を行使して入団。松井とともに、ON(王・長嶋)以来の強打者コンビ「MK砲」として期待された。この際、清原に押し出されるように落合が「長嶋監督を悩ませることはできない」と異例の会見を開いて日本ハムに移籍。ロッテを自由契約となったエリック・ヒルマンを獲得したが、ヒルマンを含め主力選手に故障者が続出し夏場まで最下位に沈むなど大苦戦。最終的には4位でシーズンを終了。同年オフにはドラフト1順目で高橋由伸が入団。

1998年は前半は横浜や中日との首位争いを繰り広げるが、前半戦の勝ち頭趙成珉がオールスターゲームで右肘を故障。さらにバルビーノ・ガルベスの危険球退場でチームから離脱するなどアクシデントが響き3位に終わる。同年オフにはドラフトで上原浩治、二岡智宏が入団。

1999年、村田真一や広澤の離脱、後半戦は清原の故障によるシーズン離脱などもあったが、20勝を上げた上原や途中獲得したドミンゴ・マルティネスの活躍もあり2位となった。シーズンオフ、広澤が自由契約となり阪神に移籍。

2000年は、FA宣言をしていたダイエーの工藤公康と広島の江藤智、さらに阪神のダレル・メイを獲得。長嶋監督は、江藤に背番号33を譲り自らが現役時代に付けていた背番号3を25年ぶりに復活させた。松井が4番として定着、5番にマルティネス・清原、6番に高橋を擁した打線はシーズンで投打ともに他を圧倒して2位中日に8ゲーム差をつけてリーグ優勝。9月24日の優勝決定戦では、0-4で迎えた9回裏に江藤の満塁本塁打で同点に追いつき、直後に二岡がサヨナラ本塁打を放ち優勝を決めた。日本シリーズの相手は、長嶋と共にV9時代の主軸を担った王貞治が1995年から率いるダイエーで、「ON監督対決」として全国的に大いに盛り上がった。シリーズは、序盤こそ2連敗からのスタートだったが、その後一気に4連勝し本拠地東京ドームで19回目の日本一を達成した。

2001年は正捕手候補として阿部慎之助が入団。シーズン終盤までヤクルトと優勝を争ったが2位に終わる。同年限りで長嶋監督は勇退し、終身名誉監督に就任した。それと同時に槙原寛己、斎藤雅樹両投手そして村田真一捕手が引退した。監督の後任は、原ヘッドコーチ。

第1次原監督時代
2002年、原辰徳監督が就任。原監督と鹿取義隆ヘッドコーチは投手陣を立て直し、1年目でセ・リーグの全球団から勝ち越してのリーグ優勝を果たす。また、日本シリーズでも西武を相手に球団史上初の4連勝で20回目の日本一に輝いた。シーズンオフに松井秀喜がFA権を行使してニューヨーク・ヤンキースへ移籍。

2003年、松井に代わる大砲としてヤクルトからロベルト・ペタジーニを獲得。原監督は守備位置の問題を解決できず、鹿取コーチは一任されていた投手陣を整備できず3位に終わった。シーズン終盤には9連敗を喫するなど、優勝した阪神に15.5ゲーム差をつけられた。そして9月26日、原監督は責任を取り辞任した。辞任をするにあたってのセレモニーも行われなかった。[11]辞任に関して、人気のある原監督と渡邉恒雄オーナーとの確執がマスメディアに報じられ、それに失望した巨人ファンが離れる要因となり、この混乱が原因で川相昌弘がコーチ就任要請を辞退して中日に移籍した。

堀内監督時代
2004年からはV9時代のエース堀内恒夫が監督に就任。生え抜きの高橋由伸らに加え、前年までで近鉄との契約が終わったタフィ・ローズ、ダイエーから膝の靭帯を断裂した後出場のなかった小久保裕紀を獲得した。かねてより所属する清原和博、ペタジーニ、江藤智などのさまざまな球団で活躍した4番打者が1チームに顔をそろえるという超重量打線となった。長嶋終身名誉監督に「史上最強打線」と名付けられた打線は、事実この年に年間259本塁打のプロ野球新記録(それまでのプロ野球最高記録は1980年の近鉄の239本、セ・リーグ最高記録は1985年の阪神の219本であった)を樹立。しかし、防御率の低下により成績は前年と同じ3位だった。近鉄・オリックスの合併問題に端を発したプロ野球再編問題では、球団スカウトが行った明治大学・一場靖弘投手への不正な金銭授受の責任を取り渡邉恒雄がオーナー職を辞任した。

2005年、ポジション争いをやめさせ、打順を固定する事により1年を戦う打線として「不動明王打線」と名付けたが、高橋由伸、二岡智宏らが軒並み故障。この年から始まった「セ・パ交流戦」では4位(セ・リーグでは阪神に次いで2位)と好調だったものの、8年ぶりにBクラスの5位に終わった。また、原監督辞任騒動から巨人人気が一気に下降した影響により、観客動員数の減少やテレビ視聴率の低下が起こった。そのため日本テレビでも巨人戦中継の延長が中止されたりその他の放送局でも延長時間の短縮・中止や深夜枠での録画・ダイジェスト版放送に差し替えが起きた。この低迷によって2005年シーズン中からストーブリーグを見越した活動が表面化し、成績不振と怪我の重なったローズや清原が8月頃からチーム編成からはずれ、また初の他球団出身監督として阪神の星野仙一シニアディレクターの名前があがった。星野招聘の報道が表面化すると球団出身者のみが監督となってきた伝統を崩すことに一部OBやファンが反発。星野は9月10日に会見を開き、阪神に残留することを表明した。10月5日、堀内監督は成績不振の責任を取って任期を1年残し退任し、翌年からの新監督として原辰徳が2年ぶりに復帰することを正式に発表した。

第2次原監督時代
第1次では同じ時期に巨人で現役として活躍した選手が中心であったコーチ陣容を組んだ原監督だが、第2次では彼らに加えて他球団での豊富な経験のある人材を求めた。ヘッドコーチに近藤昭仁、守備走塁コーチに篠塚和典が復帰。投手コーチに尾花高夫を招聘、また1994年から2002年まで打撃コーチを務め、2003年より広島に戻っていた打撃コーチ・内田順三が復帰した。選手補強も積極的に行った。投手陣ではオリックスを自由契約となったジェレミー・パウエル、FA宣言した豊田清(西武)、野口茂樹(中日)を獲得した。野手ではロッテの李承燁を獲得。金銭トレードで過去ゴールデングラブ賞を4度受賞した小坂誠(同)を獲得した。一方で前年シーズン途中に既に構想から外れていた清原、ローズを自由契約で、豊田の人的補償で江藤を放出した。

2006年はチーム方針として2005年のワールドシリーズを制したシカゴ・ホワイトソックスに習い「スモール・ベースボール」を掲げた。開幕当初は首位を独走していたが、5月に始まったセ・パ交流戦の途中で主力選手に負傷者が続出したことで失速することとなった。これに対して西武を自由契約となり米国挑戦したものの契約を結べず帰国していた小関竜也を入団テストで、広島の木村拓也を交換トレードで、前年阪神を解雇されたもののメキシカンリーグで好成績を収めていたジョージ・アリアスを来日させそれぞれ獲得するなど建て直しを図ったが、6 - 7月には8連敗、10連敗、9連敗と立て続けに大型連敗を喫し、一時は最下位にまで転落した。最終的にチーム防御率は1点以上の改善があったものの野手陣の不調で4位に終わり、いずれも球団史上初の4年連続完全V逸と2年連続Bクラスとなった。

Img00106727071

この結果を重く見た球団はさらなる改革に着手した。首脳陣ではまず走塁面の強化に西武黄金期に三塁コーチャーとして活躍した伊原春樹を野手総合コーチとして招聘。篠塚守備走塁コーチを打撃コーチへ配置転換、伊勢孝夫スコアラーを打撃コーチ補佐として現場復帰させた。なお近藤ヘッドコーチが退任し、総括ディレクターに就任、それに伴って開幕直前に伊原がヘッドコーチを兼任することとなった。選手では仁志敏久を交換トレードで横浜に放出、小久保がFAでソフトバンクに移籍したが、ソフトバンクを戦力外となったベテランの大道典嘉を無償トレードで、オリックスの谷佳知を交換トレードで、日本ハムの小笠原道大をFAでそれぞれ獲得したほか、残留を前提としたFA交渉を打ち切られた横浜の門倉健も加入する。一方門倉の加入に伴って補償選手として工藤を放出することとなり、逆にソフトバンクから小久保の補償選手として吉武真太郎を獲得した。

2007年5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5000勝を達成した。また2軍も5月29日のヤクルト戦でイースタンリーグ史上初の通算2000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由伸を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデットヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負けを喫し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となってしまった。このため恒例の銀座での優勝パレードも中止となった(巨人はこれまでリーグ優勝しても日本一になれなかった場合は優勝パレードを行ってこなかったが、日本シリーズ不出場による優勝パレード中止はこれが初である)。また、2軍も9月21日のヤクルト戦に勝利しイースタンリーグ優勝を飾ったが、9月29日に行われたファーム日本選手権では中日に2-7で敗れ、こちらも日本一はならなかった。

球団は前年に続き日本シリーズ終了後すぐ改革に着手。期待不足に終わったGGとジェレミー・パウエル、ファンからの人気も高かったデーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテを自由契約になった藤田宗一投手、横浜を自由契約となったマーク・クルーン投手、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガー投手およびアレックス・ラミレスを獲得した。

2008年はオープン戦から主力選手の故障、大きく台頭した坂本勇人を除いた若手の伸び悩み等でなかなか満足な試合運びを出来ず、黒星を重ねていった。ペナントレース開幕直後もチームはオープン戦の不調を引きずり、開幕戦となる3月28日のヤクルト戦(神宮球場)から4月2日の中日戦(東京ドーム)まで、球団ワースト記録となる開幕5連敗を喫した。開幕戦で4番打者を務めた李承燁、昨年のクローザーから先発に復帰した上原浩治が共に不調で二軍降格するなど戦力が揃わず開幕ダッシュに失敗した。だが、交流戦あたりから調子を上げはじめ、若手の積極的な起用策が功を奏し、後半戦も順調に勝ち星を重ね、7連勝中の9月19日から首位阪神に3連勝、最終的に球団32年ぶりの12連勝を記録するなど猛追し、同率で迎えた10月8日の最終直接対決で勝利し単独首位に立ち、10日に接戦の末にセ・リーグ記録となる最大13ゲーム差[12]からの逆転優勝を果たした。11.5ゲーム差を逆転し「メークドラマ」と呼ばれた1996年の優勝時以上の大差を逆転したことから、マスコミ等は、「メークレジェンド」と呼んだ。

クライマックスシリーズでは、第二ステージで中日ドラゴンズと対戦、アドバンテージの1勝を含む3勝1敗1分で勝ち抜けし、2002年以来のプロ野球日本選手権シリーズへの出場を決めるが、3勝4敗で西武ライオンズに敗れ日本一奪回は果たせなかった

http://www.giants.jp/top.html

http://hochi.yomiuri.co.jp/contents/baseball/npb/players/central/giants/

もし宜しければ読売ジャイアンツDVD年鑑 season '05-'06ダビング物で宜しければ販売
致します!価格は2000円です。( 5000人一組でお願い致します。)価格内訳500円読売新聞
社会長、社長様、球団オーナー様取り分、1000円万屋取り分(DVD制作費含む)、500円読売ジャイアンツ応援団長様取り分です。

http://www.yomiuri.co.jp/

長嶋さんの読売新聞発行記念テレカ格安でお分け致します!詳細はメール
にてお願い致します。

http://www.giants.jp/top.html

http://giantsouendan.com/

http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

中日ドラゴンズについて

中日ドラゴンズ

球団の歴史

1リーグ時代

1936年1月、新愛知新聞社を親会社として名古屋軍(なごやぐん)が結成。河野安通志を総監督(GM)に迎え、監督は池田豊が就任。明大の中根之、白系アメリカ人で捕手のハリス、名手・芳賀直一、日系外国人の高橋吉雄、主将の桝嘉一、スローボーラー・森井茂らが初期メンバー。1934年の大リーガー選抜来日時に、新愛知新聞社の田中斎が読売の正力松太郎より名古屋でのプロ野球球団結成の要請を受けたのが球団誕生の契機。新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍を結成。最初、正力とは別個の独自リーグ「大日本野球連盟」を組織し、各地に同様の球団を結成(4球団)、配下には3Aに相当する下部組織を作る等、当時としては先進的な構想を抱いていたものの、計画は進まず、既存の2球団をもって日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)に加盟して存続することとなる。当初の会社名は「株式会社大日本野球連盟名古屋協会・名古屋軍」「株式会社大日本野球連盟東京協会・大東京軍」であり、大日本野球連盟構想の名残が見られる。
1937年、河野が球団を去りイーグルスを結成すると、中根、ハリス、高橋らがあとを追い、池田監督も混乱を嫌い辞職。後任監督は桝嘉一。主力が抜けたことにより、チームは低迷。
慢性的な選手不足の戦前職業野球において、大沢清、西沢道夫、松尾幸造、村松幸雄など好成績を残す選手が隙無く台頭したが、チームの総力は巨人・阪神に及ばず、優勝は遠かった。
1942年、戦時下の新聞統廃合令により親会社の新愛知新聞社と名古屋新聞社(旧:名古屋金鯱軍親会社)が統合され中部日本新聞社として新設。合併に伴う本社人件費の増大により球団経営見直しの声が挙がり、球団への投入資金は大幅減少。中部日本新聞社取締役の大島一郎(旧新愛知新聞社の創業家出身)が個人的に出資し1943年のシーズンを終えることはできたが、大島個人の財力には限界があり、名古屋軍理事の赤嶺昌志が球団・選手を一手に引き受け、球団を理研工業の傘下に入れ選手を同工業に就職させた。球団名を産業(さんぎょう)に改称、選手は工場で勤労奉仕をする傍ら試合を行った。名古屋軍の選手も他球団同様例外なく多くが兵役に駆られ、「人間の翼 最後のキャッチボール」で有名な石丸進一を始め名選手が戦禍に散った。
1946年リーグ戦再開に伴い中部日本新聞社が経営に復帰。チーム名を中部日本(ちゅうぶにっぽん)として再出発。愛称は「中部」(参照)。
1947年のニックネーム導入にあたり、当時のオーナーだった杉山虎之助(中部日本新聞社社長)の干支である辰の英訳「ドラゴン」から中部日本ドラゴンズに改称。服部受弘が野手に投手に大車輪の働きをみせ戦後すぐのチームを支えた。しかし、オフに赤嶺が退団すると、赤嶺を慕う加藤正二、古川清蔵、金山次郎、小鶴誠ら11選手が退団、藤本英雄も巨人に復帰し、またしてもチーム力が低下。退団した「赤嶺一派」は各球団を渡り歩き、「赤嶺旋風」と言われる混乱を巻き起こした。
1948年に中日ドラゴンズに改称。オフに木造の中日球場が完成。翌シーズンより本拠地に。
1949年、天知俊一が監督に就任、杉下茂が入団。西沢道夫が打者として中日復帰。同年シーズンオフの2リーグ分裂騒動でセ・リーグに加盟。

セ・リーグ加盟後

1951年2月6日より名古屋鉄道が経営参加し名古屋ドラゴンズと改名。8月19日に中日球場が試合中の火災により全焼。(中日球場で予定されていた残りの試合は鳴海球場などに変更して行う)オフに鉄筋コンクリートで再建。
1953年シーズンをもって名鉄が経営から撤退すると中日ドラゴンズに名前を戻した。
1954年天知監督の下、西沢、杉山悟、杉下茂、石川克彦らの活躍で初優勝。日本シリーズでも西鉄ライオンズを4勝3敗で下し、初の日本一。天知監督を親分に見立て「天知一家」と俗称された。
1959年、伊勢湾台風による中日球場水没で公式戦の一部を他会場に振り替える。
1961年、濃人渉監督が就任。ブリヂストンタイヤより入団した新人・権藤博の活躍により巨人に1ゲーム差と迫るが惜しくも2位。
1962年、プロ野球で初めて、元メジャーリーガーのドン・ニューカム、ラリー・ドビーを入団させるが、3位。
1965年~1967年、西沢監督のもとで3年連続2位と健闘するが、惜しくも優勝には届かなかった。
1968年の杉下監督を挟み、1969年から元巨人の水原茂監督が就任するが4位、5位、2位と今ひとつ伸びなかった。
1972年から与那嶺要ヘッドコーチが監督に昇格。監督3年目の1974年、高木守道、星野仙一、松本幸行、トーマス・マーチン、谷沢健一らが活躍。巨人のV10を阻止しリーグ優勝を果たした。日本シリーズでは、ロッテオリオンズに2勝4敗で敗退した。与那嶺監督は1977年まで務めた。
1978年、中利夫監督が就任。初年度は5位、79年は3位とAクラス入りを果たすも、80年は6位と振るわず同年限りで辞任。この年を最後に高木が引退。

近藤・山内監督時代

1981年、近藤貞雄監督が就任。1982年には3度目のリーグ優勝。近藤は星野・木俣達彦などのベテランに代わり、平野謙、中尾孝義、上川誠二らの若手を登用。他の野手では大島康徳、田尾安志、ケン・モッカ、宇野勝、谷沢ら、先発には郭源治、都裕次郎ら、リリーフには牛島和彦の活躍があった。「野武士野球」と呼ばれる攻撃的な打線、継投を駆使する投手起用を見せた。プロ野球記録の19引き分けを記録したため、シーズン終盤、まだ2位だったのに優勝マジックナンバーが点灯。10月18日、横浜スタジアムの大洋最終戦、中日が勝てば中日優勝、大洋が勝てば巨人優勝という天王山では小松辰雄の完封勝利によって見事優勝。日本シリーズは西武に2勝4敗で敗退。この年限りで星野・木俣が引退
1983年、戦力不足からチームは5位に終わり近藤が退任。
1984年、山内一弘監督が就任。初年度は2位となったが、その後は1985年・1986年と2年連続5位。山内は1986年シーズン途中で休養に追い込まれ、シーズン終了まで高木ヘッドコーチが監督を代行した。 シーズンオフ、星野監督が就任。牛島、上川、桑田茂、平沼定晴との4対1トレードにより、ロッテから2年連続三冠王の落合博満を獲得する。このトレードに際しては、牛島が当初拒否し、星野自ら説得にあたった。享栄高校から、近藤真一がドラフト1位で入団する。

星野・高木監督時代

1987年、ロサンゼルス・ドジャースとの提携によりユニフォームをドジャース風に変更。ルーキー近藤が、8月9日の巨人戦で、プロ初登板初先発ノーヒットノーランという大偉業を達成。ペナントレースも、前年の不振を払拭し、5月には一時的に首位に立つなど、最終的には2位を確保する。シーズンオフに、大島、平野を放出。また、この年甲子園で春夏連覇を果たしたPL学園の主将、立浪和義がドラフト1位で入団。
1988年、4月終了時点で首位広島に8ゲーム差をつけられ最下位。7月8日には6連敗を喫し29勝31敗2分で借金2。ところが翌7月9日以降は50勝15敗3分、勝率.769と驚異的なペースで勝ち進み、10月7日に逆転優勝を果たす。生え抜き監督での優勝は球団史上初。小野和幸が最多勝に輝き、小松とともに先発陣を牽引。リリーフ・郭源治が44セーブポイントでMVPに輝いた。日本シリーズでは西武に1勝4敗と敗退。なお、本来は優勝パレードが予定されていたが昭和天皇の体調悪化により自粛に至った。星野仙一監督は1991年を最後に勇退。
1992年、高木守道監督が就任。12年ぶりの最下位に沈むも、成績は60勝70敗で、優勝したヤクルト(69勝61敗)と9ゲーム差しか離れておらず、この年のセ・リーグは6球団がすべて60勝台という大混戦だった。

Img10532753888

1993年は、今中慎二と山本昌広のダブル左腕エースが大活躍。両者とも17勝で最多勝に輝き、今中は沢村賞、山本は最優秀防御率のタイトルを獲得。ペナントレースは、前半戦でヤクルトが2位に大差をつけて独走していたが、後半戦開始直後から中日が猛烈な勢いで走り始め、9月1日、遂に首位に立つ。その後はヤクルトとのデッドヒートとなったが、最後はかわされ涙を飲んだ。シーズン終了後、落合が巨人にFA移籍。
1994年はシーズン中盤まで首位巨人に食らいついたものの、8月18日からの8連敗で完全に脱落したかに思われ、9月に入ると、この年に任期が切れる高木監督の後任として星野仙一の名が報じられるなど、チームは内外で万事窮したかに見えた。しかし9月20日からの9連勝を始めとする猛烈な追い上げを見せて首位の巨人に並び、10月8日、史上初の最終戦同率首位決戦(10.8決戦)となった。試合では、巨人に、落合、松井の本塁打に加えて当時の3本柱・槙原、斎藤、桑田のリレーでかわされ、苦杯を喫した。この年はアロンゾ・パウエルが首位打者、大豊泰昭が本塁打王と打点王、山本昌が最多勝、郭源治が最優秀防御率と、投打のタイトルを総なめした。
1995年、前年度の優勝を最後まで争っての2位という成績を評価され高木監督が続投。しかし不振を極め、結局シーズン途中に辞任。徳武定祐ヘッドコーチ、次いで島野育夫2軍監督が代行を務めた。
1996年、星野監督が復帰。ナゴヤ球場最終シーズンとなったこの年には、韓国ヘテ・タイガースから宣銅烈を獲得。抑えの切り札として期待されるも、日本の野球に慣れるのに時間がかかり不振に終わる。この年は例の長嶋巨人「メークドラマ」の年であったが、巨人があと1勝で優勝という時点で(巨人の残り試合はすべて中日戦だったのでマジックはつかなかった)で勝ち続け、9月24日から6連勝。そして10月6日、この試合を含む残り3試合の巨人戦に全勝すればプレーオフというところまでこぎつけるが、3試合目で敗れ去り優勝はならなかった。この年は山崎武司が本塁打王になるなど大豊、パウエルを主軸とした打線が活躍を見せ、“強竜(恐竜)打線”の愛称も一層の定着を見せた。

球団事務所のある中日ビル

ナゴヤドーム(ホームスタジアム)

ナゴヤドーム移転

1997年、ナゴヤドームがオープン。本拠地を移転し新時代の一歩を踏み出す。しかし狭いナゴヤ球場から一転、広いナゴヤドームに野手陣の慣れが追いつかず、5年ぶりの最下位に終わる。しかしこの年は宣銅烈が39セーブポイントを挙げ、山本昌が3年振り3度目の最多勝に輝くなど投手陣は奮闘を見せた。オフにはドームに対応した野球を目指して抜本的な改革が行なわれた。守備力と機動力を確保するためパウエルを解雇、阪神へ矢野輝弘・大豊を放出、交換で関川浩一・久慈照嘉が入団。また韓国ヘテから李鍾範を獲得。更に明治大から星野の後輩である川上憲伸がドラフト1位で入団。以降、中日は打のチームから投手と守備力を活かしたチームへと生まれ変わることになる。
1998年にはその改革が実を結び、走力を生かして得た1点を強力な投手陣で守る野球を確立。前半戦までは5割付近をさまよっていたが、例のごとく後半戦から走り始め、独走していた横浜をハイペースで追走。8月27日には1ゲーム差に迫った。しかし終盤の横浜戦7連敗が響き、38年ぶりの優勝を許した。投手コーチに元巨人の宮田征典を招聘しテコ入れ、その甲斐あって野口茂樹が最優秀防御率、川上憲伸が新人王を獲得した。オフには福留孝介がドラフト1位、岩瀬仁紀が2位で入団。
1999年は珍しく開幕前に本命に挙げられ、期待通りに開幕からいきなり11連勝。昨年度の投手陣は新たに招聘された山田久志投手コーチの指導で充実し、野口、川上、山本昌に武田一浩の先発陣に加え、新人の岩瀬仁紀が65試合に登板、サムソン・リー、落合英二らとともに不動のセットアッパーとなる。ストッパーの宣も好調で、12球団随一の投手王国を誇った。この年は大型連勝が多く、7月2日から8連勝したのに加え、シーズン終盤も9月21日から再び8連勝して一気にゴールテープを切り、見事に優勝。神宮球場で優勝が決まった9月30日には、無料開放されたナゴヤドームも超満員となり、11年ぶりのリーグ優勝を果たした。前半戦を首位で折り返しての優勝は球団史上初。「守りの野球」でリーグ制覇したが日本プロ野球史上唯一のゴールデングラブ受賞者皆無のリーグチャンピオンに。ナゴヤドーム移転後初の日本シリーズでは対戦相手の福岡ダイエーホークス投手陣を打ち崩せず、また山崎の欠場が響いたのか1勝4敗で敗れ、敵将・王監督の胴上げを許した。
2000年、2位は確保するものの、投打ともに前年の面影はなく、最後は9月24日、東京ドームでの巨人戦において、4-0でリードの最終回、エディ・ギャラードが江藤に満塁弾、二岡にサヨナラ弾を浴びて優勝を決められてしまった。
2001年、4年振りのBクラスに終わる。この年から井端弘和がレギュラーに定着。星野監督が辞任し山田投手コーチが監督昇格。

山田・落合監督時代

2002年、谷繁元信が横浜からFA移籍。外野手にコンバートされた福留が、松井の三冠王を阻止して首位打者のタイトルを獲得する。チームは巨人戦9連敗が響き3位。この頃、荒木雅博がレギュラーに定着。
2003年まで山田監督が指揮を執る。この年の7月5日、東京ドームでの巨人戦において立浪和義が2000本安打達成。また、この年は一度入団契約を交わしながら突如翻意し、メジャーリーグ・レッドソックスに入団したケビン・ミラーの代わりにロサンゼルス・エンゼルスよりアレックス・オチョアが来日。山田監督下の成績は3位、2位とまずまずだったが、山内一弘以来となる完全な外様(現役時代に中日に籍を置いた事がない者)だったことや、山田自身の生真面目な性格から周囲との軋轢があったといわれる。2003年9月9日、優勝した阪神相手に善戦していたにも関わらず休養させられたことがファンの物議を醸した。この年は朝倉健太、川上憲伸がケガで離脱し、ローテーションを守ったのは山本昌一人だった。また4番打者が流動的(主に立浪、アレックス)で固定出来ず、投手の好投を打線が見殺しにしてしまうケースが目立った。山田休養後は佐々木恭介ヘッドコーチが監督を代行。最終的に阪神には勝ち越し、完全優勝は阻止した。
2004年、1988年優勝時の4番打者である落合博満監督が就任。1987年以降の星野カラーを一新し、就任1年目でリーグ優勝を果たす。主力は元より控え選手も数多く起用し、守り勝つ「オレ竜野球」を見せた。日本シリーズでは、西武に3勝4敗で敗れ、50年ぶり2度目の日本一は果たせなかった。10月30日に名古屋市内で行われた優勝パレードでは16万人を動員した。
2005年、横浜よりタイロン・ウッズが加入。ドラフトでは石井裕也をはじめ即戦力となりうる新人を確保。球団初の開幕2試合連続サヨナラ勝ちなど交流戦前は好調。しかしこの年から導入されたセ・パ交流戦で15勝21敗と苦戦を強いられる。オールスター前後の11連勝など後半戦には粘り強さを見せ、首位阪神に2度にわたって0.5ゲーム差まで迫ったものの連覇はならず、最終的には10ゲーム差の2位に終わった。
2006年3月、東京遠征時の宿舎を第2次星野政権から使用していた赤坂プリンスホテルから近隣のホテルニューオータニへ変更することが決定した。ライバルの阪神も同じ宿舎を使用しており、阪神とは東京ドームでの巨人戦と神宮球場でのヤクルト戦で互いが日程的に重なることがあり、両チームの選手同士が同じ日に同じホテルに宿泊するという好ましくない事態がしばしば起きていたということと、これまでのヤクルト主催の千葉マリンスタジアムでの地方試合に加え、交流戦でロッテとも戦うため千葉への遠征が多くなり、千葉・幕張のニューオータニと併用して契約すれば宿泊料金が割安になるというメリットがあるからとされている。
2006年ペナントレースでは、投手陣と堅い守り、打撃陣がうまく絡み合う「オレ竜野球」で、6月半ばから首位を独走。8月に球団史上最速マジックナンバー(M40)を点灯させた。シーズン終盤には阪神の猛追に遭うものの一度も首位を明け渡すことなく、2006年10月10日に2年ぶり7度目のセ・リーグ優勝を決めた。セ・リーグ5球団に勝ち越しての、いわゆる「完全優勝」であった。日本シリーズでは日本ハムと対戦したが、1勝4敗で敗退。52年ぶりの日本一はならなかった。

2007年11月11日のアジアシリーズ決勝戦で優勝直後におこなわれた落合監督の胴上げ(東京ドーム)2007年のペナントレースは、常に上位をキープし、終盤には巨人、阪神との三つどもえの展開となったが、最後は巨人にかわされ、2位が決定、連覇はならなかった。落合監督が決意を込めて頭髪を丸刈りにして臨んだクライマックスシリーズでは、第1、第2ステージで5勝無敗で、セリーグとして初のクライマックスシリーズを制し、2年連続の日本シリーズ出場を一気に決めた。前年と同様、日本シリーズで日本ハムと対戦し、4勝1敗で53年ぶりの日本一に輝いた。また、ナゴヤドームでの胴上げは初めてで、名古屋での胴上げも53年振りであった(前回の日本一の時は中日球場)。パ・リーグでは以前も2004年及び2005年の日本シリーズでレギュラーシーズン終了時2位チームが日本シリーズを制覇しているが、当時はプレーオフでリーグ優勝を決め順位を入れ替えるという制度だったため、中日が2007年に達成した「リーグ優勝せずに日本シリーズを制した」というのはプロ野球史上初のことである。日本代表として出場したアジアシリーズでは初戦、韓国代表のSKワイバーンズに日本代表として初となる敗北を喫するも、2位として決勝戦に進出、1位のSKワイバーンズに勝利し優勝、アジア王者となった。
2008年はシカゴ・カブスに移籍した福留孝介の穴埋め役として西武からFA宣言した和田一浩を獲得したものの、4番タイロン・ウッズの極度の打撃不振や主力の野手・投手に故障者が続出したことに加え、シーズン終盤まで優勝争いを続けていた阪神との直接対決で6勝17敗1引分けと惨敗したことが大きく響き、優勝争いに一度も絡むことなく早々とペナントレースから脱落、結果的には3位となる。特に投手陣の故障と不振が最後まで響き、前年の阪神に続く規定投球回到達者なしのチームとなった。クライマックスシリーズ第1ステージは阪神との大接戦を2勝1敗で制したものの、第2ステージではシーズンを象徴するかのような拙攻と投手陣(特に救援陣)の崩壊が相次ぎ、巨人に1勝3敗1引分け(巨人側のアドバンテージ1勝分も含む)で敗退、3年連続日本シリーズ進出はならなかった。

チーム成績・記録

1950年以降の順位の変遷。赤い丸は日本シリーズ優勝を示すリーグ優勝・7回(1954年、1974年、1982年、1988年、1999年、2004年、2006年)
日本一・2回(1954年、2007年)
アジアチャンピオン・1回(2007年)
Aクラス・45回(1938年秋、1943年、1947年、1950年~1959年、1961年~1963年、1965年~1967年、1971年~1975年、1977年、1979年、1982年、1984年、1987年~1989年、1991年、1993年~1994年、1996年、1998年~2000年、2002年~2008年)
Bクラス・28回(1937年春~1938年春、1939年~1942年、1944年~1946年、1948年~1949年、1960年、1964年、1968年~1970年、1976年、1978年、1980年~1981年、1983年、1985年~1986年、1990年、1992年、1995年、1997年、2001年)
連続Aクラス入り最長記録・10年(1950年~1959年)
連続Bクラス最長記録・4年(1939年~1942年)
最多勝 89勝(1950年)
最多敗 83敗(1948年、1964年)
最多引分 19分(1982年)
最高勝率 .683(1954年)
最低勝率 .283(1937年秋)
最小ゲーム差 1.0ゲーム(1961年、1994年)
最大ゲーム差 34.5ゲーム(1948年)
最多本塁打 191本(1984年)
最少本塁打 1本(1937年春)
最高打率 .282(1984年)
最低打率 .182(1941年)
最高防御率 1.41(1943年)
最低防御率 4.75(1995年)

歴代本拠地
1948年 後楽園球場
1949年~1975年 中日球場(1952年のフランチャイズ制導入に伴い、正式に愛知県が本拠地となる)
1976年~1996年 ナゴヤ球場(中日球場を改称)
1997年~ ナゴヤドーム

チーム特徴
杉下茂、星野仙一、川上憲伸らをはじめ、明治大学出身者が多い。
打線の愛称は「恐竜打線」「強竜打線」など。かつてナゴヤ球場(改修前)を1軍ホームグラウンドにしていた時期は、狭い球場を生かした打力が売り物のチームだった。しかしナゴヤドームへと移転してからはチームが不振に陥り一転、投手を中心とした守備重視のチームへと切り替え、2004年以降は奮起も目立ち再度の定着を果たした。
東海地方唯一の球団ということもあり、地元には熱心なドラゴンズファンが多い。また、近隣の岐阜、豊橋、浜松などでは毎年地方試合が開催されている。
ニックネームの「ドラゴンズ」は親会社・中部日本新聞社(社名は当時)の杉山虎之助社長の干支「辰」にちなむ。現在の球団名「中日ドラゴンズ」の初出は1948年のことで、親会社よりも先に「中日」と名乗ったことになる。
2位になることが非常に多く、1950年に2リーグ制になってから2008年までの59シーズンで2位に22回なっている。この回数は、2リーグ制移行後の両リーグトップである(1990年代以降だけでも1991年、1993年、1994年、1996年、1998年、2000年、2003年、2005年、2007年の9回)。そのため、ファンの間では2位が中日の「定位置」と呼ばれることもある(「万年2位」、「優勝と縁遠い」というニュアンスも含むので、あまりいい称号ではない。その証拠に『サンデードラゴンズ』で「もう2位はいらない」というナレーションが入ったこともある)。21回の2位の内、最多優勝は巨人の13回。特に1963年、1994年、1996年、2000年は、直接対決で巨人に敗れて優勝を決められた。
2位が非常に多いのは、巨人が2リーグ制移行後に32回も優勝していることもあるが、ここ一番で勝ち切れない体質も指摘されている。1990年代以降を見ても、1991年の広島、1993年のヤクルト、1994、1996、2007年の巨人、1998年の横浜、2005年の阪神との優勝争いが挙げられる。いずれも一時期は絶望的な状況に追い込まれたにもかかわらずそこから相手を猛追して、あと一歩というところまで相手に迫りながらも優勝を逃した。
かつては数年周期で大きな低迷の年が来て、その翌年にはたいていの場合優勝争いに絡むという特徴があったが、近年のセ・リーグの中では強豪チームとなっており、2004年以降はほぼ毎年優勝争いに絡んでいる。
日本シリーズには8回出場しているが、1954年に最初の日本一になってからその後は6連続で敗退してパ・リーグとの相性は悪く、日本一経験のないまま消滅した近鉄・松竹を除く11球団の中でもっとも長い間日本一から遠ざかっていた。2010年までに日本一にならないと、近鉄が持っている55年間(1950年~2004年)連続日本一なしの記録を抜く可能性もあった。また、日本シリーズ6連続敗退は日本プロ野球の単独ワースト記録でもあった。しかし2007年に日本シリーズ制覇を達成して終止符を打つことになった。
その他、2005年には交流戦で15勝21敗と負け越している。この年、中日と阪神の対セ・リーグ成績はほぼ同じであったため、これが優勝争いに響く形となった。2006年は20勝15敗1分と勝ち越し優勝したものの、日本シリーズは1勝4敗で敗れた。
育成選手の背番号が他球団では100番台を使用しているなか育成選手に対しては200番台を採用している。(100番台はチームスタッフに採用している。)

応援スタイル

鳴り物応援およびチャンステーマも参照

選手別のヒッティングマーチを歌いながら、メガホンなどを叩くスタイルである。1980年代~1990年代初頭までの選手別応援歌は他の楽曲から流用したものが多く見られる(例:立浪和義:ガラスの十代、落合博満:マグマ大使など)。1997年のナゴヤドーム移転後からは全国中日ドラゴンズ私設応援団連合が2つのチャンステーマと現監督落合博満の応援歌(上述したマグマ大使)以外は全ての選手応援歌を作曲・作詞して演奏している。1回の攻撃開始、7回の攻撃前、9回以降の攻撃前、得点時に「燃えよドラゴンズ!」を演奏する。他球団では得点時やラッキーセブンで曲が使い分けられたりするが、中日は得点時・勝利時等で全て燃えよドラゴンズを演奏するので、試合中に演奏される機会が非常に多い。応援歌が無い選手には「ガッツだドラゴンズ」(新人王資格あり)、「ドラゴンズマーチ」(新人王資格なし)が演奏される。過去は5年目までが「ガッツだドラゴンズ」、それ以降が「ドラゴンズマーチ」だったが、2004年~2005年オフシーズンに中堅所のベテランから5、6年目の選手を大量に解雇・放出したこと、大学生・社会人ドラフトの分離によって高年齢ながら入団後まもない選手が増えることが予想されることにより基準が3年目までに変更された。2007年シーズンは「ドラゴンズマーチ」に一本化していたが、2008年シーズンは基準を新人王資格の有無に改め、「ガッツだドラゴンズ」の演奏が復活した。

チャンステーマは3つある。

元中日ゲーリー・レーシッチらに使われた山本リンダの「狙い撃ち」(2002年後半から)。
通称「狙い撃ち」。2003年から青とピンクの手袋をはめて応援するスタイルを始めたが、あまり広まっていない。
元中日アロンゾ・パウエルの応援歌(2004年から)。
通称「パウエル」、又は「Get Victory」。下記の「川又」は歌詞つきであるが、「パウエル」は歌詞中に選手名を含むため、チャンステーマとしては歌詞なしである。
元中日川又米利に使用されていたささきいさおの「ぶっちぎりの青春」(2005年から。全国では2006年夏から)。 通称「川又」。初めは巨人戦限定、関東以北限定だったものの、2006年8月下旬よりナゴヤドーム等全国の球場でも使用されている。
他にも特徴的な応援としては、小田幸平が打席に立った時に「O・D・A」コール、タイロン・ウッズが打席に入った時の入場曲(メガホンダンス付きである)の演奏、井上一樹の入場曲の演奏(こちらはオリジナル)、井端弘和のファンファーレ等がある(2005年まで在籍してた大西崇之もファンファーレがあった)。
2008年は応援団の中でも主導的役割を担っていた竜心会、白龍会が暴力団との関係を理由に全球場を出入り禁止になってしまっている。それに抗議するため他の応援団も応援を取りやめた。当初は何のリードもない応援だったが、笛と太鼓による応援は復活している。ただしトランペットによる応援はしばらく復活しなかった。現在はホームでのみトランペットの応援が復活している。

ユニフォーム変遷

1936年 球団創設時のチームカラーは黒。左袖には金のシャチホコをモチーフにしたマークがつけられていた。帽子マークは現在の広島のものと同一。
1937年~1938年 金のシャチホコがユニフォームのマークとなり、その下には「NAGOYA」のマークがつけられていた。また、新愛知新聞のマークが左袖に付けられた。
1939年~1940年 球団創設時のユニフォームを復活。ロゴが黒で縁どりが赤。
1940年 ナチスのハーケンクロイツを参考にしたロゴが登場。左袖にポケットがないのが特徴。
1940年~1942年 名古屋の「名」マークが赤に変更され、前立てラインが廃止される。
1943年~1944年 国防色の採用が義務付けられ、「名」マークが廃止された。
1946年~1947年 「CHUBUNIPPON」のロゴ登場。ビジター用に当たるグレーのユニフォームに「CHUNICHI」のロゴが登場。当時はペンキで書いていた。
1948年 この年から中日ドラゴンズとなるが、スペルが「Doragons」となっている(「トリビアの泉」でも取り上げられた)。ビジター用はライン部分をマイナーチェンジ。ホーム用のロゴはドジャースを意識していた。
1949年 中日の「C」と名古屋の「N」を組み合わせたロゴが登場したが選手からの評判が悪く1年で廃止された。
1950年~1951年 2リーグ分裂を機にユニフォームのスペルを「Dragons」に変更。また、夏場に縦縞ユニフォームが登場。
1952年~1959年 球団名が名古屋ドラゴンズとなる。その後名鉄が球団経営から撤退し中日ドラゴンズに戻るが、ユニフォームは継続使用された。1956年からビジター用が「CHUNICHI」に変更。帽子マークは名古屋時代は「N」マークだったが、中日になってからは「C」(書体は後の広島と同じもの)となった。
1960年~1961年 胸番号の装着を機にフルモデルチェンジ。えび茶が採用され派手なイメージとなる。帽子に中日の「C」とドラゴンズの「D」を重ねたマーク(CDマーク)が初登場。
1962年 濃人監督の出身球団・名古屋金鯱のチームカラーである紺と山吹を採用したユニフォームが登場。同時に帽子のマークを変更しCDマークが1968年途中まで使われたデザインとなる。
1963年~1964年 水色に近い明るいブルーが登場。同時に帽子・アンダーシャツ・ストッキングもブルーに変更。※いわゆる「ドラゴンズ・ブルー」のユニフォームが初登場。理由は主催試合の中継権をもつ中部日本放送と東海テレビ放送が1964年から東海地区では初のカラー放送を開始するためそれに合わせたためだといわれている。
1965年~1968年 西沢監督の就任を機に紺と赤を基調としたユニフォームに変更。1967年からは「Dragons」のヒゲが長くなり、1968年からは日本プロ野球史上初のノースリーブユニフォームも登場(後述を参照)。
1969年~1973年 水原茂監督就任により、モデルチェンジ。チームカラーがライトブルーになり、帽子のCDマークもドジャースを意識したようなブロック体に変更。
1974年~1986年 与那嶺要監督就任により、モデルチェンジ。肩、腰、パンツにかけて太いラインが入る。その間、1974年、1982年の2度のリーグ優勝をもたらした。途中、マイナーチェンジを繰り返しつつ、13年間使用された。
ホーム用は、ライン、ベルトが青、胸ロゴ、胸番号、背番号が赤に青の縁取り。
ビジター用は、上下ライトブルーで、ライン、ベルトが赤、胸ロゴ、胸番号、背番号が赤に白の縁取り。

Scr_wallpaper0711v2_1280

1977年より 背番号の上に選手名が入る。
1981年~1983年 2つボタンのプルオーバータイプとなる。
1984年~1986年 前開きボタンが無くなり、被り式のVネックとなる。
1987年~2003年 星野仙一監督就任により、大幅にモデルチェンジされる。ロサンゼルス・ドジャースを意識したモデルになる。1988年、1999年と2度リーグ優勝したゲンのいいデザインで、マイナーチェンジはあったが、基本デザインはホーム用は17年間、ビジター用は15年間の長きに渡り使用された。帽子のマークがそれまでの「CD」から筆記体の「D」に変わり、胸番号が赤になる。胸ロゴはホーム、ビジター共「Dragons」。
ホーム用は、上下白。
ビジター用は、上下グレー。
1996年より、胸番号、背番号・背ネームの書体が従来の高校野球型から、メジャーリーグタイプ(日本球界で初めて)のものに変更される。
1997年より、帽子の「D」マークが、筆記体からブロック体の「D」変更された。
1999年より、右袖に「CHUNICHI」の文字が入る。
2002年のみ、ビジター用の上着が青色になる。
2003年のみ、ビジター用の上着がグレーに戻り、青のラケットラインが入り、胸ロゴ、胸番号、背番号に白の縁取りがつく。
1998年のみ日曜日のナゴヤドームでの主催試合に限り、ノースリーブユニフォームが復活した(後述を参照)。
2004年~ 落合博満監督就任と同時にモデルチェンジ。1974年~1986年に使用された肩、パンツの太ラインと、帽子のCDマークが復活(ただし「C」の文字が若干異なる)し、ホーム用の「Dragons」のロゴが「DRAGONS」とブロック体になる(Dの部分が帽子と同じCDマーク)。
ホーム用は、胸ロゴ、背番号、胸番号、太ライン共青。左袖には「CHUNICHI」の文字。
ビジター用は上着が青、パンツが白で、パンツには太ラインがない。また胸ロゴの「CHUNICHI」が復活する。左袖にはホーム用の胸文字と同じロゴ。
2006年から、ホーム用左袖部分が「CHUNICHI」にかわりスポンサーとして「中日新聞」のロゴが入る。

歴代監督

※太字は優勝達成監督

1936年 - 池田豊
1937年 - 桝嘉一(第1次)
1938年~1939年 - 根本行都
1939年~1941年 - 小西得郎
1941年~1942年 - 本田親喜
1942年~1943年 - 桝嘉一(第2次)
1944年 - 三宅大輔 ※1
1946年 - 竹内愛一 ※2
1946年~1948年 - 杉浦清(第1次) ※3 ※4
1949年~1951年 - 天知俊一(第1次) ※5
1952年~1953年 - 坪内道典
1954年 - 天知俊一(第2次) ※6
1955年~1956年 - 野口明
1957年~1958年 - 天知俊一(第3次)
1959年~1960年 - 杉下茂(第1次)
1961年~1962年 - 濃人渉 ※7
1963年~1964年 - 杉浦清(第2次)
1964年~1967年 - 西沢道夫 ※8
1968年 - 杉下茂(第2次) ※9
1969年~1971年 - 水原茂
1972年~1977年 - 与那嶺要
1978年~1980年 - 中利夫
1981年~1983年 - 近藤貞雄
1984年~1986年 - 山内一弘 ※10
1987年~1991年 - 星野仙一
1992年~1995年 - 高木守道 ※11
1996年~2001年 - 星野仙一(第2次) ※12
2002年~2003年 - 山田久志 ※13
2004年~ - 落合博満
※1 ここから産業
※2 ここから中部日本
※3 ここから中部日本ドラゴンズ
※4 ここから中日ドラゴンズ(第1次)
※5 ここから名古屋ドラゴンズ
※6 ここから中日ドラゴンズ(第2次)
※7 1961年から1962年の登録名は濃人貴実
※8 1967年は5月18日まで指揮、5月30日に復帰するまでは近藤貞雄が代行
※9 1968年は6月24日まで指揮、残り試合は本多逸郎が代行
※10 1986年は7月5日まで指揮、残り試合は高木守道が代行
※11 1995年は6月2日まで指揮、残り試合は徳武定祐と島野育夫が代行
※12 2000年は5月6日まで指揮、5月12日に復帰するまでは島野育夫が代行
※13 2003年は9月9日まで指揮、残り試合は佐々木恭介が代行

永久欠番

10: 服部受弘(1960年- )
15: 西沢道夫(1959年- )
※中日出身者で名球会に加入している選手が現役時代につけていた背番号(41・1=高木守道、14・41=谷沢健一)はすべて永久欠番にはならず、在籍選手での会員である立浪和義の背番号(3)を永久欠番にする話もない。これは中日での永久欠番の条件が日本一に貢献した選手に限られるためと言われている。

※ただし、1954年に日本一になった時の最大の功労者である杉下茂の背番号(20)が永久欠番になっていないのは、一旦引退しながら1961年に大毎オリオンズで現役復帰したからだと推測されるが、それは正しくない。

杉下の背番号(20)も永久欠番にする話があったが、すでにチームを退団した服部や西沢と違い杉下は当時監督としてチームに残る予定だったので、「保留」にしてもらった、と後のテレビ番組にて本人が語っている。したがって現在も保留中状態にあるが、杉下本人は背番号(20)が代々受け継がれていくことを望んでいる、と語っている。

マスコット

球団マスコット

球団マスコットは以下の3体。

ドアラ - 名古屋市千種区の東山動物園のコアラにちなんだキャラクター。アクション担当。背番号は000、のち1994。2003年には、期間限定マスコットとして、ゴールデンドアラも登場した。珍プレー好プレーでイジられる姿がよく映った。なおマスコットの中では、バク転を披露するなど、リーダー的活躍。
シャオロン - 下記で述べるように2匹は龍の子供という設定である。ドーム元年となった1997年、公募により誕生。由来は中国語で龍の子供を意味する“小龍”(しゃおろん)。水色。背番号は777、のち1997。
パオロン - 2000年より登場。シャオロンの友達とも妹ともいう。ピンク色。背番号は2000。
たまにシャオロンとパオロンを見た目から「カバの兄弟」と勘違いされるが、彼らのモチーフは龍である。

関連マスコット

ガブリ - 2006年に球団創設70周年を記念して設立された球団公式ファンクラブのマスコット。1991年、スタジオジブリの宮崎駿が、中日ファンの鈴木敏夫のために、当時の四番打者落合博満と竜をモチーフにデザイン。後にファンクラブのマスコットとして提供され、鈴木氏には名誉会員1号の称号が贈られた。名前は公募でつけられた。
ドムラ - ナゴヤドームの公式マスコット。ゴリラをモチーフにしている。

歴代の球団歌

『ドラゴンズの歌』

1950年発表。小島情作詞 サトウハチロー補作詞 古関裕而作編曲 伊藤久男歌唱。1949年(昭和24年)、中部日本新聞社が曲詞を一般公募。小島情の詞を第一等入選とし、中日ファンであったサトウの助力を受けて、巨人、東急、阪神の球団歌を手がけた古関により仕上げられた。翌1950年(昭和25年)3月21日、セントラルリーグ発足式で発表会が行なわれ、レコードが発売された。B面は、やはり名古屋の「名古屋タイムス社」一般公募による当選詞に藤浦洸の補作詞、古関作曲、「宝石の声をもつ」と讃えられた安西愛子の歌唱による「私のドラゴンズ」が収められていたが、中日、名古屋タイムス、両紙の関係が良好ではなかったため2曲とも歴史の闇に眠ったままであった。(アナログLP盤「懐かしのSP盤黄金時代」(日本コロムビア) 曲目解説文・改)しかし、『ドラゴンズの歌』は2006年発売のアルバム『昇竜魂~ドラゴンズ70thメモリアルソングス~』に収録された。
『燃えよドラゴンズ!』
1974年にCBCラジオの企画で作られた応援歌。中日の代表的な応援歌であり、毎年選手の入れ換えとともに歌詞が変わる希有な応援歌でもあり、球団歌・応援歌の中でもっとも広く定着している。詳細は同項を参照。
『夢は1001、ドラゴンズ』
1987年、星野仙一監督の就任とともに『燃えよドラゴンズ!87』とともにリリースされた中日のイメージソング。
『ドラゴンズに乾杯!』
1991年、『燃えよドラゴンズ!91』の発売と同時にリリースされた歌。『燃えよドラゴンズ』『少年ドラゴンズの歌』『燃えよガッツだドラゴンズ』『ダッシュだ!!ドラゴンズ』『夢は1001、ドラゴンズ』の流れを引き継ぐイメージソング。作詞作曲は山本正之、編曲は神保正明。
『勝利の叫び』
歌はドラゴンスターズ、水木一郎のヴァージョンとがある。
『嵐の英雄(ヒーロー)』
歌はドラゴンスターズ。

主なキャンプ地

現在のキャンプ地

沖縄県北谷町・北谷公園野球場 (1軍)(1996年~)※1
沖縄県読谷村・読谷平和の森球場 (2軍)(1997年~)※2
※1 1997年のみ2次キャンプ地。
※2 1997年のみ2次キャンプ地。

過去のキャンプ地

鹿児島県鴨池球場(1946年)
鳴海球場(1947年~1948年)
中日球場(ナゴヤ球場)(1949年~1951年、1964年、1972年~1975年、1997年)※3
神戸市芦屋神戸銀行グランド(1952年)
静岡県伊豆静岡県立大仁高等学校(伊豆)グランド(1953年、1956年)
奈良県営球場(1954年~1955年、1957年)
鹿児島県湯之元町湯之元町営球場(1958年~1959年)
大分県別府市別府市営球場(1960年~1963年)
大分県営球場(1960年)
明石市営球場(1963年、1969年~1971年)
和歌山県勝浦(巴川・妙法)(1964年)
松山市営球場(1965年~1968年)
浜松市営球場(1972年~1977年)
米国・フロリダ・ブラデントン球場(1975年)
掛川市営球場(1978年)
宮崎県串間市営球場(1979年~1995年)※4、※5、※6
沖縄県具志川球場(1985年~1992年)※7、※8
沖縄県石川球場(1987年~1996年)※9、※10、※11、※12、※13、※14
米・フロリダ・ドジャースタウン(1988年)※15
豪洲・ゴールドコースト(1989年~1992年)※16
米アリゾナ・ピオリア(1995年)※17
※3 1997年は1次キャンプ地。
※4 1983年は1軍2次キャンプ地および2軍キャンプ地。
※5 1984年は1・2軍キャンプ地。
※6 1985年以降は、1軍の2次キャンプ地および2軍キャンプ地。
※7 1988年は1軍1次キャンプ地。
※8 1989年以降は1軍2次キャンプ地。
※9 1987年は1軍キャンプ地。
※10 1988年は1軍1次キャンプ地。
※11 1989年~1992年までは1軍2次キャンプ地。
※12 1993年~1994年は1軍キャンプ地。
※13 1995年は1軍2次キャンプ地。
※14 1996年は2軍キャンプ地。
※15 1軍2次キャンプ地。
※16 1軍1次キャンプ地。
※17 1軍1次キャンプ地。

参考文献
『中日ドラゴンズ70年史』(中日新聞社刊)147頁~149頁

中日ドラゴンズが主催する地方遠征について
中日ドラゴンズはナゴヤドームでの主催試合のほかに、下記のように毎年6試合ほどの地方遠征を行う。なお豊橋・浜松、岐阜・福井、富山・金沢と球場の場所が比較的近いのを考慮して日程が編成されている。特に富山・金沢の試合は北陸シリーズと呼ばれたりする事が多い。またバックネット裏の広告もナゴヤドームの場合のトヨタ自動車ではなく、球場ごとに異なる広告が掲示される(例:長良川-大垣共立銀行、豊橋-SaLa など)

なおオープン戦の場合は、キャンプ地の北谷球場をかわきりに、浜松市営球場・長良川球場を除く下記に記された以外の東海地方の各都市(岡崎・豊田・小牧)でも開催されることがあり、毎年多くの観客が来場したりしているほか、東海テレビ・CBCテレビで中継されている。

豊橋 - 豊橋市民球場(ここで開催されている球場の試合は東海ラジオ放送の主催する試合のため、テレビ中継は関連する東海テレビや三重テレビで放送されている)
浜松 - 浜松市営球場
岐阜 - 岐阜県営長良川球場
福井 - 福井県営球場
富山 - 富山市民球場
金沢 - 石川県立野球場
ファームの場合も毎年地方遠征を行うほか、ナゴヤドームで試合を行うことがあるが(ただし開始時刻が通常より早まるほか、内野エリアのみの開放のため売店も一部のみの営業、バックスクリーンの映像演出がないなど、1軍と比べると様式が違う部分が多い)、通常のナゴヤ球場の場合のようなスタイル(ドラゴンズ公式ファンクラブ会員なら、チケットを買わずに会員証を見せるだけで入場できるシステム。ただし人数制限あり)ではなく、1軍公式戦の時より安価に設定されているものの、チケットを買わなくてはならない。

なお、東海3県では唯一三重県ではここ数十年1軍公式戦を行っていない。オープン戦や2軍の試合では四日市市霞ヶ浦第1野球場や津市営球場を使うことはある。また中日新聞の販売エリアである長野県・滋賀県・和歌山県も現在のところ1・2軍とも試合が行われていない。

メディア

関連番組

在名民放テレビ局に関しては、基本的に月刊ドラゴンズ内『ドラ応援番組裏話』を基準とするほか、初回放送分のみ記載する。掲載順はテレビ・ラジオともに放送日(月曜日始点)。

テレビ

スターキャット - 燃えドラ!スタジアム(木曜日14:00~14:30)
テレビ愛知 - ユメスポ(土曜日9:50~10:00)
東海テレビ - ドラゴンズHOTスタジオ(スーパーサタデー内)
メ~テレ - スポケン!(土曜日深夜24:30-25:00)
CBCテレビ - サンデードラゴンズ(日曜日12:54~13:24)
中京テレビ - SPORTS STADIUM(日曜日17:00~17:30)
ラジオ
CBCラジオ - 2000年10月2日~2009年4月2日まではドラゴンズワールドがシーズンオフ・シーズン中関係なく放送されていた。現在は土曜天国 ぴかラジ(土曜日12:30~17:57)・若狭敬一のスポ音(日曜日17:00~17:57)などでドラゴンズ情報を扱う。
東海ラジオ - ガッツナイター最前線(月曜日17:45~18:20。シーズン中)/ガッツだ!ドラゴンズ(シーズンオフ。平日17:45~18:15)

放映権

中日ドラゴンズ主催試合の放送権があるのはNHKと中京広域圏内で中日新聞社系列である民間放送のAMラジオ2局・テレビ4局のみで、特にテレビ中継による放映権取得分の約8割はCBCと東海テレビに集中している(両局とも中継の数は半々に振り分けている)。

一方で非中日新聞社系列であるメ〜テレ・中京テレビ放送・岐阜テレビ・岐阜ラジオに放送権はなく、中日ドラゴンズ主催試合を中継できない(但し、系列がある阪神戦・横浜戦・広島戦のビジターゲームは放送することもある。かつては、巨人戦以外の主要ビジターゲームを三重テレビ放送・岐阜放送が生中継したのち、メ~テレでそれを編集・再構成し自社スタジオでカラ出張放送したビデオナイター・ゴーゴードラゴンズとして放送した事例もある)。

同じ中日資本の三重テレビ放送とテレビ愛知も開局当初はホームゲームの中継が出来なかった。しかし三重テレビでは東海テレビが放送できない試合を三重テレビで放送することにより中継開始、またテレビ愛知でも現在は年数試合が放送されており、2007年には53年ぶりの日本一を達成した日本シリーズ第5戦(制作はナゴヤドームの巨人戦を含めてキー局のテレビ東京)を民放初となる完全中継を行った。

また岐阜テレビでは過去にCBCと提携し、CBCで中継できなかったホームゲームを中継したことがあったが、現在はしていない。但し、2007年の日本シリーズ第5戦はテレビ愛知でなくテレビ東京制作のため独立UHF局にも中継協力要請があり、岐阜テレビでも中継が行われた。

浜松、福井といった中京広域圏外での主催ゲームは、地元民放の中継がない。ただし浜松市近郊では、中京広域圏内の中日新聞社系列民放の豊橋局を受信することでゲーム視聴可。

また、岐阜ラジオではスポーツニュースで中日ドラゴンズの結果を伝える際は「中日」とは言わず「ドラゴンズ」としてコメントするといわれている。

ラジオ

NHK名古屋放送局(NHKプロ野球)

中部日本放送(CBCドラゴンズナイター。デーゲーム中継等は『CBCドラゴンズスペシャル』として。ただしデーゲームの多い土日は競馬中継のため中断することがある)
東海ラジオ放送(東海ラジオ ガッツナイター。デーゲーム・月曜ナイターは『東海ラジオ ガッツナイタースペシャル』として。なお東京ヤクルトスワローズの主催試合を中継する際は、東海地方の民放ラジオ局で唯一の、独占生中継で放送する(放送権の関係)が、一方で読売ジャイアンツの主催試合を、CBCとの兼ね合いからか、自社制作できていない。2009年度は巨人主催試合のほかに、東京ヤクルトを除く関東地方で行われるデーゲームの試合中継ができなかった)
テレビ
NHK名古屋放送局(NHKプロ野球)
東海テレビ放送(BASEBALL SPECIAL~野球道~・ローカル中継のタイトルは、ナイター時『プロ野球ナイター中継2008』デーゲーム時『プロ野球中継2008』。巨人戦ではフジテレビONE(東京ヤクルトのホームゲームと重なる場合はフジテレビTWO)でも放送)
三重テレビ放送(三重テレビナイター。東海テレビが年間を通じて諸事情の関係で中継できないホームゲームを、東海テレビの製作協力により放送されている(東海テレビがCS放送担当日の場合、同時生中継されることもある)。なおビジターゲームも他のUHFテレビ放送局が放送している試合をネットする形で放送している。)
中部日本放送(ザ・プロ野球、ローカル中継のタイトルは『ザ・プロ野球 燃えよドラゴンズ!』。なおビジターゲームもデーゲームを中心に不定期で中継する。巨人戦ではBS-TBS、TBSニュースバード、(横浜のホームゲームと重なる場合はTBSチャンネル)でも放送)
J SPORTS(J SPORTS STADIUMとして放送されている。ホーム戦は、東海テレビ・CBCテレビが地上波で放送される場合、CS放送の中継制作も担当。テロップはオリジナルを使用するが、地上波と比べるとかなり簡略化されたデザインを使用。NHKやテレビ愛知(2007年まではテロップも提供)の担当日も映像提供のみ行っている。また優勝決定後に行われるビールかけの模様も生中継される)
テレビ愛知(侍スタジアム)(読売ジャイアンツ戦の放映は2006年まではなかったが、2007年から1試合の中継を行う。ホームゲームも放送するが、東海地方のテレビ局の中では、ビジターゲームでも現地に自社スタッフを派遣することが多い。)
東海地方の各ケーブルテレビ(2007年よりウエスタン・リーグ、2009年からは「燃えドラ!スタジアム(西暦年)ウエスタンリーグ/オープン戦」とタイトルが新しくなったほか、ナゴヤドームでのオープン戦も中継。球団公式HPなどにはスターキャットのみの掲載だが、実際は「東海ケーブルチャンネル」でも同時中継される。制作:スターキャット・ケーブルネットワーク)

キーワード
この記事に雑多な内容を羅列した節があります。
事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。
(このタグは雑多な内容を羅列した節の冒頭への貼付が推奨されます。参考:Template:雑多な内容の箇条書き#配置する場所)
このタグは2007年11月に貼付されました。

背番号20番

1949年に杉下茂が背番号20番を背負って以来、ドラゴンズを代表する投手や、期待される投手に背番号20番が与えられてきた。このことから背番号20は「ドラゴンズのエースナンバー」と呼ばれている。杉下以降に20番を付けた投手は、以下のとおりである。

杉下茂(1949年 - 1960年)
権藤博(1961年 - 1969年)
渡部司(1970年)
星野仙一(1971年 - 1982年)
小松辰雄(1984年 - 1994年)
宣銅烈(1996年 - 1999年)
川崎憲次郎(2001年 - 2004年)
中田賢一(2005年 -)
ただし、落合監督は「エースナンバーは18」が持論であり、そのため、希望獲得枠ではなくドラフト2巡目入団の中田賢一に「空いていた背番号」として20を与えている。(ちなみに、1巡目の樋口龍美に21、5巡目の鈴木義広に23を与えた)。この時『20番はエースナンバーじゃないんですか?』という記者の質問に、落合監督は『20がエースナンバーだって言うんなら、杉下さんで永久欠番にすりゃよかったんだ(笑)』と答えた。

延長28回

1942年5月24日に行われた大洋対名古屋5回戦(後楽園球場)の試合は、大洋の先発投手・野口二郎、名古屋の先発は西沢道夫で始まった。9回を終えて4対4の同点で延長へ。当時は戦時下による突貫主義が野球にも影響を与えており、引き分けの条件は日没のみ。9回以降は両軍とも0点が続き、延長28回を終わった時点で日没コールドが宣言され試合は終了した。先発両投手が最後まで投げきり、野口が投球数344球、西沢は311球で完投した。試合時間は3時間47分。プロ野球の延長記録では世界最長となった。

但し3Aも入れて見ると世界最長は1981年4月18日にポータケットで記録された、延長33回、8時間25分である。この時は日付変わって午前4時7分、延長32回サスペンデッドゲームが宣告され、同年6月23日に再開(サヨナラヒットにより1イニングで決着)されている。(史上2位はアメリカメジャーリーグの延長26回=1920年5月1日のブルックリン・ドジャースvsアトランタ・ブレーブス)。

当時のスコアテーブル
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 合計
名古屋軍 0 1 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
大洋軍 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4

2度も唯一を経験

中日ドラゴンズは1948年に自前の球場ナゴヤ球場(※1948年 - 1975年までは中日スタヂアム)を完成させナゴヤドームに本拠地を移す前年の1996年まで本拠地として使用していたが本拠地球場がらみの災難をナゴヤ球場時代に2度経験している。1つ目は球場を火事で焼失。2つ目は球場の運営会社倒産の影響で本拠地消失の危機に陥ったことである。前者は1951年の出来事である。初代の中日スタヂアムは木造作りだったが故にタバコの不始末によるボヤ騒ぎがしょっちゅうでセントラル・リーグ発足以降は連盟から改善命令を受けていた。その年の8月の対巨人戦の3回表頃にバックネット裏から出火、あっという間に燃え広がり全焼してしまった。おかげでチームは残りの主催試合を静岡県や神奈川県で行う羽目に。しかしこの火災直後に鉄筋コンクリート作りで再建が開始され、翌1952年には完成して支障を来たさずに済んでいる。(なお、1959年に発生した伊勢湾台風の時も、球場が水没したため一部の主催試合の会場を変更した事例がある)後者は1973年 - 1974年の出来事。中日スタヂアム時代のナゴヤ球場は中日新聞社の関連会社(株)中日スタヂアムが運営していたが1970年代頃からほかの事業がうまくいかず経営が悪化。1973年に社長が三重県の志摩海岸で自殺していたのが発見されたことにより倒産にいたっていたことが発覚(※ 倒産後同社の不渡手形をめぐる恐喝・殺人事件が発生したがこれは中日スタヂアム事件を参照されたい)。当時東海地方に主催試合を行える球場がなかったためたちまち本拠地消失の危機を迎えてしまったが債権者の同意を得て1974年・1975年のシーズンを乗り切ることができた。そして、1976年に中日新聞社と地元の中継権を持つ中部日本放送・東海テレビ放送・東海ラジオ放送、地元名古屋市の財界の雄トヨタ自動車(当時はトヨタ自動車工業)や中部電力など東海地方の有力企業が共同出資して新たな運営会社、(株)ナゴヤ球場が設立され中日スタヂアムの運営を引き継ぎ、球場名もナゴヤ球場と改称され1996年まで本拠地運営していくのである。

変則ダブルヘッダー

戦前・並びに戦後初期は変則ダブルヘッダー(異なる組み合わせの試合を同じ会場で施行する)のケースが頻繁に行われたが、1952年にプロ野球地域保護権(フランチャイズ=ホームタウン)が制定されてからも、1960年代初めまで関東地方に籍を置くチームの多くは後楽園球場を使用していたため、変則ダブルは当たり前だった。 その後変則ダブルは皆無に等しくなるが、1971年10月11日に川崎球場で行われたダブルヘッダーは中日がビジター(アウェー)で、ホームチームが入れ替わるというものだった。というのも日本シリーズ・巨人vs阪急の開催が10月12日から行われるのに併せて、それまでにペナントレースを全て終わらせたい意向があったためで、この日は第1試合をヤクルトとの試合、ついで第2試合は川崎を本来のホームタウンとする大洋との対戦を開催した。 ヤクルトは当時明治神宮野球場が大学野球(東京六大学選手権・東都大学選手権1部リーグ)とデーゲーム日程が重なる場合は大学野球を優先したため、やむをえない事情として川崎球場や横浜公園平和野球場等を借りて試合をしていたため、こういう変則日程が生じた。

人工芝が苦手だった

1976年に後楽園球場に人工芝が敷設されたが、中日はこの後楽園を大の苦手としていた。初戦の5月4日に巨人に3-10で敗れると、そのまま7連敗。6月27日に9-9で引き分けて新生後楽園での初勝利は近いかと思われたが、その後5連敗し、結局この年は後楽園で全く勝てぬまま終わってしまった。翌1977年も4月2日に3-5で敗れるとそのままズルズルと負け続け、2年続けて後楽園では勝てないとファンを不安がらせたが、9月13日に6-5で勝ち(勝利投手松本幸行)、連敗を19で止めた。中日はナゴヤ球場では1976年は7勝6敗、1977年も後楽園の連敗ストップ時には4勝5敗1分けと、2年連続でリーグ優勝した巨人相手に互角の勝負を演じていただけに、この連敗は大きな痛手となった。

初登板がノーヒットノーラン

1987年8月9日、ナゴヤ球場で開かれた巨人との対戦において、この年入団したばかりの近藤真一投手が初登板した。近藤は地元・愛知県の享栄高校のエース投手として活躍し、1986年のドラフト1位で入団。2軍での調整が続いたがこの日1軍公式戦に初登板。すると初完封はおろか、日本球界で史上初となる初登板ノーヒットノーランの偉業を達成した。

映画の中のドラゴンズ

野球を扱った映画は数多くあるが、中日ドラゴンズを扱った映画として、1992年に公開されたアメリカの作品『ミスター・ベースボール』(Mr.Baseball、トム・セレック主演、フレッド・スケピシ監督)がある。ヤンキースから中日にトレードされたメジャーリーガーの活躍を描いた作品で、中日球団および地元テレビ局の全面協力の元、野球のシーンでは1992年当時の全国各地の本拠地球場で撮影、ナゴヤ球場での撮影ではのべ10万人以上もの名古屋市民がエキストラとして参加した(そのときのキャッチコピーは「映画に出てハリウッドに行こまい」)。当初はオリックス・ブレーブス、阪急西宮球場を舞台に実際に撮影が進められていたが、途中でブレーブスがブルーウェーブに改称し本拠地が神戸へ移転したこともあって、中日に舞台が変更され、再度撮影された。日本では高倉健が内山監督役で出演したことで話題となった(ちなみにこの時に野球をあまり知らない高倉の相談役になったのが、福岡・東筑高校時代の後輩で当時近鉄監督を務めていた仰木彬である)。またチームメイト役では『メジャーリーグ』シリーズや『24』シリーズに出演しているデニス・ヘイスバートが、さらにはレオン・リー(元ロッテ)やアニマル・レスリー(元阪急)など日本でも活躍した往年のメジャーリーガーもゲスト出演している。また、中日ドラゴンズに女子ピッチャーが入団する梅田香子原作のアニメーション映画『勝利投手』が1987年に公開されている。アメリカのフロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールドの施設、ディズニー-MGMスタジオのアトラクション、「マジック・オブ・ディズニー・アニメーション」のツアーで「ドラゴン」の付く言葉として「チューニチ・ドラゴンズ」が映像と共に出てくる。

キッズドラゴンズ

中日ドラゴンズは、1997年から子供向けサイトとしてキッズドラゴンズというサイトを運営している。マスコットのペーパークラフトや、野球教室、さまざまなゲームがある。このようなサービスを行ったのは12球団中、中日ドラゴンズが初。ほかにこのような試みをしている球団は読売ジャイアンツのキッズジャイアンツがある。

サンデーユニフォーム

第二次星野監督時代の1998年、白地に星野の母校明治大学のイメージカラーである紫の縦縞でノースリーブのユニフォームを日曜日のナゴヤドーム限定で使用したが、安っぽいとの評価や着用した試合の勝率が余りに悪いことなどからわずか1年で廃止された。ちなみに中日は1968年にもノースリーブのユニフォームを使用したことがある(ホーム用は白地で左胸に赤いDの飾り文字、ビジター用はグレー地に赤でChunichi)。この年最下位に沈んだこともあり、こちらもわずか1年で廃止されている。

0805livedragons_l

観客動員の発表

2005年から各球団がより透明性のある球団経営の定着を図るために、有料入場人員を実数で発表しているが、中日だけは実数に近い数値で発表するとしながらも、100人以下を切り捨てて発表している。これは中日主催ゲームのチケットが他球団の主催ゲームのように半券をもぎるスタイルではなく、チケットに入場を証明するスタンプを押す方式を採用しており、正確な人数が把握できないためであった。2006年オープン戦からは他球団と同様1人単位までの実数発表に切り替えられている。

球団公式ファンクラブ

2006年2月17日発足。今まで高校生以下を対象としたジュニアファンクラブは存在していたものの、高校生以上を対象としたファンクラブが存在していなかったため、球団設立70周年を機に中日新聞社と共同で設立。運営は中日ドラゴンズ公式ファンクラブ事務局が行っている。初年度の2006年の会員申し込み受付では、先着25000人限定でナゴヤドームのチケットが特典でつくと公表したところ、数日でチケット特典が終了したほか、会員数も最終的に8万8061人と急激に伸びた。

主な会員特典

ユニフォーム・バック・ジャンパーはミズノ製

ガブリのぬいぐるみ(2006年~)、ガブリのパペット(2008年~)
会員証(QRコード&顔写真を貼る箇所がある。2006年~)
会員証カードホルダー&ストラップ(2006年~)
ピンバッチ(2006年~)
DRATICKET(ナゴヤドーム開催試合先行予約。事前登録する必要がある。2007年~)
ナゴヤ球場でのウエスタン・リーグ(2軍リーグ)観戦無料(2006年~。但し会員証の顔写真が貼ってない場合は入場できないほか、観客が規定の人数を超えると入場を断られる場合がある)
オリジナルメッシュユニフォーム(2006年~)
オリジナルバック(2008年~)
オリジナルジャンパー(2007年~)
ドラゴンズ月間MVPプレゼンター権利(2008年~。プレゼンターを中スポ読者&ファンクラブ会員という条件の中から抽選で決める)

Chiadra_photo2009

公式球団ブログ

中日ドラゴンズ・広報担当の、石黒哲男が編集・運営しているブログのこと。2006年3月下旬よりスタート。記念すべき第1回目は、2006年3月22日更新の『今日から始めます。よろしくお願いします。』内容は小牧市民球場で行われたオープン戦の盛り上げ役として参加したチアドラゴンズに関しての話題だった。掲載される内容として、シーズン中の場合は、主に試合の裏側などのリポート・選手の様子など シーズンオフは、主に球団の様々な情報が掲載されることが多い。ドラゴンズのマスコット(主にドアラ)の写真や情報が掲載されることが多く、特にドアラ人気が上昇してからは、ドアラに関する記事も多くなった。

公式ブログは、NECのBIGLOBEのブログを利用している関係から、BIGLOBEウェブリブログの年末特集で、インタビューも受けた。現在もインタビューの模様が掲載されている。

2008年3月下旬ごろに大幅リニューアルされた球団サイトのファンエンタメページのブログの紹介には、球団広報の名物ブログと書かれている。

2008年2月1日からはドラゴンズの2軍情報を伝える球団公式ブログがオープンしたが、こちらの編集・運営は本家と異なる人物が担当している模様。同年8月2日からは公式ブログを補う形として、同じ広報担当が編集・運営を行う「公式カメラマンブログ」がオープンした。

2006年リーグ優勝時の中継

2006年10月10日のリーグ優勝決定試合(対巨人戦・東京ドーム)では地上波テレビ放送での全国中継がないという事態が生じ、本来巨人の主催試合の放映権を持っている日本テレビとその系列局中京テレビに苦情の電話が殺到した。ただし衛星テレビ放送では、日本テレビ系の日テレG+、及びNHKが急遽予定を変更してNHK-BS1での中継を放送した。また、地上波ラジオ放送ではNHKラジオ第1放送が全国中継を、在京ラジオ局ではTBSラジオ、ニッポン放送が中継を放送した。地元東海地方では、CBCラジオが自社制作で放送され、東海ラジオは放送権の都合上、ニッポン放送の中継をネットする形となった。

東海地方で地上波中継ができなかった理由

上述のように、地元の東海地方ですら地上波テレビ中継ができなかった理由として、日本テレビ系列局(NNS)の著作権関係が大きく影響していた。日本テレビ以外の系列(CBC=TBS系、東海テレビ=フジテレビ系、メ〜テレ=テレビ朝日系、テレビ愛知=テレビ東京系)の場合はネットワーク組織でプロ野球の放映権・著作権を共同保有しているため、主催球団の地元局の意向なしに他地方の同じ系列局が自社の実況・解説者を使ってその試合を中継することができる(一例を挙げると、東京ヤクルトスワローズ主催のヤクルト対中日戦を地元局のフジテレビが地上波中継していなくとも、東海テレビが自社のアナウンサーと解説者を使って地上波中継できる)。このため、もし他系列が優勝当日の試合の放映権を保有していれば、東海地方だけは地上波中継ができた。一方、日本テレビ系列では、NNSでの取り決めにより主催球団の地元の放送局が試合の放映権と著作権を全て握っており、地元局の意向なしに他地方のNNS加盟局への試合中継は許されないことになっている。このため、中京テレビで巨人主催試合を流すためにはキー局・日本テレビでの地上波中継が必須となる。しかし、近年の巨人戦視聴率の低迷に加え、その日は人気番組「踊る!さんま御殿!!」の2時間スペシャルが放送予定であったため、中日の優勝試合では「さんま御殿」の視聴率を上回る期待ができなかったために、NNS加盟局からの放送許可が下りず、東海地方でも地上波中継できなかった。

初めて2度の優勝を達成

2003年以前の中日は優勝してから次に優勝するまでに最短でも6年(1982年→1988年)を要していた。しかし、2004年に落合監督が就任1年目にして優勝したためこの記録を5年(1999年→2004年)に短縮。さらに2006年の優勝によって2年(2004年→2006年)にまで縮めた。また、2003年以前には1回の任期中にチームを2回以上優勝に導いた監督は1人もおらず(星野監督は2回の任期で各1回なので該当しない)、落合監督は初めて1度の任期中に2回の優勝を成し遂げた中日監督となった。これについては白井文吾オーナーも、2006年の契約更改で「以前は10年に1度くらいしか優勝できなかったのに、3年に2回なんて夢のようだ」と語っている。

史上初の継投による完全試合で日本一決定

2007年度はシーズン2位とリーグ優勝とはならなかったものの、このシーズンよりセントラル・リーグにも導入されたクライマックスシリーズでは、ファーストステージ・セカンドステージを全勝で勝ち上がり、球団史上初の2年連続での日本シリーズ出場を果たし、前年と同じく日本ハムと対戦することになった。3勝1敗で王手をかけたシリーズ第5戦、先発した山井大介は8回まで全打者を完全に抑えていた。そのため、もし9回も三者凡退に抑えれば、ノーヒットノーランを含めて日本シリーズ史上初の完全試合を、日本一を決定する試合で達成することになり、結果が注目された。しかし落合監督は、山井が試合中盤でマメを潰していたことなどを知り、9回を抑えの切り札岩瀬仁紀に任せたため、個人投手による完全試合はならなかった。この采配に関しては落合監督の采配への賛否に詳しい。その後、未だ完全試合継続中というプレッシャーのかかる中、岩瀬は9回を三者凡退に抑え、日本プロ野球はもとよりメジャーリーグでも例のない継投による完全試合を記録し、53年ぶりとなる念願の日本シリーズ制覇を成し遂げた。

中日ドラゴンズの御紹介ページです

http://dragons.jp/

http://dragons-official.at.webry.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)