映画・テレビ

KAT-TUNについて

KAT-TUN

KAT-TUN(カトゥーン)は、日本の男性アイドルグループである。所属芸能事務所はジャニーズ事務所。所属レコードレーベルは専用のプライベートレーベルであるJ-One Records。2001年結成。

概要

2001年3月16日、音楽番組『ポップジャム』(NHK)の司会を務めていた堂本光一の専属バックダンサーとして、ジャニー喜多川の鶴の一声で結成する。そのため正式な結成日はあいまいであるが、4月7日という説が濃厚であると言われている。世間ではTV初登場はポ

B64c61f7

ップジャムと思われているが、正式なTV初登場は2001年3月30日放送のミュージックステーションSPである。 グループ名はメンバーの名字のイニシャルをつなげたもので、「勝運」や、「漫画のように、1ページ読むとまた次のページが読みたくなる」という意味から「cartoon」(漫画)にもかけている。字面から想像しにくい読み方であるため「カツーン」「カッツン」など共演者にも呼び間違えられる事が多々ある。 ハイフンはファンを意味している。赤西と亀梨が『ごくせん』に出演以降、日本テレビとの関わりが多い。

メンバー

グループ名の由来であるイニシャル順に記す。先頭のアルファベットは、該当のイニシャルである。

K 亀梨和也(かめなし かずや、1986年2月23日 - B型)
A 赤西仁(あかにし じん、1984年7月4日 - O型 )
T 田口淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 - AB型)
T 田中聖(たなか こうき、1985年11月5日 - B型 )
U 上田竜也(うえだ たつや、1983年10月4日 - B型)
N 中丸雄一(なかまる ゆういち、1983年9月4日 - O型)

略歴

2002年
8月、大阪松竹座で行ったコンサート「お客様は神サマー Concert 55万人愛のリクエストに応えて!!」の2日目に1日11公演を行った。
2005年
11月、『2005年ワールドグランドチャンピオンズカップ』の応援プロデューサーに就任する。
2006年
3月17日、東京ドームでコンサート「KAT-TUN SPECIAL TOKYO DOME CONCERT Debut "Real Face"」を行う。CDデビュー前のアーティストによる単独ライブは、同会場史上初である。
3月22日、1枚目シングル『Real Face』、アルバム『Best of KAT-TUN』、DVD『Real Face Film』でトリプルデビュー。KAT-TUNのためにジャニーズ系のレコード会社、J Stormの内部に立ち上げられた新レーベル、「J-One Records」からの発売となる。3作品がそれぞれオリコンチャートで1位を飾った事に加え、有線リクエスト、着うたダウンロードでも1位を獲得し、5冠を達成した。また、4月にはシングルがミリオンセラーを達成した。『Real Face』の作詞はスガシカオ、作曲は松本孝弘(B'z)
4月3日、NEWS・関ジャニ∞との3組合同ファンクラブ、「You&J」が発足される。
7月19日、2枚目シングル『SIGNAL』をリリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
10月12日、赤西仁がロサンゼルスへ語学留学するため芸能活動を休止する事が発表され、当面5人での活動となる。
12月7日、3枚目シングル『僕らの街で』をリリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。作詞作曲は小田和正。
2007年
4月4日、KAT-TUNにとって初の冠レギュラー番組、『カートゥンKAT-TUN』が放送開始。
4月18日、『cartoon KAT-TUN II You』をリリース。オリコンアルバムチャート初登場1位を獲得。
4月19日、赤西仁が語学留学先のロサンゼルスから帰国。翌20日にメンバー全員揃って帰国会見を行い、芸能活動復帰を表明した。以降再び6人での活動となる。
会見では翌日の仙台公演から全公演に帯同し、ファンへ挨拶するだけの予定だったが、アンコールで歌を2曲披露した。
大阪公演からは、赤西仁のコンサートグッズを販売。
完全復帰(フル出演)となった東京ドーム公演のみ、パンフレットをはじめ、写真入りの全グッズがこれまで販売されていたものから6人仕様に差し替えて販売された。
6月6日、4枚目シングル『喜びの歌』をリリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
11月21日、5枚目シングルとなる『Keep the faith』をリリース。この曲は作詞作曲は氷室京介(詞はSPINと共作)。12月3日付のオリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
発売1週目の売上としては2007年シングル1位を記録。デビュー以来続く初動売上で30万枚を超えるのはこれで5作連続となった。同所属事務所の先輩にあたるKinKi Kids以来、約9年ぶり、史上2組目の快挙となった。
12月24日 - 25日、『第33回ニッポン放送ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』(ニッポン放送)の司会を担当。(メインパーソナリティは同局で番組を持っている田口淳之介・赤西仁)
2008年
2月6日、6枚目シングルとなる『LIPS』をリリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
5月14日、7枚目シングルとなる『DON'T U EVER STOP』リリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
6月4日、3枚目アルバムとなる『KAT-TUN III -QUEEN OF PIRATES-』リリース。オリコンアルバムチャート初登場1位を獲得。
8月2日?5日に3度目の東京ドーム公演を行う。4日連続公演は日本人ミュージシャンとして史上初。X JAPANが持っていた連続公演記録を約16年7ヶ月ぶりに塗り替えた。
12月3日、8枚目シングルとなる『White X'mas』リリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
2009年
2月11日、9枚目シングルとなる『ONE DROP』リリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
3月11日、通算10枚目シングルとなる『RESCUE』リリース。2ヶ月連続リリースとなる。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
5月15日?21日に7日間連続東京ドーム公演を行い、連続公演新記録を作る予定だったが、当初38万5千人の定員に対し倍以上の84万8344人の申し込みが殺到し、急遽追加公演が決定した。7日間連続が1公演追加で8日間連続に変更され、更に記録を伸ばす事になった。予定になかった大阪でも京セラドームで5月29日~31日に3日間、6月14,15日に東京ドームで更に2公演追加があり、計13公演で68万5000人動員する事が決定した。制作費は20億円超を投入し、ポスターも東京ドーム公演用だけで10万枚を作成するなど、宣伝費だけで1億円以上をつぎ込む予定。

作品

タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧を参照のこと。

シングル

Real Face(2006年3月22日)
SIGNAL(2006年7月19日)
僕らの街で(2006年12月7日)
喜びの歌(2007年6月6日)
Keep the faith(2007年11月21日)
LIPS(2008年2月6日)
DON'T U EVER STOP(2008年5月14日)
White X'mas(2008年12月3日)
ONE DROP(2009年2月11日)
RESCUE(2009年3月11日)

アルバム

Best of KAT-TUN(2006年3月22日)
cartoon KAT-TUN II You(2007年4月18日)
KAT-TUN III -QUEEN OF PIRATES-(2008年6月4日)
Break the Records -by you & for you-(2009年4月29日)

映像作品

お客様は神サマーConcert 55万人の愛のリクエストに応えて!!(2003年2月26日)
KAT-TUN Live海賊帆](2005年5月3日)
Real Face Film(2006年3月22日)
Live of KAT-TUN "Real Face"(2007年4月11日)
TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(2007年11月21日)
KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES(2009年1月1日)

オリジナル曲

シングル・アルバムに収録されておらず、なおかつソロ・デュエットを除いた曲を、仮名50音順に記す。

Kattunkabe3

あ行

愛はいつも追いかけるモノ(作詞: ERYKAH、作曲: 石塚知生・高橋哲也)
OH-E-OH! 太陽のSalsa!(作詞: SPIN、作曲: 船山基紀)
オリジナル・ブルー(作詞: 相田毅、作曲: コモリタミノル)

か行

さ行

Six Groove(作詞: ha-j、作曲: ha-j、編曲: ha-j)
青天の霹靂(作詞: Satomi、作曲: 稲田潤)

た行
Change(作詞・作曲:堂本光一)
ツキノミチ(作詞: TAKESHI、作曲: 蔦谷好位置、編曲: 蔦谷好位置)
元々はジャニーズJr.名義のオリジナル曲
DESTINY(作詞: SPIN、作曲: 飯田建彦、編曲: ha-j)
DRIVE ME DRIVE ON(作詞: 西野健次、作曲: 宮崎歩)
ど?にかなるさ

な行

は行

ピカピカII(作詞・作曲: 永井真人)
FUCK ME?Do me one time,Try me one night? (作詞:清水昭男 Erykah 作曲:清水昭男)

ま行

Messenger(作詞: ERYKAH、作曲: 酒井ミキオ)

や行

ら行

Le ciel ?君の幸せ祈る言葉?(作詞: SPIN・miguel、作曲: Akihito、編曲: ha-j)
Rockin'(作詞: JOKER・SPIN、作曲: 森元康介)

わ行

出演

単独出演作品は各メンバーの記事を参照のこと。

バラエティ番組

8時だJ(1998年4月 - 1999年9月、テレビ朝日)
music-enta(2001年4月19日 - 2002年3月14日、テレビ朝日)
ミュージック・ジャンプ(1997年4月 - 2000年3月NHK BS2)
ザ少年倶楽部(2000年4月 -(BS2)
ポップジャム(2001年4月 - 2002年3月、NHK)
裸の少年 (2001年4月 - 2003年3月 テレビ朝日)までレギュラー出演。その後不定期出演
THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 準レギュラー
ミンナのテレビ(2005年4月 - 2005年9月、日本テレビ)
KAT-TUN×3(2005年7月30日・8月6日、日本テレビ)
KAT-TUNのグラチャン応援プロジェクト(2005年10月1日 - 、日本テレビ)
歌笑HOTヒット10(2005年10月 - 2006年3月、日本テレビ)
ウタワラ(2006年4月 - 2007年1月、日本テレビ)
24時間テレビ29 「愛は地球を救う」?絆?(2006年8月26日 - 27日、日本テレビ) - メインパーソナリティ
高校生制服対抗ダンス甲子園(2006年12月30日、日本テレビ)
カートゥンKAT-TUN(2007年4月4日 - 、日本テレビ)
KAT-TUNの先輩教えて下さい!大人のオキテ100 ア?ンドくりぃむ(2008年1月12日、日本テレビ)
KAT-TUNのオトナの扉開けちゃいますSP バンバン見せちゃいますSP(2009年4月5日、日本テレビ)
KAT-TUNの先輩教えてください!大人のオキテ100(2009年4月5日、日本テレビ)

テレビドラマ

怖い日曜日(1999年7月4日 - 9月26日、日本テレビ)
怖い日曜日?新章?(1999年10月3日 - 12月26日、日本テレビ)
熱血恋愛道(1999年1月10日 - 5月2日、日本テレビ)
怖い日曜日?2000?(2000年7月2日 - 11月26日、日本テレビ)
史上最悪のデート(2000年12月3日 - 2001年4月29日、日本テレビ)

CM

NTTドコモ

FOMA new9(902iS)「いくぜオンガク! 篇」(2006年6月)
NTT DoCoMo 903i(2006年11月26日 - 12月30日、JR西日本・大阪環状線の車体広告として)
企業広告「ぼくたちの自由篇」(2007年8月)
スカイパーフェクTV!
「新魔球篇」(2006年3月)
「フリーキック篇」(2006年5月)
「MUSIC LIFE! 篇」(2006年8月)
「スカパー! よくばりパックキャンペーン トナカイチャンネル? 篇」(2006年12月)
ロート製薬
もぎたて果実(2005年7月)
ロートCキューブ(2005年10月)
ロッテ
クランキー
「CMが地味? 篇」(2002年9月)
「クセなんだ♪篇」
「クセなんだ♪篇II」
「おいしい食べ方篇」
「ウォーキングバー篇」
プラスX
「グリーンアップル&レッドベリー篇」(2003年11月)
「ブルーシトラス篇」(2004年)
「ピンクベリー篇」(2005年)
「チームプラスエックス篇」(2005年11月22日 - 27日、全5話)
「ゴールドパイン衣装篇」(2006年2月)
「ゴールドパインガム3箱篇」(2006年2月)
「レインボーフルーティア篇」(2006年7月)
「オリジナルボトルキャンペーン篇」(2007年1月)
「マジックキウイ篇」(2007年7月)
「パワーオブフルーツ篇」(2007年11月)

ラジオ

KAT-TUN スタイル(ニッポン放送)
R-One KAT-TUN(文化放送)

コンサート

お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2002年8月10日 - 8月28日、2都市26公演)
Ko年モ Ah Taiヘン Thank U Natsu(2003年8月8日 - 8月28日、3都市10公演)
KAT-TUNの大冒険 de SHOW(2003年8月12日 - 8月20日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン、20公演)
KAT-TUN Live海賊帆(2004年12月28日 - 2005年1月10日、3都市14公演)
Spring 05 Looking KAT-TUN(2005年3月25日 - 3月27日、横浜アリーナ、4公演)
Looking 05 KAT-TUN(2005年5月29日 - 6月26日、5都市14公演)
Looking KAT-TUN 2005ing(2005年8月26日 - 8月28日、横浜アリーナ、6公演)
KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"(2006年3月17日、東京ドーム、1公演)
Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年3月28日 - 5月7日、8都市40公演)
Spring Tour '06 in TOKYO DOME Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年5月13日 - 5月14日、東京ドーム、2公演)
TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(2007年4月3日 - 6月17日、7都市28公演)
KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES(2008年6月21日 - 8月5日)

Kattun21

舞台

DREAM BOY(2004年1月8日 - 1月31日、帝国劇場)
「KAT-TUN&関ジャニ∞編」(2004年4月30日 - 5月7日、梅田コマ劇場)
「滝沢秀明編」(2004年5月8日 - 5月21日、梅田コマ劇場)
SUMMARY of Johnnys World(2004年8月8日 - 8月29日、原宿新ビッグトップ)
Hey! Say! Dream Boy(2005年4月27日 - 5月15日、梅田芸術劇場、34公演)
KAT-TUN vs 関ジャニ∞ Musical Dream Boys(2006年1月3日 - 1月29日、帝国劇場、38公演)
DREAM BOYS(2007年9月5日 - 9月30日、帝国劇場、38公演)

連載

ハートビートKAT-TUN(『POTATO』)
SECRET FACE(『duet』)
KAT-TUN'S MANUAL(Johnny's Web)
愛はKAT-TUN(『週刊ザテレビジョン』)
KAT-TUNスタイル(『月刊 TVnavi』)
R-One KAT-TUN(『月刊 TVnavi』)

書籍

KAT-TUN写真集 「KAT-TUN 1st. in NEW YORK」(2003年、ワニブックス)

TEN-G
TEN-Gは、KAT-TUNのメンバーが天狗になってしまった事を歌う、全米で大ヒットしたKAT-TUNの弟分グループであるという設定。2005年8月26日に行われた横浜アリーナでのコンサートで初登場し、2006年3月17日に行われた東京ドームでのデビューコンサート「KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"」と「Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"」の大阪公演3月28日の1部のみにも出演した。

メンバー

紫天狗(亀梨)
ピンク天狗(赤西)
腹黒天狗(田口)
青天狗(田中)
赤天狗(上田)
黄天狗(中丸)

オリジナル曲

TEN-"G"(作詞: ピンク天狗・青天狗、作曲: 吉岡たく)

KAT-TUNさんの御紹介ページです!

http://www.ntv.co.jp/cartoonkat-tun/

http://www.kat-tun.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香取慎吾さんついて

香取 慎吾

香取 慎吾(かとり しんご、1977年1月31日 - )は、日本の男性アイドルグループSMAPのメンバーであり、歌手、俳優、タレント。神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷出身。所属事務所はジャニーズ事務所。血液型A型。愛称は慎吾、慎吾くん、慎吾ちゃん。また、香取慎吾の特上!天声慎吾の影響から、王子と呼ばれることもある。

来歴

ジャニーズ入りのきっかけは母親が事務所に履歴書を送ったこと。母親はジャニーズかボーイスカウトか中学受験かで迷った。その後ジャニーズ事務所に入所。偶然にもその後同じグループになる木村拓哉、稲垣吾郎と同じ日に入所した。1988年4月、11歳の頃スケートボーイズの中からSMAPのメンバーに選ばれる。2003年は15kgのダイエットに成功し、ダイエット記を綴った本「DIET SHINGO」はベストセラーとなり、この年の年間ベスト6位となった。後にリバウンドし、2005年にピークを迎えていたが、現在は以前のようなスリムな体型に戻っている。

2005年からはテレビ朝日のサッカー日本代表応援団長を名乗る。

脚本家の三谷幸喜の要請で、大河ドラマ「新選組!」の主演に抜擢された。 新撰組の初回視聴率は26%と近年に無い好スタートを切る。年間視聴率は17%で、過去10年の中でワースト2位。歴代通算ワースト4位。初回視聴率が全話を通しての最高視聴率となったのは大河史上初である。また、最高視聴率26%と最低視聴率13%の差も歴代作品の中で二番目の開きとなっている(最も開いていたのは「利家とまつ~加賀百万石物語~」の27%と13%の差)。

2005年8月に放送された24時間テレビでは、メインパーソナリティーに草彅剛と共に選ばれた。同24時間テレビオリジナルTシャツもプロデュース上最高の売り上げとなった。この年の平均視聴率も歴代1位となった。

2007年7月28日 - 29日に放送の「FNS27時間テレビ みんな“なまか”だっ!ウッキー!ハッピー!西遊記!」では、総合司会を務めた。

参加ユニット

スケートボーイズ
SMAP

人物

身体的特徴

身長については諸説があるが、テレビ朝日のニュースステーションにゲスト出演した際、久米宏に対して、「180cmです」と本人が自ら答えている。また、とんねるずの食わず嫌い王決定戦でも「ずっと182cmと言っていたが 健康診断を受けたら180cmだった」と答えている。 実際にスマステーションでの計測で180.1cm(2001年)。 天声慎吾での計測で180.9cm(2006年)。

とても口が大きい。握りこぶしが口に入る。このことで同じ逸話を持つ「新選組!」の近藤勇役に指名されたという噂がある。また、ハーモニカを口の中に入れて音を出してみたり、CDを入れてみたり、太巻きなどを無理やり口にすべて入れたり、ハンバーガー1個、ナゲット4個を口に詰め込んだりすることもでき、この芸を生かしたSMAP×SMAPのコントも、「オギャリン」等、数々登場した。

腕相撲が強く、「おしゃれカンケイ」でアジャコングと対戦し、勝った。

趣味・嗜好

映画好きであり、10代後半からプライベートで映画を撮っている。2004年には「ある人」に、スポンサーになるので映画を撮らないかとも言われた。

マヨネーズ好きであり、小さい頃は雑草やザリガニにマヨネーズをかけて食べていたという話が有名になり、味の素がCM出演を打診し、現在まで10年以上出演し続けている。一方作る方においては、SMAP×SMAP放送開始当初、料理はキャベツの千切りすら危うかったものの、番組が回数を重ねるごとに技術も向上しSMAP×SMAP内のコーナー、ビストロSMAPでは、デザート職人と称されている。また、ビストロSMAPでは出演者が試食の際「おいしい」と言うと、中居正広がそれを叫び、彼がゲストにちなんだ仮装をする等の大げさなリアクションをする点も名物の一つとなっている。

「ドラゴンボール」(特に孫悟空)、大友克洋とその著作「AKIRA」(特に鉄雄)の大ファンである。また、スタジオジブリ作品が大好き。DVD「風の谷のナウシカ」の販促タレントに選ばれたが、その会見で実はジブリ作品では「天空の城ラピュタ」がもっとも好きだと漏らす。2003年スタジオジブリから「日本一のジブリファン」に認定される。木村拓哉が「ハウルの動く城」の声優に選出された時には「正直言って悔しい」と語った。かなりの恐がりで、「お化け屋敷には入りたくない」と語ったことがある。しかし絶叫系は大好きで、遊園地でのロケでジェットコースターなどに乗れない時は、本当に残念がっている。

2002年春、サッカー好きに目覚めた。現在に到るまで、Jリーグの試合を観戦したことはないが、イタリアにミラノデルビーを見にいくぐらい海外のサッカーファンではある。W杯以降サッカーの話題をすることはほとんどなくなっているが、自宅内でサッカーボールと戯れることはあるという。

中田英寿のファンになったきっかけは、フランスワールドカップでヒデが話題になっていた時に、同い年であることで興味を持ったことから。また、プロ意識の高さなども好きな理由だという。あまりに好きすぎて、会うことを拒否していたが、2004年プライベートで訪れたミラノで偶然出会う。中田に「一緒に食事しませんか」と誘われたが「緊張しちゃうのであなたと食事するのは絶対無理です」と断るも、ホテルに中田が現れたため、朝までホテルのバーで2人きりで色々な話をした。本人はその思い出を宝物と語る。後日この話はテレビで語られた。世界遺産、美術館が大好き。これが彼が年に1度海外旅行をする理由の1つ。2006年に出版された写真集の中に自身で撮ったとされる海外旅行の写真も掲載された。マジックが大好き。ドラマ「ドク」の撮影でベトナムに行った際には、現地の子供たちにマジックを披露した。最近はスマスマなどの撮影の合間にも見せているらしい。Mr.マリックにも数度教えてもらっている、お墨付き。しかし彼の現在の憧れはクロースアップマジックの奇才前田知洋(2007年現在未対面)。

交友関係

普段は地元の友達と遊ぶ事が多い。メンバーで仲が一番良いのは草彅剛で草彅は「慎吾といるとサイクルヒット楽しいんだよ」と言っている。年少時から、最年長(リーダー)で同郷の中居正広にもなつき、よく面倒を見てもらっており、いつも中居の後をくっついていた。1993年頃からのSMAP売り出し時期には、中居とペアで仕事をすることが非常に多く、自らを「バラエティ班」と呼び、アイドルながら数多くのバラエティ番組に出演。同年4月には、中居・香取にとってもSMAPにとってもターニングポイントとなった仕事の1つである笑っていいとも!のレギュラーにジャニーズ事務所のタレントとして初めて抜擢された。レギュラーとなった2人は、その後も何度となく特番でコンビを組み、1998年〜2003年まではフジテレビ系列のサタスマ、サタ☆スマ、デリスマ!、スマ夫とレギュラー番組を持った。また、2人で「ナカチャンカトチャン」というコンビを組んだり、「ナカトリ」と自分たちのことを呼んでたりもしたが、サタ☆スマが始まってからは、中居が「これが俺らのコンビ名だから」と言ったことから、サタ☆スマコンビと呼ばれる事が多い。また身長差からデコボココンビと言われることもある。憎めないキャラクターが売りで、中居はある雑誌で「慎吾のことを嫌いな人はいないと思う」と語っている。また草彅と最も親しいことから彼の全裸事件について涙ながらに「許してあげて」とコメントした。携帯電話の番号やメールアドレスを芸能人に教えたがらないようで、香取曰く「芸能人と友達になりたくない。」ちなみにメンバー以外で携帯電話の番号やメールアドレスを自ら教えたのは自身がファンである俳優の織田裕二、キャイ〜ン(天声慎吾の最終回で教えた)。「笑っていいとも」でタモリが、「SMAP全員の電話番号を持っている」と発言した際に、香取強く頷いていた。極楽とんぼの山本圭一の不祥事の時に(お笑い芸人以外では唯一)相方の加藤浩次を心配して、携帯電話の番号やメールアドレスも知らなかった加藤の携帯電話に、「僕は加藤さんを応援してます」とマネージャー経由で携帯電話の番号とメールアドレスを調べ、メッセージを残していた(加藤談)。

仕事

声優としてのデビュー作は赤ずきんチャチャのリーヤ役。アニメ声優らしい演技ではなかったが、素朴な狼少年という役どころにはぴたりとはまっていた。後に監督インタビュー内で「彼の代役はどの声優にもできない」とまで言わしめている。赤ずきんチャチャのDVDBOXリリースを知らず、SMAP×SMAPの企画で知った際には、買わなきゃと言っていた。ドラマの台本を、ドライリハ前までに現地で覚える。この癖がついた理由は幼い頃から芸能界にいて、コント台本を当日その場で覚えることからついてしまったと言われている。

創作活動

忙しい芸能活動の一方で、創作活動も盛んに行っており、過去にイラスト集を出すなどしている。絵には定評があり、テレビ朝日系列「「ぷっ」すま」にゲスト出演した時は画廊の人から高値で買値が付く実力を備えている。日本テレビ系列おしゃれイズムでは、『心の黒いウサギ』というタイトルの絵を発表している。津軽鉄道の車輌(キハ22形(22028・元国鉄→JR東日本キハ22169・津鉄21形気動車(愛称「走れメロス号」)の増備により、2000年3月31日を持って廃車された、現在は津軽鉄道・嘉瀬駅構内で放置状態にある)をペイントした模様は「SMAP×SMAP特別編 香取慎吾ガンバります!」で放映された。また、上記の24時間テレビパーソナリティを勤めた際に、番組史上初の5色のチャリティTシャツを採用している。

エピソード

一度寝たらなかなか起きない、また、起きたらなかなか寝ない。3日間眠らない事もあると公言したこともある。かつてはよく父に蹴り起こされていたという。また、10代の頃はよく寝坊遅刻をしていた。最大の遅刻は19歳の頃の1997年1月の笑っていいとも!の50分遅れ。チーフマネージャーは中居に電話をし、彼と一緒じゃないと確認すると、次に木村に電話をし「あんた、慎吾どこに連れてったの!」といきなり木村を怒鳴りつけたらしい。マネージャー女史はとにかく「かつてないほど動転」していたという。遅刻の理由は本人が全く起きず、担当マネージャーも寝坊したからとか。SMAP結成当初、まだマネージャーがついていなかった頃、小学生の香取がSMAPのメンバーの「明日のスケジュール」の連絡係をしていた。幼少のころ、ザリガニを釣って食べたことがある、しかしおなかの紫色の筋をとらなかったため、おなかを壊したと本人がテレビで発言している。5歳のとき家族でグアム旅行した際、帰りの税関で「ピストルが入ってるよ」と何度もいい、香取ファミリーを真っ青にさせる。しかし、慎吾少年が言っていたのは「水鉄砲」のことだった。この旅行話は中居正広が「お前は金持ちで5歳からグアム行って…」と金持ちネタでよく話題にする。ファーストコンサートのリハ中にバク宙を練習していて着地に失敗し右足を複雑骨折、コンサートに不参加。結局松葉杖姿で1曲(ビートルズの「LET IT BE」の日本語版)だけ泣きながら歌ったに留まり、苦いファーストコンサートとなった。

SMAP×SMAPの総集編内のクイズにて、中居正広がマツケンサンバの一部歌詞を「テロテアリーナ」と間違えた事をからかい、クイズで優勝した香取が、最下位だった中居への罰ゲームとして、自身が監督をするコントで中居を「テロテアリーナ」という架空の化け物に扮装させた。

カンヌ映画祭で偶然アラン・ドロンと出会い、携帯電話の写メールでツーショットを撮った。香取はこれを大事にしており、『SMAP×SMAP』の『BISTRO SMAP』にアランが来た時、いつもの仮装の代わりにこの画像を引き伸ばしてパネルにしたものを持ってきた。これに対しアランの反応は「写真写り悪いね。カメラ代えたら?」だった(ヨーロッパでは携帯カメラは利用されない。)この返事は有る程度予想済みだったようで、その後、香取はカメラマンにカメラを持たせ、他のメンバーを尻目にアランとツーショットを撮った。ドラマの現場では、以前はずーと寝ているというのがある種有名だった(どの共演者もそう言っていた)。しかし、近年ではそのような話は聞かず現場の皆を楽しませてくれるというようなことを共演者から言われるようになった。

2009年4月23日にメンバーの草彅剛が公然わいせつの現行犯で逮捕(翌日、処分保留のまま釈放)されたことを受け、事件の2日後に生放送された『SmaSTATION-1〜6,SmaSTATION!!』の番組冒頭でメンバーの不祥事について謝罪し、「SMAPに1日でも早くつよぽんが戻ってくることを願っています」と涙ながらに語った。

Smapkabe018

笑っていいとも!エピソード

1994年4月、17歳の若さでSMAPのリーダー中居正広と共に「森田一義アワー 笑っていいとも!」の水曜日レギュラーとしてデビュー。1994年10月からは中居と共に木曜日に移動。1995年10月からは火曜日に移動し、レギュラー入りした草彅剛と共演、18歳の若さで自分が司会のコーナーを持つようになる。1996年3月下旬から一人立ちし月曜日レギュラーとなり、1996年10月からは衣装パフォーマンス(後述)を披露している。1997年4月からは金曜日に移動、1998年3月下旬からは再び火曜日に移る。1999年3月下旬、再び月曜日に移動し、22歳の若さで月曜日リーダーとなり現在に至る。

笑っていいとも!の初出演は1993年9月10日のテレフォンショッキングだった。この時は森且行と草彅剛も一緒だった。それから15年後の2008年11月24日には、テレフォンショッキングに中居正広がゲスト出演しており、その日のレギュラーとしてアルタに居る香取が翌日のゲストとして呼ばれそうになった。(これはタモリが断り、2日連続のレギュラーメンバーのゲスト出演とはならなかった)

笑っていいとも!では毎回、衣装が変わる。衣装は、その週に起きる時事や当日から始まる月9ドラマ、SMAPの活動にいいとものコーナー等、最新の話題にちなんだものが殆どである。最初に着た衣装は、1993年に初めていいともレギュラーに抜擢された際に着た金色を基調とした派手なものであった。なお2008年下半期現在、月曜日レギュラーの中では最年少ながら(同学年に劇団ひとりがいる)最古参である。

2005年8月から2007年9月までの「ランキングバトル めざせぴったり21」のコーナーではお題で食べ物が出てくると司会特権を利用して試食を行う。そのため観客からは「食べたい」、「美味しい?」コール、タモリをはじめとするレギュラーメンバーからはツッコミが入るが、香取本人は何事もなかったかのように進行に入る(観客から「美味しい?」と聞かれた時は、「うまっ!」などとリアクションするのが恒例であり、食べ物によっては滑舌が悪くなる場合もある)。また、このコーナーは2008年9月29日の放送から復活したため、これまた試食が恒例となっている。

同じレギュラーメンバーの劇団ひとりの大沢あかねとの恋愛話になるとソニンの名前を言う。

いいとも増刊号の中でミルクセーキを早飲みして、9秒5でギネス世界記録を更新したことが2007年12月26日の「笑っていいとも!年忘れ特大号!」によって発表されたが、その番組内のコーナーで、タカアンドトシのタカ(9秒48)に破られる。

慎吾ママ

慎吾ママ(しんごまま)は香取慎吾がテレビ番組で演じたキャラクター。フジテレビ系列「サタ☆スマ」での女装した香取が慎吾ママとなり、一般公募で選ばれた視聴者の母親と一日交替し、家事や子育てをするというコーナー。コーナー冒頭で、慎吾ママが眠たげな表情でする「おっはー」という挨拶が2000年流行語大賞に選ばれた。因みにこのパロディーキャラとして、元極楽とんぼの加藤浩次が演じた加藤ママがいる。その後、慎吾ママは、歌手デビューなどをし、歌番組にも多数出演している。こちら葛飾区亀有公園前派出所にもキャラクターとして出演し、両津に朝ごはんを作った。番組では、香取慎吾と慎吾ママは別人であると言っている。マヨチュッチュの際には「真似しないでください」とテロップがでた。ある回の慎吾ママのコーナーで、はんぺんを揚げた料理を朝食に出したとき、翌日食品売り場から、はんぺんが消えたと言われている。なお『サタ☆スマ』を終了とともに消えてしまったが、2007年の『FNS27時間テレビ』や2009年の『SMAPがんばりますっ!!』で復活を果たした。また2009年5月18日放送予定の『SMAP×SMAP特別編 サタ☆スマスペシャル』でも復活を果たす。

「おっはー」

2000年の流行語大賞を受賞した語。テレビ東京系列の朝の子供番組「おはスタ」でMCの山寺宏一らが行う挨拶の「OHA!」のパクリである(当時は「おーはー」「おっはー」の明確な区別はなかったがこの騒動の後「おはスタ」では「おーはー」と明記するようになる)。慎吾ママのロケの最中に子供が「おはスタ」を見ていたため香取はこれを気に入り使うようになった。オリジナルの手の動きまでそのまま使用しながら独自の考案物であるような振舞いにより、「おはスタ」ファンを中心に批判を招き、また山寺本人も強い不満を表していた。香取が「おはスタ」に生放送出演し、山寺から事後承諾の形で使用許可を取り付けることで問題は表向き収束した。同年8月18日に出したシングル『慎吾ママのおはロック』は130万枚を売り上げる大ヒットとなった。2008年8月11日の笑っていいとも!で香取自身、流行語大賞をもらったことを自慢していた。

賞詞

1995年第33回ギャラクシー賞(奨励賞)・テレビ部門個人賞…「沙粧妙子-最後の事件-」、「未成年」の演技による。
2000年第17回新語流行語大賞・大賞…「おっはー」(※サタ☆スマの慎吾ママが受賞)
2000年第8回橋田寿賀子賞・橋田賞…(香取慎吾と慎吾ママ)

出演

バラエティー

レギュラー
森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ) - 月曜日レギュラー
SMAP×SMAP(フジテレビ)
裏Sma!!(テレビ朝日)
SmaSTATION-1〜6,SmaSTATION!!(テレビ朝日)
笑っていいとも!増刊号(フジテレビ)
過去
夢がMORIMORI(フジテレビ)
サタ☆スマ(フジテレビ)
少年頭脳カトリ(フジテレビ)
アジアのMIKATA(日本テレビ)
平成日本のよふけ(フジテレビ)
よっ!大将みっけ(フジテレビ)
香取慎吾の特上!天声慎吾(日本テレビ)
単発
欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞(日本テレビ) - 年2〜3回放送
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ)
スーパークイズスペシャル(日本テレビ)
透明人間チーム(平成8年)、蘇える金狼チーム(平成11年)として出場
FNS27時間テレビ みんな“なまか”だっ!ウッキー!ハッピー!西遊記!(フジテレビ)
体操の時間。(悟空体操)
ゲスト出演
ルックルックこんにちは(日本テレビ)
ザ!情報ツウ(日本テレビ)
SAKAI FOR MEN(日本テレビ)
新どっちの料理ショー(日本テレビ)
王様のブランチ(TBS)
おしゃれイズム(日本テレビ)
ぴったんこカン・カン(TBS)
めざましテレビ(フジテレビ)
情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ)
わかってちょーだい!(フジテレビ)
脳内エステ IQサプリ(フジテレビ)
めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)
とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ)
僕らの音楽(フジテレビ)
サラリーマンNEO(Season3)香取慎吾スペシャル(NHK総合テレビ)2008年6月15日

テレビドラマ

太字は主演。

時間ですよ平成元年(1989年、TBS系)
マドンナは春風に乗って(1990年、NHK)
腕におぼえあり(1992年、NHK) - 平沼麟之丞役
腕におぼえあり2〜帰ってきた用心棒(1992年、NHK)
お願いデーモン!(1993年、フジテレビ系) - 高橋修平役
For You(1995年、フジテレビ系) - 沢木宙役
沙粧妙子-最後の事件-(1995年、フジテレビ系) - 谷口光二 役
未成年(1995年、TBS系) - 室岡仁(デク) 役
よひんびん物語1日3回食後に服用(1995年、NHK)
透明人間(1996年、日本テレビ系) - 長谷川半蔵 役 ※初主演
味いちもんめⅡ(1996年、テレビ朝日系)※ゲスト出演
ドク(1996年 フジテレビ系) - ドク 役
いちばん大切なひと(1997年、TBS系) - 大沢紘平 役
世にも奇妙な物語「サムライ化する男」(1998年、フジテレビ系)
恋はあせらず(1998年、フジテレビ系) - 長谷部涼 役
古畑任三郎vsSMAP(1999年、フジテレビ系) - 香取慎吾 役
蘇える金狼(1999年、日本テレビ系) - 朝倉哲也 役
合い言葉は勇気(2000年、フジテレビ系) - 大山忠志 役
慎吾ママドラマスペシャル「おっはー」は世界を救う(2000年、フジテレビ系)
世にも奇妙な物語 SMAPの特別編「エキストラ」(2001年1月1日、フジテレビ系)
Love Story(2001年、TBS系) - 鍋友恭二 役
人にやさしく(2002年、フジテレビ系) - 前田前(ぜん) 役
青に恋して! 〜サッカー通と4人の美女の物語〜(2002年、フジテレビ系、日韓W杯開催記念)
HR(2002年〜2003年、フジテレビ系) - 轟慎吾 役
新選組!(2004年、NHK) - 近藤勇 役
西遊記(2006年、フジテレビ系) - 孫悟空 役
ガリレオ(2007年、フジテレビ系) - 田上昇一 役 ※第4話 ゲスト出演
薔薇のない花屋(2008年、フジテレビ系) - 汐見英治 役
黒部の太陽(2009年、フジテレビ系) - 倉松仁志 役

映画

シュート!(1994年) - 平松和広 役
香港大夜総会・タッチ&マギー(1997年)
ジュブナイル(2000年) - 神崎宗一郎 役
みんなのいえ(2001年) - 地鎮祭の神主 役
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(2004年)- 服部カンゾウ 役
シャーク・テイル(声優)(2005年)
THE 有頂天ホテル(2006年) - 只野憲二 役
ストリングス〜愛と絆の旅路(声優)(2007年)
西遊記(2007年) - 孫悟空 役
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007年) - リッチ 役
ザ・マジックアワー(2008年) - 只野憲二 役
座頭市 THE LAST(2010年) - 主演

アニメ

赤ずきんチャチャ(リーヤ)- PC-FX版では金子幸伸のセリフに差替え
サムライスピリッツ(覇王丸)
こちら葛飾区亀有公園前派出所(慎吾ママ)
ASTRO BOY 鉄腕アトム(ペンキ塗りロボット)- ビデオ版では手塚眞のセリフに差替え
ちびまる子ちゃん(2007年7月29日/FNS27時間テレビ内)(しんご、けんご)

ラジオ

おはようSMAP(TOKYO FMほかJFN系列)
STOP THE SMAP (文化放送)
SMAP POWER SPLASH(ベイエフエム)

CM

IBM APTIVA(1995年〜2001年)
サクラクレパスクーピーペンシル&ボールサイン(1995)
サントリー カンフー(1996年)
ロッテ シュガーレスガム(1996年〜1997年)
カネボウ NUDY 他(1996年〜2004年)
キリンビール 一番搾り(2000年)
サントリー BOSS
カネボウ my-B(2000年)
紀文食品 はんぺん(2000年)
JACCSカード(2001年)
オムロン KARADA SCAN
家庭教師のトライ
味の素
「ピュアセレクト」&「ピュアセレクト サラリア」
「味の素冷凍食品」(えびシュウマイでは、さかなクンと共演)
「AJINOMOTO GIFT」
「健康サララ」
シャープ AQUOS
キリンビバレッジ 激流
三菱自動車 RVR、ミニカ、トッポBJ
明治製菓 チョコレート
アサヒビール 本生ドラフト(発泡酒)
告知篇(2007年2月16日〜)
登場篇(2007年2月20日〜)
展開篇(2007年4月20日〜)
大塚製薬 ポカリスエット
rope篇 (2007年3月〜)
JAL日本航空
JAL悟空
ドール・フード・カンパニー(2008年4月) ドールマン役で出演。
ECC ECCジュニア(2008年)

CDソロ作品

みんないい子/香取慎吾&原由子(1997年10月29日)
慎吾ママのおはロック/慎吾ママ(2000年8月18日)
慎吾ママの学園天国-校門篇-/慎吾ママ(2001年8月22日)
HATTORI3(参上)/ハットリくん(2004年8月25日)

著書

しんごのいたずら(ワニブックス刊)(1998年)
DIET SHINGO(マガジンハウス刊)(2003年9月5日)
SNAP NO SHINGO(光文社刊)(2006年10月13日)

慎吾ママ、NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(忍者ハットリくん実写版)でのハットリくん役、西遊記での孫悟空役など親しみやすいコミカルなキャラクターを演じる事が多い。身長180cm。イメージカラーはグリーン。

http://www.ntv.co.jp/shingo/

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200904260020.html

もし宜しければ香取 慎吾様主演の忍者ハットリくんダビングで物で販売致します!価格は2000円です。(価格詳細500円香取 慎吾様御支払い分、1000円万屋取り分(DVD製作費込み)、200円ジャニーズ社長様御支払い分、残300円お友達様御まとめ料です。)1パック5000組でお願い致します。

http://www.ntv.co.jp/shingo/

http://kizasi.jp/channel/midol/28d9df9859e399e70edf6340382260a3.html

http://www.v-apex.com/

詳細はここから!

info@v-apex.com

| | コメント (14) | トラックバック (0)

稲垣吾郎さんについて

稲垣 吾郎

稲垣 吾郎(いながき ごろう、1973年12月8日 - )は、日本の男性アイドルグループSMAPのメンバーである。ジャニーズ事務所に所属。血液型はO型。愛称はゴローちゃん。最近は「ほんとにあった怖い話」の影響から吾郎さんと呼ばれる事も。 身長176cm。SMAPでの初期からのイメージカラーはピンクだが、ビストロSMAPの時のみブルーである。

来歴

東京都板橋区の高島平団地で育つ(稲垣がTV番組の中で発言)。 ジャニーズ事務所のオーディションを受けたのは、同グループの木村拓哉・香取慎吾と同日。姉が黙って写真を送り、「ゲームを買ってあげる」と言って連れて行かれた場所がオーディション会場だった。この時の稲垣の様子を香取が何度か再現している。香取によると香取がオーディション会場に向かう途中に前を歩いていたのが稲垣と、稲垣の姉と、稲垣の姉の友達の、計3人で、稲垣が「お姉ちゃん、ファミコンのカセットをレンタルするところに連れてってよ~」と言っていたのを聞いた香取は「こいつファミコン好きなのか、俺と友達じゃん」と思ったとのことである。 1988年 スケートボーイズの12名の中からSMAP結成。
1992年 堀越高等学校卒業。
1993年 映画関連として初のソロCD『If You Give Your Heart』を発売。
2001年8月24日 東京都渋谷区内で、放置駐車に端を発した道路交通法違反、公務執行妨害罪、傷害罪で現行犯逮捕された(警視庁渋谷警察署)[1]。が、事件の経緯に悪質さは見られず、稲垣本人に逃亡の意思はなかったという判断により公務執行妨害と傷害については起訴を見送り、同年9月21日に 起訴猶予(不起訴)処分となる[2]。その後、2002年1月14日まで約5ヶ月に渡り芸能活動を自粛した。
2004年1月 ドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』(草彅剛主演)の主題歌『WONDERFUL LIFE』を&G(アンジー)名義で歌う。オリコン初登場1位を獲得。
2006年 映画『ONE PIECE カラクリ城のメカ巨兵』に声優として出演。
同年、日本で開催されたFINAシンクロワールドカップの公式サポーターとしてマーメイドプリンスを務める。これは自身初の単独公式サポーターである。2007年も世界競泳2007の公式サポーターとしてマーメイドプリンスを務める。

参加ユニット

スケートボーイズ
SMAP

人物

利き腕は左。
視力が悪い。メガネを多数持っている。
爪を噛む癖がある。
意外と大食い。しかし腹八分目を心がけている。

趣味・嗜好・こだわり

イメージアイテムともなっているワインとはドラマでソムリエの役を演じたことをきっかけに出会い、かなりの知識を持っている。この知識は数々のバラエティ番組で披露されている。歴史マニアという一面も持ち、平安時代や戦国時代など日本史が得意で、草彅剛が時代劇に出演するようになってからは知識指導していた。プラモデルに熱中していた時期があるらしく、戦闘機をはじめとした軍用機や、軍艦、軍用車両に関する知識が豊富である。お気に入りは零戦五二甲型。 愛車はシトロエン・DSである。 機動戦士ガンダムの熱狂的ファンであり、宇宙世紀の歴史に大変詳しい。 装甲騎兵ボトムズに対しても熱い思いを語っており、実写化の際には主人公のキリコ役を是非演じたいと発言している。 クリント・イーストウッドが好きで、幼いころは1人でダーティー・ハリーごっこなるものをしていた。 料理が好き。その腕はSMAP×SMAPで披露している通りだが、番組だけでなく家でも凝った料理を作る。 癖毛な為、髪型を気にしている。SMAPライブのMCやバラエティなどでそのことで頻繁にいじられており、本人も「この髪質で生まれてきたこと自体が失敗」と語る。SMAPライブの舞台裏を放送した番組ではセットをしていないという理由からか本人の帽子のみの出演となっていた。また、デビュー当時から他のメンバーに比べて、ほとんど髪型が変わっていないように見えることをよく話のネタにされる。だが本人は変わっていると主張している。 東京ヤクルトスワローズのファンであり、日テレでの野球中継にSMAP全員で出演した時、野球にうとい香取にヤクルトのマスコットを「スズメ」と言われ激怒したほどである。

交友関係

中居正広とは合宿所仲間でもある。当時、協調性がまるでなかった稲垣はよく中居に怒られていた。 プライベートでは、幼少時から現在まで木村拓哉とよく遊んでいる。 草彅剛とは同じ堀越高校に通っていたことがあり、当時先輩アイドルにいじめられていた稲垣を草彅がいつも助けていた。ちなみに草彅は稲垣より1学年下である。また、SMAP×SMAPの楽屋は草彅と一緒である。近年草彅が稲垣のことを「吾郎君」ではなく「吾郎さん」と呼び始めており(ジャニーズ事務所では先輩に対しても「君」付けで名前を呼ぶ風習がある)、よくそのことをツッコまれている。 基本的にSMAP内では比較的控えめな性格である。しかし多少天然ボケなところもあり、番組ではよくいじられている。クールでナルシストなイメージがあるが、実際は自他共に認めるおしゃべりで、メンバーの中でも陽気な性格である。最近は自身の番組などで「クールかと思ったらお喋りな方なんですね」とゲストによく言われている。 中学の同級生に漫画家のみずしな孝之がいた。いまも交流がある。 高校の同級生に夏川りみ、佐藤アツヒロ、赤坂晃、桜井幸子がいた。 合宿所時代、城島茂と同じ部屋だった。ちなみに二段ベットの上と下。 数年前から菅野美穂と交際し、結婚秒読みと言われたが2008年12月に破局したと報じられた。

エピソード

新垣里沙が「ガキさん」と言われる前までは、彼が、ナインティナインの矢部浩之に「ガキさん」と呼ばれていた。
石原良純・椎名林檎・平井堅などのモノマネをたまにする。SMAP×SMAPでは彼が即興(風?)でものまねをするコントが増えている。 フジテレビ系列の春及び秋の新ドラマ対抗で優勝を争う「笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル」の名物コーナー・いいともアーチェリーでは、2005秋・2006春の史上初の連覇を達成。2006春は前回王者という事もあってか大トリを担当した。 2006年9月9日、SMAP15周年の国立競技場ライブでは、10周年時は活動を休止していたため、10周年に参加できなかったため感慨深い、嬉しい、とコメントした。中学時代はテニス部に入っていたが、坊主にするのが嫌で1週間でやめた。

稲垣メンバー

稲垣が2001年に逮捕されたことを報じた際、一般市民であれば報道されることのない程度の軽い事件であったことや、所属事務所への配慮などから、民放各社は、稲垣が釈放された段階で「稲垣容疑者」ではなく「稲垣メンバー」という呼称を用いた。(尚、活字媒体は起訴猶予の判断が出るまで「容疑者」と表示)

2009年に草彅剛が酔った勢いにより公園で全裸になり、公然わいせつ罪で逮捕されたことが報じられた際は、釈放後「草彅メンバー」という呼称は用いられず「草彅さん」と呼称された。

出演

バラエティー

レギュラー
SMAP×SMAP(関西テレビ・フジテレビ)
忘文(フジテレビ)
Goroプレゼンツ マイ・フェア・レディ(TBS)
SmaSTATION-!!(テレビ朝日)(準レギュラー)

過去

夢がMORIMORI(1992年4月 - 1995年9月、フジテレビ)
WIN(日本テレビ)
特命リサーチ200X(1997年1月 - 2002年1月、日本テレビ)
特命リサーチ200XII(2002年2月 - 2004年3月、日本テレビ)
稲垣芸術館(2000年4月 - 9月、フジテレビ)
楽語びより(2003年1月2日、2003年4月 - 9月、フジテレビ)
サイエンススペシャル「記憶の海へ」(2000年3月27日 - 30日、フジテレビ)
サイエンススペシャル「時間の迷宮」(2001年2月12日 - 15日、フジテレビ)
稲垣吾郎の音楽狂時代(2002年3月4日 - 7日、フジテレビ)
タモリの未来予測TV(2003年2月24日 - 27日、フジテレビ)
タモリの未来予測TV-II(2004年2月21日、フジテレビ)
ほんとにあった怖い話(2004年1月 - 3月、フジテレビ)
吾郎の細道(2004年4月 - 6月、TBS)
吾郎のソナタ(2004年7月 - 9月、TBS)
ほんとにあった怖い話 セカンドシーズン(2004年10月 - 2005年3月、フジテレビ)
Goro's Bar(2004年10月 - 2009年3月、TBS)

単発

ショパン2つの愛の物語(2001年2月10日、日本テレビ)
天才とは何なのか?レオナルド・ダ・ヴィンチ(2004年3月20日、日本テレビ)
スイスペ!稲垣吾郎のザ・ディスクロージャー(2004年8月4日、テレビ朝日)
ドスペ!稲垣吾郎のザ・ディスクロージャーII ジョージ・ブッシュ史上最大の陰謀!?(2005年2月19日、テレビ朝日)
カスペ! ほんとにあった怖い話SP 京都ミステリーツアー(2005年8月23日、フジテレビ)
24時間テレビ 「愛は地球を救う」 稲垣吾郎が行く!ダーツの旅(2005年8月27日 - 28日、日本テレビ)
カスペ! ほんとにあった怖い話 夏の特別編2006 鎌倉ミステリーツアースペシャル(2006年8月22日、フジテレビ)
FINAシンクロワールドカップ2006 マーメイドプリンス(公式サポーター)

Smapkabe016

テレビドラマ

あぶない少年III(1988年、テレビ東京)
連続テレビ小説 青春家族(1989年、NHK)
学校へ行こう!(1991年、フジテレビ)
大人は判ってくれない 1992年のバタフライ(1992年、フジテレビ)
二十歳の約束(1992年、フジテレビ)
大河ドラマ 炎立つ(1993年、NHK)
嘘でもいいから(1993年、よみうりテレビ・日本テレビ)
月曜ドラマイン 東京大学物語(1994年、テレビ朝日)
月曜ドラマイン 最高の恋人(1995年、テレビ朝日)
愛の感動のドキュメント さっちゃんウソついてごめんネ(1995年、TBS)
BLACK OUT DNA(1995年、テレビ朝日)
木曜の怪談 午前0時の血(1995年、フジテレビ)
'96新春ドラマスペシャル 素晴らしき家族旅行(1996年、フジテレビ)
東京SEX バレンタインスペシャル(1996年、フジテレビ)
恋愛前夜いちどだけ ファーストキス(1996年、日本テレビ)
愛が叫んでる 幸福を探す女(1996年、日本テレビ)
最後の家族旅行(1996年、TBS)
彼(1997年、関西テレビ・フジテレビ)
恋の片道切符(1997年、日本テレビ)
踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年、フジテレビ)
土曜ワイド劇場 名探偵明智小五郎「陰獣」(1998年、テレビ朝日)
世にも奇妙な物語 秋の特別編「中学教師」(1998年、フジテレビ)
ソムリエ(1998年、関西テレビ・フジテレビ)
NHKドラマ館 さよなら5つのカプチーノ(1998年、NHK)
サントリーミステリー大賞スペシャル 心室細動(1998年、テレビ朝日)
金曜エンタテイメント ほんとにあった怖い話「白昼のベル」(1999年、フジテレビ)
危険な関係(1999年、フジテレビ)
名探偵明智小五郎 エレベーター密室殺人(2000年、テレビ朝日)
東芝日曜劇場 催眠(2000年、TBS)
世にも奇妙な物語 SMAPの特別編 僕は旅をする(2001年 フジテレビ)
慎吾ママ・ドラマスペシャル「おっはー」は世界を救う!(2001年、フジテレビ)
陰陽師(2001年、NHK)
特別企画 結婚の条件(2002年、テレビ朝日)
東芝日曜劇場 ヨイショの男(2002年、TBS)
恋愛偏差値 第2章「Party」(2002年、フジテレビ)
世にも奇妙な物語 春の特別編「顔を盗まれた」(2003年、フジテレビ) - 主演
ほんとにあった怖い話(2004年、フジテレビ)
ミュージックinドラマ ホシに願いを(2004年、NHK)
プレミアムステージ 金田一耕助シリーズ 犬神家の一族(2004年、フジテレビ)
プレミアムステージ 9.11(2004年9月11日 フジテレビ)
金曜エンタテイメント 金田一耕助シリーズ 八つ墓村(2004年、フジテレビ)
日曜劇場 Mの悲劇(2005年、TBS)
平成17年度(第60回記念)文化庁芸術祭参加作品 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(2005年、フジテレビ)
金曜エンタテイメント 新春特別企画 金田一耕助シリーズ 女王蜂(2006年、フジテレビ)
ブスの瞳に恋してる(2006年、関西テレビ・フジテレビ)
ブスの瞳に恋してる 恋の軌跡、愛の未来スペシャル〜初めてのクリスマス・エビちゃんの逆襲〜(2006年12月26日、関西テレビ・フジテレビ)
金曜プレステージ 金田一耕助シリーズ 悪魔が来りて笛を吹く(2007年、フジテレビ)
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年8月29日、フジテレビ)
佐々木夫妻の仁義なき戦い(2008年、TBS)
トライアングル(2009年、フジテレビ)
仮面ライダーG(2009年1月31日、テレビ朝日) - 主演

映画

さらば愛しのやくざ(1990年)
プライベート・レッスン(1993年)
シュート!(1994年)
スーパースキャンダル(1996年)
パラサイト・イヴ(1997年)
催眠(1999年)
笑の大学(2004年)
ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵(2006年)(声優)
北極のナヌー(2007年)(日本語版ナレーション)

ラジオ

おはようSMAP(TOKYO FMほかJFN系列)
STOP THE SMAP(文化放送)

CM

現在
明治製菓
日清食品「麺職人」
NTT東日本「フレッツ光」
大塚製薬「ポカリスエット」『sand篇』(2007年)

過去

マンダム「ルシード」
アサヒ飲料「バヤリースオレンジ」
富士フイルム
ニッカ「シードル」
キャリアスタッフ
サントリー「BOSS」
朝日新聞
ポッカコーポレーション「ファーストドリップ」
江崎グリコ「プリッツ」
任天堂ニンテンドーゲームキューブ専用ソフト『マリオカート ダブルダッシュ!!』&『マリオパーティ5』、ゲームボーイアドバンス専用ソフト『マリオ&ルイージRPG』(いずれもイナガキマリオ名義で出演。)
江崎グリコ「ビスキーファイブ」
GMOインターネット「9199.jp」

ナレーション

「未来の瞳」(2000年4月~2001年3月 TBS系)
感動エクスプレス「篠原勝之ゲタ紀行」(1999年1月15日 フジテレビ系)
「僕たちの出発」(2000年5月4日 NHK)
スーパーフライデー「乙武洋匡スペシャル!」(2002年9月13日 TBS系)

舞台

聖闘士星矢(フェニックス一輝)(1991年)
ドラゴンクエスト(1992年)
ANOTHER-少年の島編-(1993年)
夜曲-tsutomu-(1996年)
広島に原爆を落とす日(1997年)
広島に原爆を落とす日・再演(1998年)
月晶島綺譚(1999年)
七色インコ(2000年)
謎の下宿人~サンセット・アパート~(2003年)
ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?(2006年6月)
魔法の万年筆(2007年)

CDソロ作品
シングル

If You Give Your Heart/稲垣吾郎(1993年2月3日)
Wonderful Life/&G(2004年3月10日)

著作

馬耳東風(2001年5月25日発売/集英社)

連載

現在

anan【movies】(映画レビューを4人持ち回りでリレー連載)(2001年1月~)

過去

週刊プレイボーイ(1995年)
COSMOPOLITAN日本版「馬耳東風」(1996年4月~2000年11月号)

http://www.johnnys-net.jp/j/artists/smap/prof/prof.html

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%F0%B3%C0%B8%E3%CF%BA

もし宜しければ稲垣 吾郎様主演の笑の大学ダビングで物で販売致します!価格は2000円です。(価格詳細500円稲垣 吾郎様御支払い分、1000円万屋取り分(DVD製作費込み、200円ジャニーズ社長様御支払い分、残300円お友達様御まとめ料です。)1パック5000組でお願い致します。

http://tc_tutida.at.infoseek.co.jp/bisyounen/gorou.html

http://www.sanspo.com/geino/news/090624/gng0906240505000-n1.htm

http://www.v-apex.com/

詳細はここから!

info@v-apex.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

草彅 剛さんについて

草彅 剛

草彅 剛(くさなぎ つよし、1974年7月9日 - )は、愛媛県西宇和郡三瓶町(西予市)出身[要出典]の男性アイドルグループSMAPのメンバーであり、歌手、俳優、タレント。所属事務所はジャニーズ事務所。A型。身長170cm。ぷっすまの身長測定にて。愛称は「つよし」、「つよしくん」、「つよぽん」、「つよちゃん」など。イメージカラーはイエロー。

来歴

愛媛県西予市[要出典]生まれ、2歳頃より埼玉県川口市で育つ。小学生のときは器械体操部に所属し部長を歴任。国体→オリンピック出場を目標にしていた。
現・SMAPの一員、木村拓哉と共に茶々隊のオーディションに合格。萩本欽一の下でレッスンを受けた後、最年少メンバーとして『欽きらリン530!!』の放送開始当初に少しだけ出演する。「彼ら2人に笑いの才能を感じながらも、リハーサルの合間にいつも踊っている2人の姿を見てこの子たちはこのまま笑いの世界に引き込んではいけないんじゃないかと思って結果的に解雇し、ジャニーズ事務所社長に預けた。」(萩本欽一談)
1988年(昭和63年)4月、13歳の頃スケートボーイズの中からSMAPのメンバーに選ばれる。当初草彅はSMAPのメンバーの中でも控えめな立ち位置にいたが、1997年(平成9年)にドラマ『いいひと。』で一躍知名度を上げた。その後2003年の長者番付ではジャニーズ部門で首位になった。
堀越高等学校を埼玉の実家から3年間無遅刻無欠席の皆勤賞で卒業。そのときに、全コースから学業優秀、品行方正だった卒業生1人に贈呈される「堀越賞」を受賞した。なお、卒業後に活躍した有名人も数多い堀越高芸能コース卒業生であるが、芸能コースの生徒で受賞したのは草彅が初という快挙であり、その後も声優・歌手の水樹奈々しか例が無い。
2009年4月、公園で全裸でいたところを逮捕される(詳細は下記「全裸わいせつ事件」の項を参照)。

参加ユニット

茶々隊 (結成初期に短期間在籍)
スケートボーイズ
SMAP

人物

趣味・特技

水泳、器械体操、スカップダンス、テコンドーが得意。 2003年(平成15年)まで5年連続男性ベストジーニストに選ばれ、殿堂入りを果たす(これまで6回受賞している)。また、コンピュータゲーム好きであり、『バーチャファイター』を元旦の朝9時頃からゲームセンターに並んで夕方6時頃までやっていたほどハマッたのだという。
スカジャンで横須賀市のドブ板通りで、よく購入している。 20代はタバコを吸っていたが、30代になってから禁煙した。また、大の酒好きであるが、(ちなみにヤクルトも大好き)一方でドラマや舞台などが集中する期間は禁酒する。 NHKの動物番組をよく見るらしく、『「ぷっ」すま』で、たびたび動物の話をする。NHKの『地球!ふしぎ大自然』のナレーターも務めた。音楽はB'zのファンで、LIVEにも何回か顔を見せたことがある。TBS系の番組「うたばん」のスペシャルでのカラオケ大会では、あまり一般に知られていないB'zのアルバムの曲「Baby, you're my home」をリクエストし歌った。 2009年3月に結婚相手紹介サービスのパートナーエージェントが30代未婚の男女400名にアンケート調査した『草食男子でイメージするタレント』ランキングで1位に選ばれた。

交友関係

お笑い芸人のビビる大木とは同じ春日部育ちで同じ幼稚園及び中学校の同級生であり、お互い旧知の仲だが、何故か草なぎ本人は「知らない」としらをきる。*メンバーでは特に香取慎吾と仲がよく、本人曰く「慎吾といると楽しい」。また、中居正広や稲垣吾郎とも飲みに行ったりしている。本人曰く、他のメンバーとは兄弟のような関係とのこと。ニックネームの一つ「つよぽん」は香取慎吾が言い出したもの。 テレビ朝日系列『「ぷっ」すま』にて香取がゲストで登場した回において、草彅は「(慎吾は)自分より年下のくせに自分を年上扱いしないことだね」という理由で「もし自分が勝ったら年上扱いしろ」という条件の下挑戦状を叩きつけ、ダンスダンスレボリューションなど様々なゲームで勝負したところ、見事に完敗、決勝戦の前に慎吾に宣言された通りのニックネーム「つよぽん」と呼ばれることになった。 プライベートは徹底的に隠す。「何処に住んでいるか知らない」と香取慎吾や木村拓哉がテレビで証言している。時々メンバーに車で送ってもらっても、実際に住んでいる場所から少し離れた場所で降りて、ひとりで歩いて帰宅する。ごく一部の熱狂的ファンに自宅を突き止められ、そのファンに「家にいるんだろ!?」「風呂入ってるんだろ!?」と叫ばれたことがある。 毎年正月休みはほとんど、伊豆にあるタモリの別荘で過ごしている。そのため、タモリの遠い親戚等に「一義にこんな息子がおったと?」と言われたことだという。
また、タモリに自宅での夕食に誘われた際、同行した他のタレントは楽しく会食していたのにもかかわらず、帰るまで一言も喋らず、ゲームだけをやって帰っていった事があると「笑っていいとも!増刊号」で暴露された事がある。
「いい人」で有名で、天野ひろゆきが天声慎吾で「本当にいい人なのか」と疑って同番組で彼にドッキリを仕掛けた。ラストで香取慎吾とお気に入りのジーパン(実は偽物)とどちらを助けるかと言うところで「香取慎吾を助ける」というボタンを押して、結果的に「いい人」だと言うことがわかった。

アイドル・タレントとして

SMAPがデビューする直前までCHA-CHAのメンバーも掛け持ちしていたが、CHA-CHAとしてデビューしているわけではない。
2005年(平成17年)12月7日放送の『2005FNS歌謡祭』では初の司会を担当。レギュラー出演しているラジオ番組に対して全力投球で取り組み、身を切ったエピソードも多数披露している。

俳優として

2003年(平成15年)、初主演映画『黄泉がえり』(共演:竹内結子・柴咲コウ)が異例の大ヒット&ロングラン。2004年(平成16年)6月25日には主演映画『ホテルビーナス』がモスクワ国際映画祭に出展され、パースペクティブ・コンペティション部門の最優秀作品賞を受賞。 韓国語の勉強に熱心で、全編韓国語の映画『ホテルビーナス』において、韓国語を披露している。(勉強途中に、逆に日本語の語彙が出てこないこともあったという。)そのため、『SMAP×SMAP』において、韓国人ゲストとの会話では韓国語で話し続けるため、他のメンバーがついていけないことがしばしばある。 『僕の生きる道』では役作りのために9kg減量した。しかし、ファンを心配させないために「役作り前から5kg絞った」と少なめに表現した。その後暫く食欲も体重もなかなか戻らなかった。その後、主演映画『ホテルビーナス』のオファーの際、筋トレを始める。その理由は「トラウマを抱えた繊細な青年の役なので、そのコンプレックスの裏返しとして筋肉をつけて体躯を強靭にして欲しい」と監督からの要請があったため。その結果、映画のクランクイン時に体重を60kgまで増やした。 また自身がSMAPの曲が好きな為、草彅剛が主演したドラマには必ずSMAPの曲を主題歌か導入歌になる。 2006年(平成18年)夏、柴咲コウと共演した『日本沈没』が初登場1位、興行収入50億円を突破する大ヒットを記録。過去のジャニーズタレントが出演した実写映画の中でNo.1ヒットとなった。また、アジアや欧州など16カ国で上映されることとなり、韓国においては210館と日本映画としては『ハウルの動く城』(237館)に次ぐスクリーン数(実写としては最大規模)で上映され、邦画としては初めて初登場1位を記録した。 韓国放送協会主催ソウル・ドラマアワーズ2006にて『海峡を渡るバイオリン』が短編ドラマ部門の最優秀作品賞を受賞し、授賞式に出席した草彅は韓国語であいさつし出席者から大きな拍手を浴びた。なお『海峡を渡るバイオリン』は日本でも文化庁芸術祭で優秀賞を受賞している。 2008年公開の『私は貝になりたい』では中居正広演ずる清水豊松が監房で出会う死刑囚・大西三郎として出演した。監督によると「俳優・草彅剛を選んだら、たまたま同じグループの人間になってしまった」とのことである。

「ぷっ」すま

木村拓哉が「(「ぷっ」すまで)ユースケさんと共演している時の方が生き生きしている。」と発言してる通り、この番組では生き生きした草なぎを見ることができる。 ユースケが「剛はダンスやってるから!」とダンス万能説を作り、運動系統のコーナーでは運動神経のいいゲストにもよく勝利している。*番組収録の際酒を飲むこともあり、ほろ酔い加減になるまで飲んでしまい、相方のユースケ・サンタマリアやスタッフから叱られることもある。
ゲーム好きであるため、ゲーム関係の話題になるとその豊富な知識を披露しする。あまりのはしゃぎっぷりから「ゲーマー」、「永遠の5歳児」などといわれている。よってゲームに関連したことで負けると非常に悔しがる姿もよく見られる。また、「セットである風船を割る」「罰ゲームに使う電気ショックを自分込みで全員にかける」などのいたずらをよくする。 共演中のユースケ・サンタマリアと仲がいいと思われることもあるが、実際には仲が悪くもなければ良いと言うわけでもない。長年一緒に番組をやってるが、携帯の番号をお互い知らないと暴露した。
『新·記憶力絵心クイズ』のコーナーではその独創的な画風から“画伯”と称されている。お題に遠い絵を描くことがほとんどで最下位が多いが絵心がありギリギリ最下位を逃れたりして最下位の時のユースケやゲストを悔しがらせることも少なくない。しかし、時々「神が降りた」といわれる奇跡が起こるなどお題に近い絵を描くこともある。
エンディングではユースケの無茶振りでゲストと即興のショートコントを披露することが多いが完成度が低くすべることが多いため、失笑して終わることがほとんどである。ただし爆笑で終わることがたまにある。

全裸わいせつ事件

2009年4月23日未明、東京都港区の檜町公園にて酔っ払いが騒いでいると近隣住民から通報があった。警察官が駆けつけたところ、一人で一糸まとわぬ姿になった草彅がいた。警察官の注意に従わず、「裸になって何が悪い」などと聞き入れなかったため、公然わいせつ罪の現行犯で逮捕された。逮捕の際、草なぎは手足をばたつかせて抵抗したが、保護シートにくるまれ赤坂警察署に連行された。今回の事件はブルームバーグ、サーチナ、共同通信等によって海外にも配信され、ファンの多い韓国や台湾等でもファンに衝撃を与える事になった。また、総務省が推進する地デジについて、草彅が務めていたイメージキャラクターも降板措置が執られた上、CMも放送が取り止めになった他、ポスターが全て回収された。さらに草彅が逮捕前まで出演していたテレビ番組もNHKがピタゴラスイッチからの降板を決め、「笑っていいとも!」「SMAP×SMAP」(フジテレビ)、「「ぷっ」すま」(テレビ朝日)等についても、各テレビ局が「事実確認の上で今後の対応を検討する」と表明する等、事件の波紋が広がっている。

“チョナン・カン”としての草彅剛

チョナン・カンとしてのデビュー初期は、頬を赤く強調した化粧に派手な衣装が多かったが、次第に奇抜な格好はしなくなった。また、上記のように草彅は韓国語を熱心に勉強しており、その語学力は日常会話には不自由ないというレベルのものであり、韓国の芸能人とも全て韓国語で話せる。その模様は、コンサートやテレビ番組などで度々韓国語を披露しているほか、毎週金曜日(土曜日未明)の番組『チョナン・カン』で見ることができる。
「チョナン・カン」とは「草彅剛」の漢字を韓国語で音読みしたものだが、「なぎ」(ナン)の漢字は韓国で使われていないため(「彅」は「国字」=日本製の漢字=と言われる。「彅」という漢字は漢字検定の一級にも含まれていない)漢字「薙」を当てたものである(たとえば静岡市=旧清水市=に草薙駅がある)。薙は日本音で「ち」(薙髪など)、韓国音も同じく「チ」である。薙を韓国で「ナン」と読むのは「難」と字形が近いため、漢字に詳しくない韓国人が誤読したものと思われる。韓国語の連濁に準拠すると「チョナン・ガン」になる。
バラエティ番組の企画が発端となり、「チョナン・カン(초난강; Chonan Gang)」として韓国でバラエティーや『シットコム』に出演し、韓国語でCDを日韓同時にリリース。ケンタッキーフライドチキンのCMにも出演した。そのCMに流れるCMソングもチョナン・カンが歌うものである。 韓国では「SMAPのチョナン・カン」より「チョナン・カンがいるSMAP」として認知されている面が強いが、SMAPとしても人気を誇っている。またチェ・ジウが『SMAP×SMAP』に出演した際には「チョナン・カンだ!!」と驚く様子が見られた。 チョナン・カンとして訪韓した際は、雑誌の取材、テレビ出演を多数こなし、報道番組での盧武鉉大統領との対談は、日韓同時放映された。

受賞歴

1997年第14回ベストジーニスト(協議会選出部門)
1998年第11回DVD&ビデオで〜た大賞・ベストタレント賞
1998年MEN'S CLUB ベストドレッサー賞
1999年第16回ベストジーニスト(初)
2000年第17回ベストジーニスト(2)
2001年第18回ベストジーニスト(3)
2002年第19回ベストジーニスト(4)
2003年第20回ベストジーニスト(5…殿堂入り)
2003年第20回ATP賞・個人賞(『僕の生きる道』の演技による)
2004年日本イノベーター大賞・ジャパンクール賞(日本産業界で活躍が際立った独創的な人物に贈られる)
2005年第13回橋田寿賀子賞・橋田賞(『僕と彼女と彼女の生きる道』、『海峡を渡るバイオリン』の演技による) 2007年第14回読売演劇大賞・杉村春子賞・優秀男優賞(「父帰る」「屋上の狂人」の演技による)

Smapkabe013

出演

バラエティー
レギュラー

SMAP×SMAP(フジテレビ系(関西テレビ・フジテレビ共同制作))
「ぷっ」すま(テレビ朝日系)
笑っていいとも!(フジテレビ系) 金曜日レギュラー
僕らの音楽2(フジテレビ系)ナレーション
チョナン・カン2(フジテレビ系)
笑っていいとも!増刊号(フジテレビ系)

単発

草彅 おすぎとピーコの女子アナスペシャル(フジテレビ)(毎年年始に放送)
FNSがんばった大賞(フジテレビ)(毎年春・秋2回放送)
「草なぎ剛・カリフォルニアを行く! 〜究極のジーンズを探せ!」(TBS) (2003年11月8日放送)
日本の歴史(フジテレビ)(2005年9月17日放送)
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(1995年・2005年/香取慎吾と一緒にメインパーソナリティを務めた)
FNS歌謡祭(2005年・2006年・2007年/黒木瞳と共に司会)
「草なぎ&香取 デンマーク!?笑いと絆の旅路」(テレビ朝日系) (2007年4月22日放送)
オールスター感謝祭(2008年春)
「草なぎプレゼンツ!フィギュア真央・美姫と行く韓国ツアー」(テレビ朝日系) (2008年10月12日放送)

過去

欽きらリン530!!(日本テレビ系)
アイドル共和国(テレビ朝日系)
歌のBIG FIGHT(テレビ東京系)
ポップシティーX(テレビ東京系)
所さんのまっかなテレビ(日本テレビ系)
ヤンヤンもぎたて族(テレビ東京系)
満員御礼!学園キッズ(テレビ東京系)
タモリの音楽は世界だ!(テレビ東京系)
輝け!噂のテンベストSHOW(日本テレビ系(よみうりテレビ・ハウフルス製作))
OH!エルクラブ(テレビ朝日系)
夢がMORIMORI(フジテレビ系)
どっちの料理ショー→新どっちの料理ショー[6][7]((日本テレビ系(よみうりテレビ・ハウフルス製作))
BANG! BANG! BANG!(フジテレビ系)
スクラッチ(TBS系)
鶴瓶・草彅の夢中宣言"がんばります。"(テレビ朝日系)
チョナン・カン(フジテレビ)
SmaSTATION-5(テレビ朝日系)(準レギュラー)

テレビドラマ

時間ですよ平成元年(1989年10月10日〜12月26日)
命うるわしく〜訪問看護婦物語〜(1995年3月16日)
付き馬屋おえん事件帳 初回スペシャル「たった十日の花嫁」(1995年4月10日) - 池田誠之助
家なき子2(1995年4月15日〜7月8日)
まだ恋は始まらない(1995年10月16日〜12月18日)
木曜の怪談-秘密の仲間-(1995年12月14日)
名古屋嫁入り物語8(1996年3月22日)
結婚しようよ(1996年4月11日〜1996年6月27日)
おいしい関係(1996年10月14日〜12月16日)
僕が僕であるために(1997年1月3日)
沙粧妙子-帰還の挨拶-(1997年3月25日)
いいひと。(1997年4月15日〜6月24日)
ギフト第7話(1997年5月28日)
世にも奇妙な物語 「無実の男」(1997年10月6日)
成田離婚(1997年10月15日〜12月17日)
先生知らないの?(1998年4月10日〜6月26日)
じんべえ(1998年10月12日〜12月21日)
古畑任三郎vsSMAP(1999年1月3日)
バカヤロー1999-セクハラでから騒ぎするな-(1999年9月26日)
降霊-ウ・シ・ロ・ヲ・ミ・ル・ナ-(1999年9月28日)
TEAM(1999年10月13日〜12月22日、以後毎年秋ごろスペシャルとして放送中)
世にも奇妙な物語 「銃男」(2000年3月27日)
フードファイト(2000年7月1日〜9月16日、2001年4月1日と9月29日にスペシャル放送)(日本テレビ系)
世にも奇妙な物語SMAPの特別編「13番目の客」(2001年1月1日)
Smap Short Films「MUSIC POWER GO! GO!-ダモン君の巻-」・「菅原さん」・「コンセント」・「トイレ」・「のれない」「脱出不可能」・「BUS☆PANIC!!!」・「good-bye,cruel world」(2001年4月9日)
スタアの恋(2001年10月11日〜12月20日)
チョナンカン・スペシャル サランヘヨ 愛の劇場&愛の唄 「ミアネヨ〜ごめんね〜」・「ヘンボカセヨ〜幸せになれよ〜」(2002年4月29日)
僕の生きる道(2003年1月7日〜3月18日)
僕とあなたの生きる道〜ONE DAY(2003年7月7日)
太閤記 サルと呼ばれた男(2003年12月27日)
僕と彼女と彼女の生きる道(2004年1月6日〜3月23日)
僕と彼女と彼女の生きる道スペシャル(2004年9月18日)
新選組!(2004年11月21日)
海峡を渡るバイオリン(2004年11月27日)
X'smap〜虎とライオンと五人の男〜(2004年12月25日)
徳川綱吉 イヌと呼ばれた男(2004年12月28日)
恋におちたら〜僕の成功の秘密〜(2005年4月14日〜6月3日)
24時間テレビスペシャルドラマ小さな運転士 最後の夢(特別出演)(2005年8月27日)
愛と死をみつめて(2006年3月18日・19日)
僕の歩く道(2006年10月10日〜12月19日)
佐々木夫妻の仁義なき戦い(特別出演)(2008年1月〜)
猟奇的な彼女(2008年4月〜6月)

映画

シュート!(1994年)
アンネの日記(声優)(1995年)
メッセンジャー(1999年)
黄泉がえり(2003年)
ホテルビーナス(2004年)
茶の味(2004年)
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(2004年)
ロボッツ(声優)(2005年)
日本沈没(2006年)
横綱マドンナ(2006年韓国)
ストリングス〜愛と絆の旅路(声優)(2007年)
西遊記(2007年)
山のあなた〜徳市の恋〜(2008年)
私は貝になりたい(2008年)
BALLAD 名もなき恋のうた(2009年9月公開予定)

アニメ

姫ちゃんのリボン(テレビ東京系列、1992年10月〜1993年12月) - 支倉浩一役(レギュラー)。他に第13・14話で作品中に6人時代のSMAPが登場、本人役として出演。

ラジオ

スクランブルSMAP(TBSラジオ)
STOP THE SMAP(文化放送)
おはようSMAP(TOKYO FM)
SMAP POWER SPLASH(bayfm(ベイエフエム))

CM

ロッテ 冬色ショコラ
味の素 味の素
NTT東日本
エースコック スーパーカップ
ナムコワンダーエッグ2
金鳥 キンチョール
大王製紙 エリス
公共広告機構
覚醒剤撲滅運動「DRAG KILL TEENS」(1997年〜1998年8月)(本人出演)
骨髄バンク登録キャンペーン(ナレーションのみ)
国連世界食糧計画(WFP)「ごはんの教科書」(2004年)(同上)
日韓共同キャンペーン「エコライバルになろう。」(2008年)(本人出演)
野村證券
トヨタ自動車 トヨタレンタリース (1995年 - 2009年)
アサヒ飲料 あじわい緑茶
ヤマサ醤油 昆布ポン酢
サンクス
ソニー・ミュージックエンタテインメント Canna「風の向くまま」・ナレーションのみ
ロート製薬 パンシロン
サントリー 熟茶・BOSS
JRA ナレーションのみ
ANA 超割
三洋電機 xacti
田辺製薬 アスパラドリンクシリーズ
ケンタッキーフライドチキン 韓国風ツイスター・香り揚げ醤油チキン
九九プラス SHOP99
ロッテスノー シェ・ミルク
ジョージア レインボーマウンテンコーヒー
東京海上日動 超保険
P&Gアリエール
環境省チーム・マイナス6% ナレーションのみ
社団法人地上デジタル放送推進協会
地上デジタル放送普及促進の広告をNHK(BSを含む)・民放各局・放送大学(スカイパーフェクTV!へのサイマル放送を含む)で放送されている。
大塚製薬 ポカリスエット
『cube篇』 (2007年 - )
大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター
『朝篇』 (2007年4月 - )
ECC

ナレーション

NONFIX高橋由伸 300日の肖像 〜巨人の理由〜(フジテレビ)(1998年1月27日)
地球!ふしぎ大自然(NHK 2001年4月〜2003年3月)
素敵な宇宙船地球号(テレビ朝日)(2003年)
ドキュメンタリー『僕の生きる道』をたどって(フジテレビ)(2004年2月7日)
僕らの音楽2(フジテレビ)(2005年4月〜)
ピタゴラスイッチ(ポキポキアニメ)(NHK教育)(2005年4月〜)
ザ・ノンフィクション『日韓共同製作ドキュメンタリー・駆け抜けて今・・・岐路に立つ二つの団塊の世代』」(フジテレビ)(2006年8月20日)
仰天映像88連発!驚異の水世界〜水検定2008 (フジテレビ)(2008年8月5日)

舞台

聖闘士星矢(1991年8月15日〜9月1日:青山劇場)
ドラゴンクエスト(1992年8月1日〜8月25日:京都南座)
ANOTHER-沈黙の島-(1993年8月6日〜15日:ア-トスフィア 8月17日〜24日:京都南座)
姫ちゃんのリボン(1993年12月3日〜26日:博品館劇場)
敗戦国の王子フォーティンブラス 〜オリジナルスマイル〜(初演・1995年3月6日〜23日:紀伊國屋ホール 再演・1995年11月23日〜26日:近鉄劇場)
蒲田行進曲(初演・1999年2月20日〜28日:近鉄劇場 3月5日〜27日:Bunkamuraシアターコクーン 再演・2000年1月15日〜25日:近鉄劇場 1月28日〜30日:アートピアホール 2月4日〜20日:青山劇場)
THE SECRET LIVE(1999年7月1日〜4日:紀伊國屋サザンシアター)
VOICE Reading『椿姫』with草彅剛(初演・2002年2月13〜16日:サントリーホール 再演:2002年6月22日・23日:びわ湖ホール 6月30日:ホワイトキューブ)
父帰る/屋上の狂人(2006年4月1日〜30日:シアタートラム)
瞼の母(2008年5月10日〜6月8日:世田谷パブリックシアター)

著作

これが僕です(1997年4月1日発売)
チョンマルブック1, 1.5(2002年12月16日発売)
チョンマルブック2, 2.5(2004年11月26日発売)
okiraku(2007年3月14日発売)
クサナギバコ(2008年05月28日発売)

雑誌連載

C'est la vie(WinkUp 連載終了)
お気楽大好き(月刊テレビジョン 1996.4〜)
草彅剛の僕の隠れ家にようこそ(MORE 2004.3〜2008.5)

CDソロ作品

オトコのコ オンナのコ/小泉今日子(コーラス参加)(1996年10月21日) - 作曲:奥田民生。
愛の唄〜チョンマル サランヘヨ〜/チョナン・カン(2002年6月26日) - 作詞・作曲:つんく。のちに、つんくがセルフカバー。

もし宜しければ草薙剛様主演の黄泉がえりダビングで物で販売致します!価格は2000円です。(価格詳細500円草薙剛主様御支払い分、1000円万屋取り分(DVD製作費込み)、200円ジャニーズ社長御様支払い分、残300円お友達様御まとめ料です。)1パック5000組でお願い致します。

http://scomu.jp/kusanagituyosi/archive/3

http://www.bb-navi.com/cm-douga/kusanagitsuyoshi.html

http://www.v-apex.com/

詳細はここから!

info@v-apex.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中居正広さんについて

中居 正広

中居 正広(なかい まさひろ、1972年8月18日 - )は、男性アイドルグループ・SMAPのリーダー。所属事務所はジャニーズ事務所。「中井正広」ではない(『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)ではわざとスタッフが「中井」にしている)。身長165cm。足のサイズ24.5cm。SMAPでの初期からのイメージカラーはブルーだが、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のコーナー「BISTRO SMAP」の時のみピンクである。愛称は中居、中居君、中井さんまたは中井しゃん(『中井正広のブラックバラエティ』の場合)。

来歴

神奈川県藤沢市辻堂出身。父は通関業勤務。男3人兄弟の末っ子(三男)。藤沢市辻堂二葉幼稚園、藤沢市立鵠沼小学校、5年生の時に藤沢市立明治小学校に転入、藤沢市立明治中学校、私立平塚学園高等学校中退、東京都立代々木高等学校定時制卒業。この高校で木村拓哉とは同じクラスでに所属する。中居曰く、高校時代の中居は「ヤンキー派」で、木村拓哉は「チーマー派」。中ラン・ボンタン、潰した学生カバンなどのエピソードは、テレビやラジオなどでたびたび紹介される。

1987年3月にジャニーズ事務所に入社し、同年秋にSMAPの前身グループであるスケートボーイズに選ばれる。

1988年、スケートボーイズの6人によるグループSMAPを結成。1991年9月9日、『Can't Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。その後、歌手活動を始め、タレント、俳優、司会などの活動をしている。

参加ユニット

スケートボーイズ
SMAP
ジャニーズ草野球チーム

人物

趣味・嗜好

ロックダンスが得意。

スポーツ歴は野球とバスケットボール。熱狂的なプロ野球・読売ジャイアンツファンとして知られ、特に原辰徳のファンとされる。 1992年デビュー当初、プロ野球aiに「巨人原辰徳や、阪神掛布雅之に憧れた世代」をアピール。しかしわずか3週間前に阪神ファンの機関紙月刊タイガースで「湘南出身なのに熱烈なタイガースファンの中居です」「SMAPもよろしくお願いします」とコメントを寄せていたことがことが阪神ファンに発覚、雑誌の投稿コーナー(「VOW」)に投稿される。月刊タイガース200号に阪神タイガースのファンであること公表。同編集部の功績を讃える手記が掲載された翌1993年には、甲子園球場の電光掲示板に、7回裏の攻撃の際に中居が登場し、阪神ファンにいっそうの応援を呼びかける画像が流されていた。ドラマ「砂の器」でピアニスト役を演じる直前の2003年に草野球で右手の中指の先を骨折。中指の先が曲がってしまう。 1980年代の人気アイドル堀ちえみや柏原芳恵のファンでサタスマに彼女達を招待している。 若い頃は尖っていたらしく、同じメンバーの木村(木村もまた中居と同じく若い頃は尖っていた)とよく衝突していたが、現在ではわだかまりも解けてツーカーの仲であるとのこと。 愛車は、長年にわたり日産・シーマ(FY33型)であったが現在はメルセデス・ベンツCLS550を所有。
最新の家電製品が苦手。家ではVHSのビデオデッキを使っている。携帯電話も2006年4月に壊れて修理不能となるまで、12年間同じ機種(NTTドコモのPシリーズ。購入時期からデジタルムーバPと思われる)を使い続けていたほど。ただし、並行して使用していた2台目の携帯電話は当時の最新機種であった。
帽子(整髪するのが面倒で、そのために時間をかけるぐらいならギリギリまで寝ていたいという理由でほとんどと言っていいほど被っている。冬はニット多め)・アクセサリー・リストバンド・時計等が好きで数多く所有している。帽子は家に60個ほどある。 普段からアンクレットを2つ身に着けている。テレビ出演の際も基本的に外すことは無い。片方は親戚の子供から貰ったと番組内で公言しているが、もう片方については一切語ろうとせずに、なぜかこの話題が終息に向かってしまい話題を変えようと図る。水族館のクッションが好きで甥っ子・姪っ子や友達と水族館に行ったときには必ず2つほど買っている。ベッドの上には常時シロイルカの抱き枕を置いてある。

親交関係

めちゃ2イケてるッ!の総監督などで知られている片岡飛鳥とは、半年に一回飲みに行く仲である。そこでの会話はほとんどが仕事についてである(雑誌より)。 基本的に名字(中居)で呼ばれることが多い。業界関係の人物で名前(正広)で呼ぶのは、フジテレビの荒井昭博、キム兄こと木村祐一など。水谷豊が『うたばん』に出演したときは、はじめ「正広くん」と呼んだが話し合い(?)の末「正広ちゃん」と呼んだ。RIP SLYMEのSUの姉(一般人)と、DJ FUMIYAの兄(EAST ENDのバックダンサーTAKE)は小学校・中学校時代の同級生でその時よくTAKEの家に遊びに行っていた。また、『うたばん』ではその当時の素行をSUとDJ FUMIYAに暴露されていた。

身体的特徴

身長165cmとしているが、それより低いのではないのか、という身長詐称疑惑がよく流れている。しかし、2007年8月5日放送の笑っていいとも!増刊号で身長測定をしてみたところ、170cmあったことが判明。だが、ニット帽を被っていたので正確には170cmより低い。タモリによると「168cmはあるよ」という。 視力が悪い(右目が0.1~0.2、左目が0.09)。車を運転する時と家にいるときなどは、いつもメガネをかけている。仕事などでは眼鏡をかけていないことも多いが、コンタクトレンズはしていない。

仕事

バラエティ業

出演しているレギュラー番組の多くで司会を担当している他、『NHK紅白歌合戦』(NHK)の司会や、フジテレビ系『FNSの日』(27時間テレビ、26時間テレビ)の総合司会(1998年~2000年、2004年、2006年)、TBS系アテネオリンピックとトリノオリンピックのメインキャスター、2008年に行われた北京オリンピックでもメインキャスターを務めた。ニッポン放送のラジオ・チャリティー・ミュージックソンのパーソナリティ(1996年、1997年)など大型特別番組の司会も多く担当している。因みに、『NHK紅白歌合戦』は1997年、1998年、2006年、2007年、2008年に司会を努め、男性の司会者ではNHKのアナウンサーを除くと最多の5回となった。また最年少白組司会者記録(2008年現在)を持っている。また、NHKアナウンサー以外で初めて、男性による紅組司会を務めた。
フジテレビ系『FNSの日』の総合司会(1998年~2000年、2004年、2006年)を、北野武と並び歴代最多である5回担当した。2008年11月24日(月曜日)に、仲間由紀恵からの紹介で『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングのゲストとなる。これによって同番組としては、初めて番組レギュラー(中居は火曜日レギュラー)のままテレフォンショッキングのゲストとして出演することとなった。

俳優業

2000年代以降は文芸物や名作のリメークへのシリアスな役柄での出演が続いている。 俳優業では、監督に全てまかせるという方針をとっている。作品や芝居に対する意見を言わずに、真っ白のままで現場に行き、監督に色を付けてもらって芝居をする。2008年公開の私は貝になりたいでは、役作りのために10kgの減量をしたり、約25年ぶりに髪を刈って坊主頭にしたりしている。 木村拓哉とともに3年B組金八先生第3シリーズの生徒役のオーディションを受けたが、落選している(その際、ジャニーズ事務所から合格したのは森且行、長野博)。
ものまねユニット イチロー、タモリ、森進一、役所広司、東幹久、長州小力、高橋克典、小林稔侍など 関根勤、藤井隆、高橋克実、八嶋智人とは関係深い人物である。

その他エピソード

神奈川県の人にみられる方言(語尾に「~だべ」をつけるの)が癖。単語の語尾に「~っち」や「~っぴー」をつけることが多い(例:子供っち、彼女っち、地元っぴー「じもっぴー」など)。 放映権を持つテレビ局の日本代表野球チームのサポーターとして、07年北京五輪アジア最終予選で星野仙一監督「公認サポートキャプテン」を務め、08年北京五輪ではTBSメインキャスターとして日本代表を応援。その後、テレビ朝日の09年WBC日本代表サポートキャプテンに起用される。TBS系では冬季オリンピックのメインキャスターも二度務めている。

Smaplabe009 

賞詞

『第21回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』-主演男優賞(2008年12月28日)「私は貝になりたい」により。

ランキング

『メガネが似合う男性芸能人(06年)』10位
『"帽子男"ランキング(06年)』1位
『今年、紅白の司会を務めてほしい有名人(07年)』1位
『ギャルの間で話題のキーワードランキング総合(08年)』4位
『「an・an」読者の好きな男ランキング(08年)』5位
『今年、紅白の司会をしてほしい有名人(08年)』1位

出演

バラエティー

レギュラー

SMAP×SMAP(関西テレビ・フジテレビ系)
森田一義アワー 笑っていいとも!※火曜レギュラー(フジテレビ系)
ザ!世界仰天ニュース(日本テレビ系)
うたばん(TBS系)
中居正広の金曜日のスマたちへ(TBS系)
笑っていいとも!増刊号(フジテレビ系)
中井正広のブラックバラエティ(日本テレビ系)
NEWS ZERO※ZEROスポーツで不定期登場(日本テレビ系)
単発
体育会系スポーツ大忘年会スペシャル(日本テレビ系)
さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル(日本テレビ系)
FNSの日/さんま・中居の今夜も眠れない(フジテレビ系)
めちゃ²イケてるッ! 中居・ナイナイ日本一周シリーズ(フジテレビ系)
中居正広のスポーツ革命(テレビ朝日系)
笑っていいとも!特大号(フジテレビ系)
笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル(フジテレビ系)
中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル(フジテレビ系)
たまッチ!(フジテレビ系)
鶴瓶の家族に乾杯(2008年12月1日・12月8日)
過去
あぶない少年III(テレビ東京)
愛ラブSMAP(テレビ東京)
アイドル共和国(テレビ朝日系)
桜っ子クラブ(テレビ朝日系)
夢がMORIMORI(フジテレビ系)
キスした?SMAP(朝日放送製作)
アイドルオンステージ(NHKBS2)
SMAPのがんばりましょう
サンデージャングル(テレビ朝日)
中居くん温泉
中居正広のボクらはみんな生きている(フジテレビ系)
サタ☆スマ(フジテレビ系)
デリバリー・スマップ デリ!スマ(フジテレビ系)
スマ夫(フジテレビ系)
ビートたけしのD-1グランプリ (テレビ朝日系)
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ系)
FNS1億2700万人の27時間テレビ夢列島(フジテレビ系)
中居正広のテレビ50年名番組だョ!全員集合笑った泣いた感動したあのシーンをもう一度夢の総決算スペシ
ャル(TBS系)
中居正広の家族会議を開こう!(TBS系)
松本・中居VS日本テレビ(日本テレビ系)
The独占サンデー(日本テレビ系)
巨人中毒(日本テレビ系)
ワカチュキ(日本テレビ系)
ダウトをさがせR(TBS系)
スポーツ大MAX(日本テレビ系)
大スポんちゅ!(日本テレビ系)
2004年夏季オリンピック(TBS系)
2006年冬季オリンピック(TBS系)
2008年夏季オリンピック(TBS系)

テレビドラマ

あぶない少年III(テレビ東京系、1988年) - 中居正広役
時間ですよ平成元年(TBS系、1989年) - 宝田ヒロシ役
学校へ行こう!(フジテレビ系、1991年) - 松田克巳役
腕におぼえあり3(NHK総合系、1991年) - 渋谷雄之介役
学校へ行こう!スペシャル・旅立ちの朝に(フジテレビ系、1992年) - 弘志役
もっと、ときめきを―ふたりまでの距離―(日本テレビ系、1992年)
君に伝えたい「結婚したい男」(TBS系、1994年)スピンオフ出演
君に伝えたい「東京純愛症候群」(TBS系、1994年) - 杉山俊介役
世にも奇妙な物語「23歳の老人」(フジテレビ系、1995年)
味いちもんめ(テレビ朝日系、1995年) - 主演・伊橋悟役
輝く季節の中で(フジテレビ系、1995年) - 樋口慎一役
輝け隣太郎 第6話・第9話(TBS系、1995年) - ゲスト・中居正広役
味いちもんめII・京都編(テレビ朝日系、1996年) - 伊橋悟役
勝利の女神(関西テレビ・フジテレビ系、1996年) - 吉本康平役
世にも奇妙な物語「不定期バスの客」(フジテレビ系、1996年)
ナニワ金融道シリーズ(フジテレビ系、1996年 - 2005年) - 灰原達之役
味いちもんめ 新春ドラマスペシャル'97(テレビ朝日系、1997年) - 伊橋悟役
いいひと。(フジテレビ系、1997年) - 友情出演
最後の恋(TBS系、1997年) - 夏目透役
味いちもんめ 新春ドラマスペシャル'98(テレビ朝日系、1998年) - 伊橋悟役
ブラザーズ(フジテレビ系、1998年) - 藤原真心役
古畑任三郎 vs SMAP(フジテレビ系、1999年) - 中居正広役
グッドニュース(TBS系、1999年) - 黒沢丈一役
伝説の教師(日本テレビ系、2000年) - 風間大輔役
白い影(TBS系、2001年) - 直江庸介役
世にも奇妙な物語 SMAPの特別編「オトナ受験」(フジテレビ系、2001年)
白い影新春ドラマスペシャル(TBS系、2003年1月2日) - 直江庸介役
砂の器(TBS系、2004年) - 和賀英良役
婚カツ!(フジテレビ系、2009年)- 雨宮邦之役

映画

プライベート・レッスン (1993年、稲垣吾郎主演作)
シュート! (1994年)- 田仲俊彦役
第2回欽ちゃんのシネマジャック「なんかヘン? Part2」 (1994年)- 息子役
模倣犯 (2002年6月8日封切)- 主演・網川浩一(ピース)役
私は貝になりたい (2008年)- 主演・清水豊松 役

CM

現在

大塚製薬(2004年 - )
明治製菓「明治アーモンドチョコレート」(2005年 - )
日清食品(2004年 - )
過去
住友ゴム工業「ダンロップ・デジタイヤ LE MANS」
トクホン
資生堂
ロート製薬「ロートZi:φ、ロートZi:フラッシュ、ロートZi:φNEW」
吉野家
読売新聞
愛知県
スカイパーフェクTV!
日本生命
ダイキン
サントリー「スーパーHOP'S生」
三菱自動車「RVR」
ベスト電器
日本中央競馬会

ラジオ

現在

ニッポン放送「中居正広のSome girl' SMAP」(1995年7月 - )
JFN「おはようSMAP」(1994年 - )
文化放送「STOP THE SMAP」
過去
ニッポン放送「中居正広のオールナイトニッポン」(1993年11月 - 1994年10月)
NACK5「中居正広のWOO YAH SMAP」(1995年4月 - 1996年9月)
JFN「G1グルーパー」(1996年10月 - 1997年9月)
ニッポン放送「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」(1996年12月24日 - 12月25日、1997年12月24日 - 12月25日)

もし宜しければ中居正広様主演の模倣犯ダビングで物で販売致します!価格は2000円です。(価格詳細500円中居正広様御支払い分、1000円万屋取り分(DVD製作費込み)、200円ジャニーズ社長様御支払い分、残300円お友達様御まとめ料です。)1パック5000組でお願い致します。

http://www2m.biglobe.ne.jp/~coco/smap/

http://www.tbs.co.jp/kinsma/

http://www.v-apex.com/

詳細はここから!

info@v-apex.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村拓哉さんについて

木村拓哉

木村拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本の俳優であり、男性アイドルグループSMAPのメンバー、ジャニーズ事務所に所属。血液型O型、身長176cm。 イメージカラーはレッド。東京都出身、千葉県育ち。

来歴

生まれは東京都だが、小学校入学直前まで、大阪府箕面市に住み、小学校以降は千葉県千葉市で育つ。
1988年、千葉県立犢橋高等学校入学。
1988年4月、スケートボーイズの12人のメンバーの中から中居正広、稲垣吾郎、森且行、草彅剛、香取慎吾らと共にSMAPを結成。
1989年、東京都立代々木高等学校定時制編入。
1991年、東京都立代々木高等学校定時制卒業。
1991年9月9日、SMAPのメンバーとして『Can't stop!! -LOVING-』でCDデビュー。
1993年、テレビドラマ『あすなろ白書』の取手治役でブレイク。
1994年、テレビドラマ『若者のすべて』の陰のある青年(上田武志役)を演じ好評を得る。
1994年、雑誌『anan』の好きな男ランキングで1位を獲得。以後、2008年現在まで15年連続1位を獲得している。
1995年、テレビドラマ「人生は上々だ」で大上一馬役を演じる。ダウンタウンの浜田雅功と共演。
1996年、テレビドラマ『ロングバケーション』で連続ドラマ初主演、最高視聴率36.7%を記録し、人気を不動のものとする。
1996年、写真集『木村拓哉』(撮影/横須賀功光)を出版。尚、この写真集にはジャニーズ事務所は一切関与していない。
2000年、テレビドラマ『ビューティフルライフ』で最高視聴率41.3%を記録。
2000年11月23日、工藤静香との婚約会見を行い、12月5日に結婚。
2001年、2006年、テレビドラマ『HERO』で全話視聴率30%以上を記録。
2001年5月1日、長女が誕生。美しい心に育つようにと願いを込めて『心美(ココミ)』と命名。
2003年2月5日、次女が誕生。『光希(ミツキ)』と命名。
2003年、テレビドラマ『GOOD LUCK!!』で最高視聴率37.6%を記録。
2003年、フォトエッセー『開放区』を出版。
2004年、映画『2046』でカンヌ国際映画祭に出席。この時、平服のスーツ姿で現れ、それまでの「男性はタキシードで出席する」という不文律を打ち破り、話題となった。
2004年、映画『ハウルの動く城』で主人公ハウル役を演じる。
2006年、写真集『%パーセンテージ』を出版。
2006年、初オフィシャルDVD『一分TAKUYA KIMURA』発売。
2007年、カンヌ国際映画祭に出席。
2008年、テレビドラマ『CHANGE』で最高視聴率27.4%を記録。

人物

得意な物真似は『古畑任三郎』(余談だが木村は劇中で犯人役を2度演じている)。その他に田原俊彦、松田優作など。最近では平泉成の物真似が気に入っている(2007年、さんタクより)。
サッカー観戦、サーフィン、ダーツ、ビリヤード、釣り、カメラ、映画鑑賞、音楽鑑賞(主に洋楽。ロックを好む)等、多趣味で知られる。過去スノーボードも趣味としていたが、数度の怪我により辞めた。アニメが好きで、特に『銀河鉄道999』などの松本零士作品に思い入れがあり、2002年5月27日放送の『SMAP×SMAP』では木村自身がハーロックに扮するコント「アルカディア2002」後編にて原作者の松本と共演もしている。その際、木村は当コント内で「小学校の頃の理想のタイプはメーテルだった」と答えている。また、『機動戦士ガンダム』にも思い入れがある。漫画『ONE PIECE』が愛読書で入浴中や移動中の時によく読んでいる。ただし、読むのはマンガのみであり、活字の本を読むことは全く無いという

20090511_232505499

(本人談)。
愛犬はラブラドール・レトリバーのボニータ。名前はマドンナの「ラ・イスラ・ボニータ」から付けられた。幼い頃に獣医師を夢見たほどの動物好きである。「君を忘れない」で共演した子犬を引き取り実家で育てたというエピソードもある。
「キムタク」という愛称について、本人は当初は女子高生の間でつけられた愛称として喜んでいたが、その後面と向かって呼ばれるよりマスコミに取り沙汰される時に多用されることや、「キムタク」という素の自分ではない虚像が一人歩きしていると思うようになり、呼ばれることを嫌うようになる。FMVのCMでは、石田純一に「キムタ」と呼ばれ「略さないでよ」と嫌がるコント場面もある。中国でもキムタクと言う愛称は定着している(2006年11月10日の、木村拓哉のWhat's up SMAPにて判明)。近年はキムタクと呼ばれることも、人気のバロメータだ、定着しているのだと受け入れることができるようになったとコメントしている。 ジャニーズ事務所に入ったきっかけは叔母が勝手に木村の履歴書を送ったから。学生時代は剣道部、バスケットボール部に所属。SMAPのメンバーの中で唯一の妻子持ち。家族のことはあまり話さない。明石家さんまやサッカーの中田英寿とはプライベートでも家族ぐるみでの交流がある。 バラエティ番組に殆ど出演しないため、芸人やグラビアアイドルとの共演はほとんどないが、本人はかなりのお笑い好きである。現にビストロスマップで「はねるのトびら」のメンバーがゲストの時に、はねるのトびらのDVDを持っていると発言していた。 名前が同音異字のプロ野球選手木村拓也と『SMAP×SMAP』で共演した。 「惜しい」と言う言葉が嫌い(2007年1月9日ぴったんこカンカンでテニス中本人が発言)。一方で「ヤバイ」という言葉を頻繁に使う。 『笑っていいとも!』にて一度だけ、テレホンショッキングのポスター係として登場したことがあるが、番組上では新人ADを装うというサプライズを提供したことがある(松たか子出演時)。

ドラマ

主演したドラマは1997年の『ギフト』を除き全て平均視聴率20%以上を記録。1998年以降は年に1本のペースで連続ドラマに出演していたが、1999年は連続ドラマの出演はなく、2006年はゲスト出演とスペシャルドラマのみであった。

ドラマでのファッションや髪型がよく話題になり、1990年代後半には木村を真似たロン毛が大流行した。愛用のサングラスはティアドロップタイプで、100個以上所持している。

主演ドラマ『プライド』の撮影中に、エキストラの顔面にアイスパックを直撃させる事故を起こした。診断は「口唇裂傷・歯冠破折」。ドラマ自体は、休憩中のファンサービス中に起こった事故であるために中断されることなく最後まで放送された。受賞

1994年第7回石原裕次郎新人賞…映画『シュート!』の演技による。
1994年度エランドール賞・新人賞…映画『シュート!』の演技による。
1994年第11回ベストジーニスト
1995年第31回ギャラクシー賞・奨励賞個人…テレビドラマ『若者のすべて』の演技による。
1995年第12回ベストジーニスト
1996年第13回ベストジーニスト
1997年第14回ベストジーニスト
1998年第15回ベストジーニスト(殿堂入り)
1999年度放送文化基金賞・男優演技賞…テレビドラマ『ビューティフルライフ』の演技による。
2006年度第30回日本アカデミー賞 主演男優賞のノミネートを辞退
2006年第16回東京スポーツ映画大賞・主演男優賞…映画『武士の一分』の演技による。
2007年ソウル・ドラマ・アワーズ2007・最優秀主演男優賞…テレビドラマ『華麗なる一族』の演技による。
2007年第20回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞・主演男優賞…映画『武士の一分』の演技による。

参加ユニット

スケートボーイズ
SMAP
茶々隊(但し、すぐに脱退する)

出演

バラエティ

※単独での出演のみ。SMAPでの出演はSMAPの項目を参照。 レギュラー

TV's HIGH(2000年10月13日〜2001年3月23日、フジテレビ)
SmaSTATION-6準々レギュラー(2001年10月13日〜 テレビ朝日)
さんタク(2003年1月3日〜、フジテレビ)
Goro's Bar(2005年1月1日、2006年1月10日 東京放送)

テレビドラマ

※単独での出演のみ。主演の連続ドラマは太字。SMAPでの出演はSMAPの項目を参照。

連続ドラマ

あぶない少年III(1988年10月12日-1989年3月29日、テレビ東京) - 木村拓哉(PTA会長の息子)本人 役
好きなのに…(1991年10月13日-10月27日、テレビ東京) - 田村栄一 役
その時、ハートは盗まれた(1992年11月19日-12月17日 フジテレビ) - 片瀬雅人 役
あすなろ白書(1993年10月11日-12月20日、フジテレビ) - 取手治 役
若者のすべて(1994年10月19日-12月21日、フジテレビ) - 上田武志 役
人生は上々だ(1995年10月13日-12月22日、TBS) - 大上一馬 役
ロングバケーション(1996年4月15日-6月24日、フジテレビ) - 瀬名秀俊 役
協奏曲(1996年10月11日-12月13日、TBS) - 貴倉翔 役
ギフト(1997年4月16日-6月25日、フジテレビ) - 早坂由紀夫 役
ラブジェネレーション(1997年10月13日-12月22日、フジテレビ) - 片桐哲平 役
眠れる森(1998年10月8日-12月24日、フジテレビ) - 伊藤直季 役
ビューティフルライフ(2000年1月16日-3月26日、TBS) - 沖島柊二 役
フードファイト(2000年7月1日-9月16日、日本テレビ) - 九太郎(声)
HERO(2001年1月8日-3月19日、フジテレビ) - 久利生公平 役
空から降る一億の星(2002年4月15日-6月24日、フジテレビ) - 片瀬涼 役
GOOD LUCK!!(2003年1月19日-3月23日、TBS) - 新海元 役
プライド(2004年1月12日-3月22日、フジテレビ) - 里中ハル 役
エンジン(2005年4月18日-6月27日、フジテレビ) - 神崎次郎 役
華麗なる一族(2007年1月14日-3月18日、TBS) - 万俵鉄平 役
CHANGE(2008年5月12日-7月14日、フジテレビ) - 朝倉啓太 役
MR.BRAIN(2009年5月23日-、TBS) - 九十九龍介 役

単発ドラマ

おとうと(1990年4月30日、TBS)
松葉杖のラガーマン『ラグビーやってて良かった!』(1991年1月14日、TBS)
映画みたいな恋したい『ロミオとジュリエット』(1991年10月5日、テレビ東京)
映画みたいな恋したい『摩天楼はバラ色に』(1992年4月4日、テレビ東京)
世にも奇妙な物語第2シリーズ『言葉のない部屋』(1992年7月2日、フジテレビ)
柴門ふみセレクションSELECTION2『少女以上・少年未満』(1992年10月19日、テレビ朝日)
泣きたい夜もある『僕だけの女神』(1993年4月18日、TBS)
伊豆の踊子(1993年6月14日〜6月21日、テレビ東京)
世にも奇妙な物語春の特別編『トイレの落書』(1995年4月3日、フジテレビ)
君は時のかなたへ(1995年9月18日、テレビ朝日)
古畑任三郎第2シーズン『赤か、青か』(1996年1月31日、フジテレビ) - 林功夫 役
古畑任三郎『消えた古畑任三郎』(1996年4月9日、フジテレビ)
織田信長『天下を取ったバカ』(1998年3月25日、TBS) - 織田信長 役
世にも奇妙な物語春の特別編『パパラッチ』(1999年3月31日、フジテレビ)
今夜は営業中(1999年9月18日、日本テレビ)
世にも奇妙な物語SMAPの特別編『BLACK ROOM』(2001年1月1日、フジテレビ)
フードファイトスペシャル香港死闘篇(2001年4月1日、日本テレビ) - 九太郎(声)
忠臣蔵1/47(2001年12月28日、フジテレビ) - 堀部安兵衛 役
HERO特別編(2006年7月3日、フジテレビ) - 久利生公平 役

ゲスト出演

伝説の教師最終話(2000年6月24日、日本テレビ) - 水谷庸司 役
西遊記第1話(2006年1月9日、フジテレビ) - 幻翼大王 役

83l8380835e83n1

映画

シュート!(1994年3月12日公開)
君を忘れない(1995年9月23日公開)
2046(2004年10月23日公開)
武士の一分(2006年12月1日公開)
HERO(2007年9月8日公開)
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(2009年6月6日公開)

舞台

盲導犬(1989年)
花影の花(1992年)
洒落男たち~モダンボーイズ~(1994年)

ラジオ

木村拓哉のWhat's up SMAP(TOKYO FM)
おはようSMAP(TOKYO FM)
STOP THE SMAP(文化放送)

CM

大塚製薬 1993年〜1997年
任天堂1994年〜1995年
トヨタ自動車1994年〜
ロッテ1995年〜1997年
カネボウ1996年
エースコック1996年
HAWKINS AIR CUSHION1996年
JCB1997年〜
TBC1997年〜
NTT東日本1997年〜
キリンビール1997年
JRA1998年〜1999年
サントリー1998年〜1999年
森永製菓1999年〜2005年
リーバイス2000年〜2001年
富士通2000年〜
キリンビバレッジ2001年〜
T&C Surf Designs2004年
日本コカ・コーラ2006年〜 渡哲也と共演。
マンダム2006年〜
ニコン2006年〜
産経新聞社2006年〜
ポカリスエット2007年〜
WOWOW2007年
明治製菓2007年〜
日清食品2008年〜
サマンサタバサ2009年

声優

花より男子 CDブック(1993年7月)、花より男子2(1993年12月)、花より男子3(1994年7月)
ハウルの動く城(2004年11月20日公開)

もし宜しければ木村拓哉様主演のHEROダビングで物で販売致します!価格は2000円です。(価格詳細500円木村拓哉様御支払い分、1000円万屋取り分(DVD製作費込み)、200円ジャニーズ社長様御支払い分、残300円お友達様御まとめ料です。)1パック5000組でお願い致します。

http://www.captain-takuya.com/

http://www.johnnys-net.jp/j/artists/smap/prof/prof.html

http://www.v-apex.com/

詳細はここから!

info@v-apex.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)